FC2ブログ
しまなみ海道

しまなみ海道 ☆ 因島 白滝山に登ってみた(真夏日)

4 0
広島県尾道市から橋を渡って因島に来ております。



夏。
このころはまだ豪雨被害の報道ががまだ盛んにされてた時期。

わたしも、長らくどこにも出かけることが出来なかったんですよね。
バタバタして忙しかったってだけじゃなくて、
車で出かけようにも、どこの道路が工事中か把握しきれないし、
電車も運転見合わせが続いている路線もあったりして、
出かける気になれないってのもあったし。

ただ、さすがにストレスがたまってきたので、
近場でちょっと「おでかけ」気分になれる場所をさがして、
因島にやって来たのでした。



で、到着したのは山の中の駐車場。誰もいないw



ここは、白滝山というところです。
なんでも、頂上に五百羅漢像が立ち並んでいて、
山の上からのしまなみの眺望とのコラボがなかなかのものらしい。
早速行ってみよう☆

歩いていると、ほどなくしてこんな看板が。



この五百羅漢は、
江戸時代の伝六さんという人が中心となって造ったようです。



だいたい同時期の人でいうと
間宮林蔵さんが5歳年上。
遠山の金さんが12歳年下・・・って、かえって分からなくなるなw



新興宗教「一観教」の教祖みたいな人なんだとか。
儒教・仏教・神道・キリスト教をミックスした宗教って・・・
ちょっとびっくり。だって江戸時代だよ?
こんな所でキリスト教の名が出てくるとは意外だったな。



この雲一つない青い空。暑いです。
では、これから本格的に登って行きます。



すでに、この時点で結構バテてるんだけど・・・w



階段が続いて、息がきれる。
運動不足なのはわかってるけど、思っていたよりもキツイ。



時々、ちょっとだけ岩に彫られた羅漢さんが現れます。
それに励まされて頑張るわけだけど、



何がつらいって、息切れもあるけど、この暑さよ。
8月に山に登るという無謀さを、あらためて噛みしめるわたしw



しかも、真昼間だから木陰がほとんどないし。
頭の分け目がジリジリやけてる感じがするもん。



おお~~着いた~~~
・・・と、思ったら大間違い。

まだ道が続きます。 軽く絶望w

しかもこの看板を見ると・・・



わたしが車を停めた「表参道駐車場」よりも、
「フラワーライン駐車場」という所のほうが、すぐそこじゃないか!

思わず、その場で膝から崩れ落ちそうになったよ・・・・。

もし、白滝山に行こうと思われる方がおられたら、
絶対、こちらの駐車場が便利ですよ・・・。




つづく。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 4

There are no comments yet.

あけぼう  

Re: しまなみ海道 ☆ 因島 白滝山に登ってみた(真夏日)

misachi68さん、イラッシャーイ(*ˊᗜˋ*)ノ゙

わはは、ちょっと遅咲きだけど、その分大きく花開いたねえw
近くなのに、こんな人がいた事を全然知らなかったよ。
もしかしたら、結構各地にこういう感じのプチ教祖みたいな人って、いたのかもね〜。

2018/11/23 (Fri) 21:42 | EDIT | REPLY |   

misachi68  

やっぱり25歳って今も昔もまだまだ自分探ししてたんじゃないですかねw
流石に見かねた母が告げるという。。。

暑い日にお出かけしてご無事で何よりです。
倒れちゃうから気をつけてね。

2018/11/23 (Fri) 09:09 | EDIT | REPLY |   
あけぼう

あけぼう  

Re: こんばんは

小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

道にはほぼ木陰が無くて、岩も白っぽいから照り返しがすごいし、
逃げ場のない暑さで死にそうでしたw
しかも近くの駐車場、フラワーライン駐車場と言いながら、
フラワーライン展望台はわりと遠いって言う。

25才のところ、わたしも「ん!?」と思いました。
受け止めるってことは、
自分でも薄々そう思ってた・・・ってことなんでしょうかね。
当時の25才って、今だと33歳くらいの印象じゃないですかね。
その頃になってようやく真実(?)を告げる母。いったい何があったんだ。

2018/11/22 (Thu) 09:47 | EDIT | REPLY |   

小々次郎  

こんばんは

だからその駐車場はカンカン照りでガラガラだったんですね
標高はそんなにないけど角度と温度がヤバそうです
自分昔、血圧型はずーっとA型だと思ってたんですけど
ほんとはO型だったと分かった時の心の切り替えが未だ出来てないですが
25才で母から観音様の申し子と聞かされたてしっかり受け止めたのが凄いです

2018/11/21 (Wed) 17:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply