FC2ブログ
おでかけブログ。ご朱印を集めてます。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
和歌山旅。ラストです。
お天気にも恵まれて、楽しい2泊3日の旅でした♪
和歌山港から、再びフェリーに乗って徳島へ渡ります。



帰りはなんと、中が混みすぎてて
船外の席しか空いておらず、ずっと外の椅子に座ってました。

別に天気も良いし、暑くも寒くも無かったのでいいけどさ・・・
ただ、外は喫煙者の人が多いから、風向きによっては煙がくるんですよ。
その点はちょっと嫌でした。

一応、前もって予約してるわけだから
その人数分はまちがいなく船内の椅子を確保すべきなんじゃないかと。
真冬にこの仕打ちをされてたら、二度と乗るまいと思うわw



とはいえ、爆睡していた「行き」の時とは違って、
「帰り」の便ではちょっと船酔いちゃいまして。
外の風に当たっていたほうが具合がマシだったので、
結局は外にいたかもしれませんけどね・・・。



魚とか見えないかなーと、ちょっぴり期待しつつ海面をじっと見る・・・。
しかし、見えるのはクラゲだけでしたw



徳島からは、来た道を帰るだけ~。

ここからは、今回の旅で買ったお土産を紹介したいと思います。
神社で頂いたお守りやご朱印はその都度、記事で紹介したので、
ここで紹介するのは、
ほとんどが、「とれとれ市場」で買ったものになります。

まず、和歌山に行ったからには・・・マスト!



梅干しです~~~。
実は、わたしはめちゃくちゃ梅干しが好きなんです。



ちょっと変わった梅干しも試したくて、こんなのも買いました。
左の極上梅はさすがって感じで肉厚で塩加減もちょうど良くて。
りんご梅とみかん梅なら、みかんが意外性があって面白かった。
どちらも甘口なんだけど、
みかんは特に梅干しが苦手なお子様も食べられそうな感じ。



そんで、海苔の3つセット。3つで確か千円だったと記憶してる。
うーん、この海苔は個人的には微妙かなー。
うちらの地元も、海苔が名産の一つなので、ちょっと厳しいかもしれませんが。



粒うにと、えびみそ。
家族が好きそうなものとして購入。
実際喜んでました。普通に美味しかったみたい。

わたし個人としては瓶のウニはあまり好きではないんで、
えびみその方が気に入りました。
家族の中に海老アレルギーがいるもので、普段は家で海老って食べないんです。
なので基本、海老に飢えてるんですw
けど、これをつければ、なんでも海老っぽい味になるからねw
結局、ぜんぶご飯のお伴として消費しちゃったけど、
色々な料理に使えそうでした・・・料理センスのある人だったらね(^_^;)

和歌山で買ったお土産は、以上で~~~す。

ついでですが、徳島から帰り道に寄ったSAで買ったものも紹介しますね。



四国で二番目に高い山・剣山の天然水です。
剣山、だいぶ昔に登ったことがあるんですが・・・
その頃はご朱印を集めてなかったので、また行きたいと思っている場所の一つ。
剣山には「失われたアーク伝説」もあるしねw
(ググッたらいろいろ出てくるよ)

もう一つ、飲み物をば。



番茶じゃないよ、晩茶だよ。
阿波晩茶っていうものです。
日本の一般的なお茶って、発酵させたりしないんですよね。
ですが、こちらは後発酵製法でつくられたお茶で、とても珍しい。
後発酵製法というと、有名どころでは中国のプーアル茶です。

発酵させて作るお茶としては、高知の碁石茶もよく知られてるけど、
ある時、高知に出張に行くという友人に「買ってきてーや」と頼んだら、
何も買わず手ぶらで帰ってきて、
「高知支店の人に聞いても誰も知らなかった…(´・ω・`)」
って言われちゃったことがあるw
お茶に興味がないと、
地元民でも知らないかもねってくらい、珍しいお茶。

日本の発酵茶は、
碁石茶(高知)・石槌黒茶(愛媛)・阿波番茶(徳島)・バタバタ茶(富山)
の4か所にしかないそうです。
山の多い場所、それも圧倒的に四国が多いよね。
そもそも、四国の山奥ばかりに、なんでこんなに発酵茶の伝統があるのか、
弘法大師が伝えたとかいう説もあるみたいですが、謎です。
まあでも、四国はなにかよく分からない不思議があると
なんでも弘法大師に結び付ければいいと思ってるフシがあるからなーw


最後はこれ。



香川県丸亀市の名物「骨付鳥」が、
同じく香川と言えば!の讃岐うどんとコラボして、
焼うどんになりました~~~ww 
この商品はこの時はじめて見たw

いろんな意味で想像通りの味でした。普通に美味しい。
チキン味で、胡椒&ガーリックがほどほどに効いた、焼うどんです。
なんだかそのまんまですが、だってそのまんまの味なんだもんw

これで、お土産は全てです。今回も満足だわ♪
あえて言うなら、
もっと梅干しを多めに買っても良かったかなーってくらいかな。

今回の和歌山旅はこれでおしまいです。

まだまだ行きそびれたところがたくさん。
わかやま歴史物語 ってHPがあるのを、帰宅後に知りまして。
またいつか行く時の参考にしようとチェックしてます。

熊野についても、まだまだ分からないことが多すぎて、
次は、熊野速玉大社に行きたいなあとか、
やっぱり熊野古道を少しくらい歩いてみたいなあとか、
あんなに近くを車で走ったのに、
川湯温泉に行けてないとは口惜しい・・・とか、
もーっ、キリが無いくらい未練がある~!

ちょっと遠いけど・・・やっぱりまた行かねば。



ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
帰りはなんと、中が混みすぎてて
船外の席しか空いておらず、ずっと外の椅子に座ってました。

別に天気も良いし、暑くも寒くも無かったのでいいけどさ・・・
ただ、外は喫煙者の人が多いから、風向きによっては煙がくるんですよ。
その点はちょっと嫌でした。

一応、前もって予約してるわけだから
その人数分はまちがいなく船内の椅子を確保すべきなんじゃないかと。
真冬にこの仕打ちをされてたら、二度と乗るまいと思うわw



とはいえ、爆睡していた「行き」の時とは違って、
「帰り」の便ではちょっと船酔いちゃいまして。
外の風に当たっていたほうが具合がマシだったので、
結局は外にいたかもしれませんけどね・・・。



魚とか見えないかなーと、ちょっぴり期待しつつ海面をじっと見る・・・。
しかし、見えるのはクラゲだけでしたw



徳島からは、来た道を帰るだけ~。

ここからは、今回の旅で買ったお土産を紹介したいと思います。
神社で頂いたお守りやご朱印はその都度、記事で紹介したので、
ここで紹介するのは、
ほとんどが、「とれとれ市場」で買ったものになります。

まず、和歌山に行ったからには・・・マスト!



梅干しです~~~。
実は、わたしはめちゃくちゃ梅干しが好きなんです。



ちょっと変わった梅干しも試したくて、こんなのも買いました。
左の極上梅はさすがって感じで肉厚で塩加減もちょうど良くて。
りんご梅とみかん梅なら、みかんが意外性があって面白かった。
どちらも甘口なんだけど、
みかんは特に梅干しが苦手なお子様も食べられそうな感じ。



そんで、海苔の3つセット。3つで確か千円だったと記憶してる。
うーん、この海苔は個人的には微妙かなー。
うちらの地元も、海苔が名産の一つなので、ちょっと厳しいかもしれませんが。



粒うにと、えびみそ。
家族が好きそうなものとして購入。
実際喜んでました。普通に美味しかったみたい。

わたし個人としては瓶のウニはあまり好きではないんで、
えびみその方が気に入りました。
家族の中に海老アレルギーがいるもので、普段は家で海老って食べないんです。
なので基本、海老に飢えてるんですw
けど、これをつければ、なんでも海老っぽい味になるからねw
結局、ぜんぶご飯のお伴として消費しちゃったけど、
色々な料理に使えそうでした・・・料理センスのある人だったらね(^_^;)

和歌山で買ったお土産は、以上で~~~す。

ついでですが、徳島から帰り道に寄ったSAで買ったものも紹介しますね。



四国で二番目に高い山・剣山の天然水です。
剣山、だいぶ昔に登ったことがあるんですが・・・
その頃はご朱印を集めてなかったので、また行きたいと思っている場所の一つ。
剣山には「失われたアーク伝説」もあるしねw
(ググッたらいろいろ出てくるよ)

もう一つ、飲み物をば。



番茶じゃないよ、晩茶だよ。
阿波晩茶っていうものです。
日本の一般的なお茶って、発酵させたりしないんですよね。
ですが、こちらは後発酵製法でつくられたお茶で、とても珍しい。
後発酵製法というと、有名どころでは中国のプーアル茶です。

発酵させて作るお茶としては、高知の碁石茶もよく知られてるけど、
ある時、高知に出張に行くという友人に「買ってきてーや」と頼んだら、
何も買わず手ぶらで帰ってきて、
「高知支店の人に聞いても誰も知らなかった…(´・ω・`)」
って言われちゃったことがあるw
お茶に興味がないと、
地元民でも知らないかもねってくらい、珍しいお茶。

日本の発酵茶は、
碁石茶(高知)・石槌黒茶(愛媛)・阿波番茶(徳島)・バタバタ茶(富山)
の4か所にしかないそうです。
山の多い場所、それも圧倒的に四国が多いよね。
そもそも、四国の山奥ばかりに、なんでこんなに発酵茶の伝統があるのか、
弘法大師が伝えたとかいう説もあるみたいですが、謎です。
まあでも、四国はなにかよく分からない不思議があると
なんでも弘法大師に結び付ければいいと思ってるフシがあるからなーw


最後はこれ。



香川県丸亀市の名物「骨付鳥」が、
同じく香川と言えば!の讃岐うどんとコラボして、
焼うどんになりました~~~ww 
この商品はこの時はじめて見たw

いろんな意味で想像通りの味でした。普通に美味しい。
チキン味で、胡椒&ガーリックがほどほどに効いた、焼うどんです。
なんだかそのまんまですが、だってそのまんまの味なんだもんw

これで、お土産は全てです。今回も満足だわ♪
あえて言うなら、
もっと梅干しを多めに買っても良かったかなーってくらいかな。

今回の和歌山旅はこれでおしまいです。

まだまだ行きそびれたところがたくさん。
わかやま歴史物語 ってHPがあるのを、帰宅後に知りまして。
またいつか行く時の参考にしようとチェックしてます。

熊野についても、まだまだ分からないことが多すぎて、
次は、熊野速玉大社に行きたいなあとか、
やっぱり熊野古道を少しくらい歩いてみたいなあとか、
あんなに近くを車で走ったのに、
川湯温泉に行けてないとは口惜しい・・・とか、
もーっ、キリが無いくらい未練がある~!

ちょっと遠いけど・・・やっぱりまた行かねば。



ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2018/11/12 17:15】 | 2018 白浜・熊野・和歌山市内
【タグ】 観光  旅行  和歌山  徳島  四国    
トラックバック(0) |

Re: No title
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

はちみつ漬けの梅干しより甘酸っぱさが強調されていて
ごはんのお伴じゃなくても単体でいけそうな感じ。
うめぼしが嫌いという人って意外といるもんだけど、
子どもの頃はこういうのを食べさせておいて、
段々王道の梅干しに導いていくことは出来そうな気がしたよw

バタバタ茶、やっぱり地元民でもマイナーなんだね。
四国のお茶とは違って、シャカシャカして泡立てたりもするらしいよ。
是非、近いうちに試してみてほしいです。
今後、伝統製法を受け継ぐ人も少なくなっていく一方だと思うので
早めに飲んでみたほうが良さそうです!

ちなみに「味」なんだけど、
わたしがブログ記事で飲んだお茶に関して言えば、
クセはぜんぜん無かった。もうちょっとクセが欲しいくらいでしたw
茶葉から淹れたほうが分かりやすいのかもね~。
今度ゲットするなら茶葉だな~・・・。


No title
misachi68
うわ〜いろんな梅干しあるんですね!
みかん梅とかりんご梅とか変わってて試したくなりますね(^^)

発酵茶について気になりました。
富山にあるバタバタ茶をついつい調べちゃいました。
だってお隣の県なのにそんなの初めて聞いたわ。
やっぱり富山の人も知ってる人が少ないらしい。
俄然試したくなったのですが、富山でもかなり新潟寄り。
ちょっと友人誘ってドライブしてこようかと思ってます♪


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: No title
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

はちみつ漬けの梅干しより甘酸っぱさが強調されていて
ごはんのお伴じゃなくても単体でいけそうな感じ。
うめぼしが嫌いという人って意外といるもんだけど、
子どもの頃はこういうのを食べさせておいて、
段々王道の梅干しに導いていくことは出来そうな気がしたよw

バタバタ茶、やっぱり地元民でもマイナーなんだね。
四国のお茶とは違って、シャカシャカして泡立てたりもするらしいよ。
是非、近いうちに試してみてほしいです。
今後、伝統製法を受け継ぐ人も少なくなっていく一方だと思うので
早めに飲んでみたほうが良さそうです!

ちなみに「味」なんだけど、
わたしがブログ記事で飲んだお茶に関して言えば、
クセはぜんぜん無かった。もうちょっとクセが欲しいくらいでしたw
茶葉から淹れたほうが分かりやすいのかもね~。
今度ゲットするなら茶葉だな~・・・。
2018/11/14(Wed) 17:02 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
No title
うわ〜いろんな梅干しあるんですね!
みかん梅とかりんご梅とか変わってて試したくなりますね(^^)

発酵茶について気になりました。
富山にあるバタバタ茶をついつい調べちゃいました。
だってお隣の県なのにそんなの初めて聞いたわ。
やっぱり富山の人も知ってる人が少ないらしい。
俄然試したくなったのですが、富山でもかなり新潟寄り。
ちょっと友人誘ってドライブしてこようかと思ってます♪
2018/11/13(Tue) 23:26 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック