「変調 日本の古典講義 身体で読む伝統・教養・知性」読んだよ~



内容(「BOOK」データベースより)
思想家・内田樹と能楽師・安田登。異才の二人が語り尽くす。日本文化の奥の底のさらに奥へ!能、論語、古事記…あまりに濃厚な対談講義。




思想家で武術家の内田先生と、能楽師の安田先生による対談形式の本です。
古典を「身体感覚」で読むことについて、語られてます。

川の漂着物に所有権を持つ部族が「渡辺族」?
源平合戦で有名な弓の名手・那須与一は出雲系?
孔子の云う、君子の学、六芸とは異界とのコミュニケーション技術?
漂白の民と能の関係・・・などなど気になるトピックがいっぱい。

高校生の時、学校の授業で、時々何かのきっかけで
先生の話が脱線しまうことってありませんでした?
当時から、むしろ「ずっとこういうのが続けばいいのに~」
って思ってましたが、
この本はまるでそういった「脱線トーク」の濃縮版のようなかんじ。

内田先生は、武道を通じて
安田先生は、能を演じること
お二人とも自ら身体を動かしてきた実体験から
【身体感覚で理解する】という、
理屈や理論とは違った次元の、古来からの学びかたの重要性について
熱く語っておられます。

身体を実際に使ってみて初めてわかる事って多いのは、
書道なんかもそうですよね。
筆を使ってみて、初めて
「とめ・はね・はらい」が筆運びにそって、理にかなっていることが分かったりするし。

私もいい年齢となってきて、やっぱりしみじみ思うのは
座学で得た知識って忘れるし、やがて曖昧になるってことです。
身体を使って覚えたことは、自分ではすっかり忘れたと思ってても
実際やったら案外覚えてたりするんですよね。

スマホで手の平からいくらでも膨大なデータを得ることは出来ますが
それに流されてしまわないためにも、
身体感覚、なにかを体得する、そういったことを重視していきたいものです。





本の内容からは、ちょっと脱線してしまいますが・・・
そういえば、今度の東京オリンピックの聖火リレーに
古式泳法で参加を目指す人たちがいるというニュースを
以前チラッと見ましたけど、是非実現してほしいと思う。
あの泳ぎ方はちょっと神秘的ですらあります。

私も足腰を悪くしてから、ちょっと思うようになったんですが、
やっぱり西洋的生活って日本人の身体に、
地味~に無理をかけてるんじゃないか。

われわれ、基本6頭身じゃん。足の長さや指の形も違う。
お尻とかも全然違う。そもそもガイジンさんはプリッと上がってるもん。
残念だけど生まれ持った体質というか、そういう違いがあるんだよ。

なのに靴を履いて毎日歩いて、椅子に座って働いて。
家でもフローリングにベッドの生活。
外国人も、よく日本女性の歩き方は変!っていうけど、
そもそも無理してんだよ。
なんならそれで外反母趾になったり、偏平足になったりして
ゆくゆくは腰を悪くするんだよ。

これからは、もともと日本古来からの身体の動かし方っていうのを、
見つめなおした方が健康になれるんじゃないかって気がするんだよなー。
伝統芸能や古武術などに残っているエッセンスを
体育の授業でもやったり、
自然とそういう動きかたになるように建築にうまく活かしたり、
いろいろと出来ることがある気がしています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
  
関連記事
2018年22日 読書感想 こめんと2 とらっくばっく0
  

こめんと

あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ


あけぼうも外反母趾に半分なっちゃってるよ~。
先日ネットでみたけど、やっぱり年取るとなりやすくなるみたいよ。
足も色々とゆるんできてしまうみたい。
偏平足だけど外反母趾ではないというのが救いだったのに、もはや二重苦w
2018.06.27 09:21
misachi68
いいですね〜〜
脱線トークの濃縮版!!
案外そんな教科書から外れたところの話の方が記憶に残ってたりしてね。
そんな内容は楽しくないわけがないねぇ。
ちょっとメモしておこう!

私、どうやら外反母趾になりかけてるんだよね〜〜
もう、医者の不養生みたいで嫌なんだけど(_ _|||)
2018.06.26 21:37

こめんとの投稿

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

とらっくばっく

trackbackURL:http://bonryo.blog6.fc2.com/tb.php/1984-0bd22af9

プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女
住 居:広島県
特 徴:ご朱印女子...
近 況:Instagram(別名)

師走すぎる・・・

最新記事

過去記事の検索はこちら

☆カテゴリ☆

コメントありがとうございます

Comments<>+-
Trackback <> + -

リンク(遊びに行ってね)

FC2カウンター

**





RSSリンクの表示