FC2ブログ
2018 白浜・熊野・和歌山市内

和歌山-奈良旅 ☆ 高所恐怖症に目覚める!~谷瀬の吊り橋

8 0
和歌山旅。
熊野本宮大社を参拝後、移動中です。
山道をひたすら進んでおります。



途中で「十津川温泉」の看板を見たし。
このあたりは、有名温泉がいろいろある地域です。
温泉と言えば、あこがれの「川湯温泉」も熊野本宮大社の近くだったのよね。
あー温泉入りたかったなー。でも時間がない。移動移動。



それにしても恐ろしいくらい山ばっかです。行けども行けども・・・。
これがうわさに聞く「果無(はてなし)山脈」ってやつ・・・?
修験道の聖地になるのもわかるわ。
てか修験者の人たちすごいな。



和歌山旅といいながらも、県を越えて奈良県に入っちゃってますw
ここは同行者が行きたいというので、やって来た場所です。



この橋、見えますかー?
じゃーん。



谷瀬の吊り橋~~~~。
現在は日本一ではなくなったらしいんですけど、まあいいですよ、そのへんは。



さっそく渡ってみたわけですが、
ワタクシ、・・・正直言ってナメてました。



ぎゃ~~~~~!!
こえええええ~~~~~!!!!
下が透けて見えるうう~~~~
風、めっちゃ吹くやん~~~~


・・・(ToT)
背中にリュックをしょっていたのも良くなかったのか、
風圧がすごくてまっすぐ歩けない。
手すりがわりに、無意識にワイヤーをつかむも、
びよーんと傾くので、余計にふらついて怖い。

へっぴり腰とはこのこと!っていうスタイルで、
ヨチヨチと進むわけですが、
渡りきった時には、シャレにならないくらい疲れていました。

その後にやってくる「生還した!」っていう強烈なリフレッシュ感。
からの、倦怠感 ドーンw
クセになりそう。
うそ。もう2度と渡らんぞ。ぶるぶる。

同行者と、四国の「かずら橋」とどっちが怖いか?ということで
議論になりました。(ここでも四国と比較しちゃってるw)

その日の風速など、他の要素も影響があるだろうけど、
でもホント、どっちもどっちだよね~ということで、結論は出ず。

足元の透け感は「かずら橋」が怖いけど、谷瀬の吊り橋は高さがやばい。
高いだけに風がくる。

かずら橋は素材が素材だけに、歩きづらいっていう恐さがあるけど
谷瀬の吊り橋も、歩いたら板がパキパキいうのよ。なんか薄いのよ(泣)

いや~~~、もしかして今日をきっかけに
高所恐怖症に目覚めたかもしんない・・・わたし・・・


≪橋の下の河原はキャンプ場になってる≫

でもこういうのが、後で思い出になったりするんだよねw
いや~スリル満点でした。

連休中、吊り橋は一方通行になっていて、渡りきったら、
そこからバスに乗って戻ってくるようになってます。
橋を渡る料金は要らないけど、バス代はいるよ。
それに車で来た人は、駐車料金もいるしね?

「?」っていうのが、
吊り橋の専用駐車場があるらしいんだけど、最後までよく分からなくて。
多分、連休の賑わいで、すでに満車だったんだと思う。
係員がやたら誘導してくるから、流されるままに進んでたら、
ワケの分からない道に出てしまったり、
間違えて河原のキャンプ場専用の駐車場に行ってしまったり、
なんだか迷ってしまってw
(時々ありません?誘導員と全く意思疎通が出来ないこと・・・)

結局、道路沿いにあるお土産屋さんの
こんぴらさんシステム」を利用したんですわ。
なので、専用駐車場がいったいどこにあって、料金がいくらだったのか、
全然わからないままでした・・・。


では、再び移動です。
ここから和歌山市へ向かいます。
今夜の宿が和歌山市にあるんだよね。



途中、こんな所を通過しました。
天誅組の多くは十津川郷士だったそうです。
幕末は幕末でも、さすがに「西郷どん」には出てこないね。
十津川の村人たちの先祖は「ヤタガラス」だといわれていて、
こんな山奥なのに朝廷と縁が深く、昔から名字帯刀が許されていたらしい。
そんな土地柄から、勤皇が盛んだったとか、なんとか。
詳しくは忘れたけど、チラッとなにかで読んだことある。

ホントにいろいろ奥深い場所ですよ。さすがです。
今回の旅では有名なパワースポット、玉置神社や天河神社もスルーしたし、
また来なきゃ・・です。

さらに、もう少し時間があれば
途中、立ち寄りたかった温泉があったんですが、
この辺りは本当に山々しいエリアなので、日が暮れると運転が怖い。
わたしの行きたい温泉も、かなりの山あいにある所だったので、
今からだと暗くなりそうだし、
やっぱり止めておこうという結論になりました。

納得はしたんですが、前から本当に行きたかった温泉だったので、
かなり凹みまして。
未練たらたらで、泣きながら運転しましたw 

   
流星?ちがうそれ、わしの涙や・・・

 

無事に、日暮れまでに和歌山市内のホテルに到着。
こうして書くとあっという間みたいだけど、かなり遠かったです。
つかれたー。
本当はもっと効率のいい廻り方があったとは思う・・・。
でも、みんなが行きたいところに必ず1つは行く。
それもグループ旅では大事なこと。

明日は旅の最終日。つづく。




ブログランキング・にほんブログ村へ 

Comments 8

There are no comments yet.

あけぼう  

Re: 和歌山-奈良旅 ☆ 高所恐怖症に目覚める!~谷瀬の吊り橋

りんご村のシルルさん、イラッシャーイ(*ˊᗜˋ*)ノ゙

このへんの山々は本当にすごいですよね。
秘境といわれるだけありますわ。
あの〜、冬虫夏草とか、このへんで採れますよね?
昔、漢方系美容ドリンクの箱に書いてある説明を読んでたら、「国産」「奈良県」って書いてありました。かつては献上したりしていたかも…なんて。薬効の高いモノが眠っている土地。そんなところもなにげに神秘性を高めていたかもしれないですね。

橋は予想以上でしたけど、ここまで来たら渡るしかないwww
うわ〜ってなってる私の横をサクサク歩くオジサンとかもいるから、こういうのはホントに人それぞれですね( ̄▽ ̄;)


2018/10/28 (Sun) 19:28 | EDIT | REPLY |   

りんご村のシルル  

でたwww天誅組www。
私も昔見ましたー。
そして、和歌山と奈良の県境の山、、いつみても萌えーーーーwww!!!

陸の孤島、最後の秘境!!!
そら権力追われた人々逃れてきますわね。

萌えーーー!!!

しかし、橋、よくぞww。
私無理かもです、、、否行くしかないかもしれない。
結構高い所は大丈夫なはずですが、揺れる的なのは無理なんです。風圧とか最悪ですね。
お疲れ様でーす♪

2018/10/27 (Sat) 00:06 | EDIT | REPLY |   

あけぼう  

Re: 和歌山-奈良旅 ☆ 高所恐怖症に目覚める!~谷瀬の吊り橋

misachi68 さん、イラッシャーイ(*ˊᗜˋ*)ノ゙

ホントにスリル満点な橋でしたよ(><)

このあたりは滅多に来られる場所じゃないから、色々未練が沢山あります。次の機会に…宿題だーw

とはいえ昔、山奥を夜に走って非常にこわい目にあった事があって、半分トラウマみたいになってるんでw 断念するのは早かったです(^^;)

行きたかったのは、関西圏では別かも知れませんが、全国区ではあまりメディアで取り上げられたりしてないようなマイナーな温泉だったので、私だけがひとりですごい熱意を持ってまして。
なので、無理をおしてでも行こうという車内の機運も盛り上がらずww ううっ…ここも宿題だーっ!


2018/10/21 (Sun) 00:02 | EDIT | REPLY |   

misachi68  

行きたいところ満載のいい地域なのですね。
やっぱり怖い夜道を運転するのは辛いですし、
慣れない道を夜行くのは事故の元。
無理しないのは旅慣れてるからですね、さすが!

吊り橋は高所恐怖症じゃなくても怖いですよね〜

2018/10/19 (Fri) 21:43 | EDIT | REPLY |   
あけぼう

あけぼう  

Re: タイトルなし

玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おお~あのキャンプ場に!
きっと、頭上の橋を見上げた瞬間に、ちびっ子ならではのスゴイ想像力が広がったんでしょうね。でも、危機意識を持つという意味ではかなり正しいと思うw 

2018/10/19 (Fri) 16:53 | EDIT | REPLY |   

玉坂めぐる   

wawawa!
懐かしや。25年ぐらい前の夏休みにそのキャンプ場に家族で泊まりましたよう。(^^)
「あそこに行こう」と、橋を下から見上げた時に、チビが火が付いたみたいに「怖い」と泣きました。(^^)低所からの高所恐怖というのがあるのかもしれません。びっくりしました。

2018/10/19 (Fri) 15:27 | EDIT | REPLY |   
あけぼう

あけぼう  

Re: こんばんはー

小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

とうとう目覚めたかもしれません(^_^;) 橋の上では何があるかわかりませんね。へっぴり腰すぎて多分パンツ見えてたけどそれどころじゃありませんでした。あの時おいらのパンツを見た奴は全員のろわれます。人生どこにどんな落とし穴があるか油断がなりませんね。
それはそうと「一方通行の橋」はわかりますが「橋に一方通行」にはまだ遭遇したことがないかも。どうしたらいいんでしょうか。橋にしか行くな、橋だけに向かえ、橋へと脇目も振らずに突っ走れ、みたいな意味なのかな。

2018/10/19 (Fri) 09:13 | EDIT | REPLY |   

小々次郎  

こんばんはー

高所恐怖症じゃないって云ってましたもんね また変なのに目覚めちゃいましたね 橋上にはいろんなドラマがありますから 何かに気づいて そのまま始まっちゃうこともあるのはよくわかりますが 「一方通行の橋」と「橋に一方通行」の違いが未だにわかりません(涙)

2018/10/18 (Thu) 18:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply