おでかけブログ。ご朱印を集めてます。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
和歌山旅。
熊野本宮大社に来ております。
お参りを済ませ、参拝順にのっとって、次は「産田社」へ。



大斎原の大きな鳥居を横目に、田んぼ沿いの小道を歩いて行きます。



来るときは全然気づかなかったけど、ちゃんと案内表示もあるのね。



産田社です。
伊邪那美命(イザナミノミコト)の荒御魂がお祀りされているそうです。
(和御霊は先ほど参拝した熊野本宮大社に祀られてました)

こちらの鳥居の向こうは、
なんとなく写真を撮る気持ちになれなくて、
(すごくすごくダメな気がしました。そういう直感には素直に従います)
写真は無いのですが、
大きな四角い石碑の上に、
ちっちゃな祠がちょこんと乗ってるような形でお祀りされていました。

日本書紀には火の神を産んで亡くなった伊邪那美命が埋葬されたのは、
三重県熊野市の有馬村というところだと書かれているそうで、
現在は「産田神社」が鎮座しているそうです。

古事記では島根県にある「比婆山」だとされていて、
広島県民のわたしにとっては、そっちがお馴染みだったりします。
どっちが本当なのか、そこもミステリーですよね・・・
(ちょっぴり話が脱線しました)



さて、大斎原(おおゆのはら)に行ってみます。
日本一の鳥居がすばらしいですね!



鳥居が大きすぎて、遠近感がよくわからなくなるw



熊野本宮大社はもともとは、
熊野川・音無川・岩田川の合流点にある「大斎原」と呼ばれる中洲にありました。
ところが明治22年おきた大水害で甚大な被害に遭い、
今の場所に移転しています。


(クリックして拡大)

この大きな鳥居も、比較的最近になって建てられたもの。




社殿などは無いですが、神聖な場所なのでお手水があります。



ここからは写真NG。
木立の続く参道を歩いて行くと、その先に広ーい場所がぽっかり空いてました。
ここにさぞや立派な建物が建っていたんでしょうね~~。
もしかすると最初の記事で紹介した「熊野本宮館」に絵などの展示があったのかも。
ちゃんと見なかったのがこういう点でも悔やまれる。



ホント、川の中州だったっていうけど中州とは思えない広さだったよ。
明治の大水害まで、ほとんどの歴史上の人物、
たとえば後白河上皇(34度)は「ここ」を目指して来ておられたという事ですよね。

清流に囲まれて孤立した場所に、壮麗な社殿が建つさまは、
視覚効果もあって、より神秘的に、よりありがたく、見えたかも。
ちなみに、江戸時代になるまで橋はかかってなかったそうです。
だから、参拝しようと思ったら、
川にじゃぶじゃぶ入って、歩いて渡らないといけなかったんだって。
山をこえ、谷を越え、ようやくたどり着いたかと思いきや
最後の最後に川が遮っている・・・でもその先には夢にまで見た熊野本宮大社が!
なんかこれ、心理的な効果もありそうですよね。

さて、実は、「産田社」「大斎原」のご朱印もあります。



両方とも、熊野本宮大社の授与所でいただけました。



いやあ、大満足。嬉しい嬉しい。

熊野三山、いつか残りの2社へも行きたいと思います。
実は昔「熊野那智大社」へ行ったことがあるんですが
あの頃はご朱印の事も知らなかったし、
ただ、「お~神社だ~那智の滝すげー」くらいしか記憶しかないので
再訪してちゃんとご朱印もらいたいしw
そういえば「ホニャララ王子」のことも、結局よく分からないままだったし。
宿題として持ち越しだわー。




熊野本宮大社
熊野本宮観光協会

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事


追記を閉じる▲


来るときは全然気づかなかったけど、ちゃんと案内表示もあるのね。



産田社です。
伊邪那美命(イザナミノミコト)の荒御魂がお祀りされているそうです。
(和御霊は先ほど参拝した熊野本宮大社に祀られてました)

こちらの鳥居の向こうは、
なんとなく写真を撮る気持ちになれなくて、
(すごくすごくダメな気がしました。そういう直感には素直に従います)
写真は無いのですが、
大きな四角い石碑の上に、
ちっちゃな祠がちょこんと乗ってるような形でお祀りされていました。

日本書紀には火の神を産んで亡くなった伊邪那美命が埋葬されたのは、
三重県熊野市の有馬村というところだと書かれているそうで、
現在は「産田神社」が鎮座しているそうです。

古事記では島根県にある「比婆山」だとされていて、
広島県民のわたしにとっては、そっちがお馴染みだったりします。
どっちが本当なのか、そこもミステリーですよね・・・
(ちょっぴり話が脱線しました)



さて、大斎原(おおゆのはら)に行ってみます。
日本一の鳥居がすばらしいですね!



鳥居が大きすぎて、遠近感がよくわからなくなるw



熊野本宮大社はもともとは、
熊野川・音無川・岩田川の合流点にある「大斎原」と呼ばれる中洲にありました。
ところが明治22年おきた大水害で甚大な被害に遭い、
今の場所に移転しています。


(クリックして拡大)

この大きな鳥居も、比較的最近になって建てられたもの。




社殿などは無いですが、神聖な場所なのでお手水があります。



ここからは写真NG。
木立の続く参道を歩いて行くと、その先に広ーい場所がぽっかり空いてました。
ここにさぞや立派な建物が建っていたんでしょうね~~。
もしかすると最初の記事で紹介した「熊野本宮館」に絵などの展示があったのかも。
ちゃんと見なかったのがこういう点でも悔やまれる。



ホント、川の中州だったっていうけど中州とは思えない広さだったよ。
明治の大水害まで、ほとんどの歴史上の人物、
たとえば後白河上皇(34度)は「ここ」を目指して来ておられたという事ですよね。

清流に囲まれて孤立した場所に、壮麗な社殿が建つさまは、
視覚効果もあって、より神秘的に、よりありがたく、見えたかも。
ちなみに、江戸時代になるまで橋はかかってなかったそうです。
だから、参拝しようと思ったら、
川にじゃぶじゃぶ入って、歩いて渡らないといけなかったんだって。
山をこえ、谷を越え、ようやくたどり着いたかと思いきや
最後の最後に川が遮っている・・・でもその先には夢にまで見た熊野本宮大社が!
なんかこれ、心理的な効果もありそうですよね。

さて、実は、「産田社」「大斎原」のご朱印もあります。



両方とも、熊野本宮大社の授与所でいただけました。



いやあ、大満足。嬉しい嬉しい。

熊野三山、いつか残りの2社へも行きたいと思います。
実は昔「熊野那智大社」へ行ったことがあるんですが
あの頃はご朱印の事も知らなかったし、
ただ、「お~神社だ~那智の滝すげー」くらいしか記憶しかないので
再訪してちゃんとご朱印もらいたいしw
そういえば「ホニャララ王子」のことも、結局よく分からないままだったし。
宿題として持ち越しだわー。




熊野本宮大社
熊野本宮観光協会

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2018/10/03 17:14】 | 2018 白浜・熊野・和歌山市内
【タグ】 和歌山  神社  御朱印  観光  旅行  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

だよね、ここには「いる!」って思ったよ。
久しぶりの感覚でした。あそこはすごい。
いつも思うけど、そういう場所って、たいてい本殿とは別の目立たない場所にあったりする。



misachi68
大きいっ!!
すっごいわ。
こんな大きい鳥居、どうやって建てたんだろ。
で、神聖な空気が漂ってる雰囲気わかります〜
やっぱ、そう思うところには
ちゃんと神様が在わすのだと
神社の娘さんが言ってましたよ。


Re: おはよーございます
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

分かってくれますか―!
なんていうのかな。
「恐怖」とは違うんですよね。
やっぱ「畏れ」ってことでしょうね。

この鳥居前までが精一杯でした。
境内に入ったものの、ソワソワしてしまって、
いてもたってもいられず、すぐに大斎原へ移動しちゃいました。

出雲大社なんかも、第1鳥居が車で通れる道路になってます。
多度大社と同じく、車の中で頭下げますw 
みんな、同じですねww

おはよーございます
小々次郎
目を合わせられないというか たまに背中の真ん中あたりが縦にぞぞぞぞするときありますね 写真撮らなくて正解だったと思います 
趣は「大斎原」ほどないですが うちの近くの「多度大社」の鳥居は車も潜るしめちゃめちゃでかいけど あれよりでかいんですね 「多度大社」の鳥居は車で潜るときもみんな車の中で頭下げてます^^ 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

だよね、ここには「いる!」って思ったよ。
久しぶりの感覚でした。あそこはすごい。
いつも思うけど、そういう場所って、たいてい本殿とは別の目立たない場所にあったりする。
2018/10/05(Fri) 09:02 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
大きいっ!!
すっごいわ。
こんな大きい鳥居、どうやって建てたんだろ。
で、神聖な空気が漂ってる雰囲気わかります〜
やっぱ、そう思うところには
ちゃんと神様が在わすのだと
神社の娘さんが言ってましたよ。
2018/10/04(Thu) 22:58 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
Re: おはよーございます
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

分かってくれますか―!
なんていうのかな。
「恐怖」とは違うんですよね。
やっぱ「畏れ」ってことでしょうね。

この鳥居前までが精一杯でした。
境内に入ったものの、ソワソワしてしまって、
いてもたってもいられず、すぐに大斎原へ移動しちゃいました。

出雲大社なんかも、第1鳥居が車で通れる道路になってます。
多度大社と同じく、車の中で頭下げますw 
みんな、同じですねww
2018/10/04(Thu) 11:58 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
おはよーございます
目を合わせられないというか たまに背中の真ん中あたりが縦にぞぞぞぞするときありますね 写真撮らなくて正解だったと思います 
趣は「大斎原」ほどないですが うちの近くの「多度大社」の鳥居は車も潜るしめちゃめちゃでかいけど あれよりでかいんですね 「多度大社」の鳥居は車で潜るときもみんな車の中で頭下げてます^^ 
2018/10/04(Thu) 10:45 | URL  | 小々次郎 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック