おでかけブログ。ご朱印を集めてます。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
2018年、5月の和歌山旅。
白浜の三段壁に来ております。続きです。



ここは、断崖絶壁がすごいだけじゃなくて、
洞窟があって、その中に入れるようになっているんです。



エレベーターで降りていくようになってますよ。


エレベータの扉が開くと、そこは記念写真スポットになってました!



早速洞窟の中を巡ります。





ちょうど、断崖絶壁の下、波打ち際の近くに出るのですね!



色々なものに見える岩w
世界でも珍しい奇岩・・・っていうか、
そこにこれだけ見つけた人がすごいと思った。

もちろん、三段壁はそれだけじゃない。
瀬戸内沿岸に住む広島県民の我々にとって、無視できない「歴史上の存在」が、
ここに足跡を残しているのです。

それは・・・


(クリックで拡大)


熊野水軍です!
瀬戸内沿岸をなわばりとする村上水軍と、こちらの熊野水軍は、
それぞれ毛利軍・織田軍について2度戦い、1勝1敗。
まさに、宿敵なんであります。
そんな三段壁洞窟に、彼らが船を隠したらしいという伝説が残っています。

どんなもんか、早速見てやるっ。(←ライバル視w)



洞窟内の通路沿いにある、比較的広いスペースに、
うまく8畳程度?の居住スペースが再現されていました。

こんなかんじ。



近くでは荒波が岩にぶつかっている場所でもあるので、
轟々とした大きな音が常にしています。
BGMとしてはかなりうるさく、
ここで宿直しなければいけない時なんて、
熊野水軍の人、なかなか寝付けなかったのではないかと想像。



正面からはこんな感じ。



なるほど、こんなかんじでこの洞窟から出撃したわけですね。
でも、実際見てみると・・・



これ・・・すげー波荒いんですけど・・・・



ドッシャアア・・・!ってなってます。
洞窟内に打ち寄せてくる波の荒いこと荒いこと。



ここに船を停泊してるだけでも、船が壊れそうなんですけどw
潮の満ち引きで、もうちょっと静かになる時間帯もあるのだろうか・・・?



動画でお見せできないのが残念です。とにかくものすごい迫力。
ここに船を隠して戦に出撃とは、熊野水軍・・・すげーな(ごくり・・・)
宿敵・熊野水軍の想像以上の実力に、
ちょっとビビった村上水軍びいきの広島県民でした・・・w


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事


追記を閉じる▲
エレベータの扉が開くと、そこは記念写真スポットになってました!



早速洞窟の中を巡ります。





ちょうど、断崖絶壁の下、波打ち際の近くに出るのですね!



色々なものに見える岩w
世界でも珍しい奇岩・・・っていうか、
そこにこれだけ見つけた人がすごいと思った。

もちろん、三段壁はそれだけじゃない。
瀬戸内沿岸に住む広島県民の我々にとって、無視できない「歴史上の存在」が、
ここに足跡を残しているのです。

それは・・・


(クリックで拡大)


熊野水軍です!
瀬戸内沿岸をなわばりとする村上水軍と、こちらの熊野水軍は、
それぞれ毛利軍・織田軍について2度戦い、1勝1敗。
まさに、宿敵なんであります。
そんな三段壁洞窟に、彼らが船を隠したらしいという伝説が残っています。

どんなもんか、早速見てやるっ。(←ライバル視w)



洞窟内の通路沿いにある、比較的広いスペースに、
うまく8畳程度?の居住スペースが再現されていました。

こんなかんじ。



近くでは荒波が岩にぶつかっている場所でもあるので、
轟々とした大きな音が常にしています。
BGMとしてはかなりうるさく、
ここで宿直しなければいけない時なんて、
熊野水軍の人、なかなか寝付けなかったのではないかと想像。



正面からはこんな感じ。



なるほど、こんなかんじでこの洞窟から出撃したわけですね。
でも、実際見てみると・・・



これ・・・すげー波荒いんですけど・・・・



ドッシャアア・・・!ってなってます。
洞窟内に打ち寄せてくる波の荒いこと荒いこと。



ここに船を停泊してるだけでも、船が壊れそうなんですけどw
潮の満ち引きで、もうちょっと静かになる時間帯もあるのだろうか・・・?



動画でお見せできないのが残念です。とにかくものすごい迫力。
ここに船を隠して戦に出撃とは、熊野水軍・・・すげーな(ごくり・・・)
宿敵・熊野水軍の想像以上の実力に、
ちょっとビビった村上水軍びいきの広島県民でした・・・w


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2018/08/24 17:13】 | 2018 白浜・熊野・和歌山市内
【タグ】 和歌山  観光  旅行  白浜  
トラックバック(0) |

Re: No title
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなのよ、ちょっと信じられないんだよね~。
村上水軍も多分船を隠したっていわれる所はあると思うし、
実際聞いたことあるような気もするんだけど、
この手の断崖絶壁みたいな地形が瀬戸内海には無いので
あったとしても岩場の引っ込んでる所とか、
そんな感じだと思います。
ここよりゆるいw でもまあその分リアルなんですけど(^_^;)

No title
misachi68
洞窟ってだけでかなりテンション上がるんですけど、それが水軍が隠してたかもしれない船を再現してるってロマンを感じますね!
でも波が荒くてほんとに??ってみんな信じられないから「伝説」なんだね....

村上水軍も隠してる船はなかったんですかね?


Re: No title
あけぼう
へろんさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

是非降りてみてください!
(たしかにちょっと割高に感じるかもしれませんが)
和歌山はイイとこでした。
今回の旅行では、気になりながらも行けずじまいに終わった場所がたくさんあるんで、また行きたいです。ただやっぱり遠いんだよなあ・・・。

Re: No title
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうそう敵陣視察だよw
このために三段壁に来たようなもんw
ちなみにググッてみたら、2008年の因島水軍まつりに熊野水軍が参加してた…。
こんな注目の戦いをスルーしたわたしのバカー!w

No title
へろん
こんばんは~。
三段壁、これまでにも南方熊楠記念館や
京都大学白浜水族館とセットで訪れたりして
いましたが、なかなか下の洞窟には降りる
機会がありませんでした。
おお、下はこんな風になっていたのですか! 
和歌山は好きな旅行先で毎年のように行って
ますので、次の機会には降りてみたいものです。

No title
玉坂めぐる 
わはは、敵陣視察だ。
それにしても臨場感。はんぱないですね。
水軍は、敵も怖いけど海そのものも敵だしね。
そこの部分は、今でもその気になれば体感できるのだな。
すばらしい。行ってみたいです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: No title
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなのよ、ちょっと信じられないんだよね~。
村上水軍も多分船を隠したっていわれる所はあると思うし、
実際聞いたことあるような気もするんだけど、
この手の断崖絶壁みたいな地形が瀬戸内海には無いので
あったとしても岩場の引っ込んでる所とか、
そんな感じだと思います。
ここよりゆるいw でもまあその分リアルなんですけど(^_^;)
2018/08/28(Tue) 09:31 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
No title
洞窟ってだけでかなりテンション上がるんですけど、それが水軍が隠してたかもしれない船を再現してるってロマンを感じますね!
でも波が荒くてほんとに??ってみんな信じられないから「伝説」なんだね....

村上水軍も隠してる船はなかったんですかね?
2018/08/27(Mon) 14:42 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
Re: No title
へろんさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

是非降りてみてください!
(たしかにちょっと割高に感じるかもしれませんが)
和歌山はイイとこでした。
今回の旅行では、気になりながらも行けずじまいに終わった場所がたくさんあるんで、また行きたいです。ただやっぱり遠いんだよなあ・・・。
2018/08/27(Mon) 09:26 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
Re: No title
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうそう敵陣視察だよw
このために三段壁に来たようなもんw
ちなみにググッてみたら、2008年の因島水軍まつりに熊野水軍が参加してた…。
こんな注目の戦いをスルーしたわたしのバカー!w
2018/08/27(Mon) 09:24 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
No title
こんばんは~。
三段壁、これまでにも南方熊楠記念館や
京都大学白浜水族館とセットで訪れたりして
いましたが、なかなか下の洞窟には降りる
機会がありませんでした。
おお、下はこんな風になっていたのですか! 
和歌山は好きな旅行先で毎年のように行って
ますので、次の機会には降りてみたいものです。
2018/08/26(Sun) 22:57 | URL  | へろん #kYK71OPk[ 編集]
No title
わはは、敵陣視察だ。
それにしても臨場感。はんぱないですね。
水軍は、敵も怖いけど海そのものも敵だしね。
そこの部分は、今でもその気になれば体感できるのだな。
すばらしい。行ってみたいです。
2018/08/26(Sun) 08:31 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック