岡山県 ☆ 瀬戸内海の景色!と伝説。(王子ケ岳)

春のある日、岡山の「王子ヶ岳」という場所に来ました。



ここは、非常に眺めの良い場所なのです。
見えているのはうっすらと瀬戸大橋。アンド島々。

↑の写真、空に光っているのは残念ながらUFOではありませんw
山の上にあるカフェの窓越しに写真を撮ったので、
おそらく室内の照明が反射したものかと。



この王子が岳。
パラグライダーの体験なども出来るみたいです。
昔ならノリノリで「やりたーい」とか言ってたと思うんですが
最近ちょっと
「高所恐怖症」に目覚めてきちゃってて、もう無理かな・・・w

説明板にこの地に関する面白い伝説が書いてました。


(クリックで拡大してみて!)

かつて大昔、百済姫の8人の王子たちがいた、という伝説があるそうな。
もうまず百済姫って誰やねんという感じで、
ググってみたけどよくわからない。
百済は飛鳥時代に滅亡して、
高貴な血筋の人などもたくさん亡命してきたらしいので、
そういう渡来人の人たちなのかもしれない・・・

王子たちの名前のネーミングも、なにやら意味ありげな・・・
特に、筈割王子って(はずわりおうじ)って読むのかな?
錫投げ王子(すずなげおうじ)や
瓶割王子(びんわりおうじ)もなかなかキテる。
(注:正しい読みかどうかは不明)

瓶割とか、なかなか荒ぶった名前よ?
この名前から、ふと、王子たちが、
悪役プロレスラーのパフォーマンス的な事をしているイメージが
脳裏をよぎってしまい、
もうそれしか思い浮かばなくなっちゃってるw

錫投げはとにかくナゾすぎる~~~!
錫(すず)って金属のスズでしょ。投げるなよ、そんなもんw
瀬戸内海に投げたんか?? 世が世なら不法投棄・・・



しかし、正直、高貴な人たちが住むような立地でもないような。
ここに住んだとすれば、それはもう、
ほぼ山城ってことじゃないでしょーか。

岡山県には、ここより数十㎞内陸に総社市というところがあり、
そこに「鬼ノ城」という古代の山城があったりします。
白村江の戦いで敗れた大和朝廷が
各地に防衛の為に造った山城のひとつらしい。
そんなことを思い出したりするけど、
別にここから何か出土したわけじゃないみたいだしね。
なんなんだろうこの伝説。

もう一つの役行者がらみの伝説も面白いね。
役行者の流れをくむ山伏たちは
熊野の王子信仰を、ここにも伝えたよ、と。そういう伝説ですね。

東京の八王子とかの王子と付く地名って
「王子信仰」に根差しているらしいのですが、
正直、瀬戸内地域ではなじみが無いと思っていた。こんなとこにあったとは。
この信仰のことは、説明できるほどよく理解できてないのですが、
熊野古道を歩くと、
あちこちに「ホニャララ王子」という小さなお社があるらしいです。



写真だと分かりにくいかもしれないですが、
ここは、大きな岩がごろごろしていて、
遊歩道から岩場に出るのは、岩をくぐったり登ったり、ちょっとした冒険です。
上の写真は岩場から真下を見たとこ。崖の下に白い砂浜が見えます。



夕方の日光を反射して、それこそ金属的な色合いに。
錫(すず)!錫色だよ!
おお~~~錫投げ王子~~~!w

でも、ここまで書いて気が付いた。

これ
(すずなげおうじ)って読むんじゃなくて、
(しゃくなげおうじ)って読むんじゃないか?
それこそ僧侶が杖みたいに持ってるやつ、錫杖(しゃくじょう)って言うじゃん。
同じ字だわ。

・・・・。


いや、錫(しゃく)だって投げるなよ、と言う話なんですが・・・。


結局どっちなのかは分からずじまい・・・。



王子が岳
カフェは 王子が岳 belk さん

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
2018年29日 倉敷市 こめんと8 とらっくばっく0
  

こめんと

あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

今回の事で「王子」のことが俄然気になりはじめました。
正直、今まで王子信仰の事はスルーしてきてたので、王子が岳のことも全然結びついてなかった。

実はあけぼうの地元にも王子神社があり「王子町」という地名がwww
なんで王子なんだろうとずっと不思議だったんですけど、特段調べようとも思わずw
これほど灯台下暗しな話があるでしょーかw

玉さんの暴れん坊将軍の推察は多分あってると思います。
御三家だから、なにかとご縁がありそうですよね。
うちの町の殿さまも譜代大名なので徳川と無縁という訳でもないかも。
気になるなあ…今度行って見てきます。
2018.07.04 18:14
玉坂めぐる 
王子信仰って、気になる気になる。
東京の王子というところは近所なのでよく遊びに行きます。例のダビンチ顔の石垣とかあるところ、王子神社が、あるのでついている地名だと思います。この神社は徳川八代目の暴れん坊将軍が紀伊の出身だから、地元和歌山熊野からつれてきた神様なんだと思います。江戸以降の王子信仰の地ということだということ。
ここの王子は同じ王子かな。それとも全然由来の違う王子かな。役行者は後付けかな・・・。不思議不思議。気になります。
2018.07.04 05:10
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ほおお~!そうなんですね!(残念ながら見逃してました)
島に一軒家で住むとかすごい・・・。
埼玉には実際、高句麗の人たちが住む集落があったらしいです。
今でも高麗神社とか、その名残っぽいのがあるし、
先日の地名の本にも載ってました♪
それやこれやを考えると・・・あるかも~~~って思っちゃいます☆
2018.07.02 09:30
あけぼう
へろんさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよ、すごく近いです。玉野の博物館の前に藤棚があるのを覚えておられますか?わたしは王子が岳のあと、そこで藤の花を観ましたw 博物館にも行こうと思ったんですが、急な呼び出しでそれどころではなくなり帰宅する羽目になってしまったので、その点は心残りです(^_^;)最近、鷲羽山とか王子が岳とか、海の見える高い丘に良さげなカフェが続々と出来ています♪
2018.07.02 09:25
misachi68
今日、たまたまTV『ポツンと一軒家』に
瀬戸内海の島にお住いの方出てましたね。
それと、埼玉の山奥の方で
1300年前に先祖が高句麗から来たんだって話もあって、
どっちもごっちゃになって、
あるかも〜〜〜って思っちゃった(^-^;)

白村江の戦いで来たかもしんないねw
歴史ロマン(ღ′◡︎‵)
2018.07.01 21:42
へろん
こんにちは~。
岡山には縁があるので記事を拝読してちょっと調べてみたらびっくり。このあたり、玉野海洋博物館に行ったあと走ってました。知ってたら立ち寄ったのに(^^;)
それにしても日の王子とか谷の王子というのも、何かもうちょっとなかったんかい、という感じですね。英訳するとPrince Hiですか(^^)
2018.07.01 06:53
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あははww ほんとだ!ほんとだわー!

こういうところに、
わたくしの根深い英語ぎらいが出てしまってましたw

映像としては見ていても、脳に達してないのですよねwww
読み方・・・瓶割(かめわり)なんですね!
2018.06.29 16:59
小々次郎
日頃から説明板を英語の方で読む癖がついてる自分には読めましたよ(嘘)prince hazuwari prince kamewari、 prince suzunage 夕日を反射した海は錫でまちがいないですね^^
2018.06.29 16:41

こめんとの投稿

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

とらっくばっく

trackbackURL:http://bonryo.blog6.fc2.com/tb.php/1981-3c2c0602

プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女
住 居:広島県
特 徴:ご朱印女子...
近 況:Instagram(別名)

師走すぎる・・・

最新記事

過去記事の検索はこちら

☆カテゴリ☆

コメントありがとうございます

Comments<>+-
Trackback <> + -

リンク(遊びに行ってね)

FC2カウンター

**





RSSリンクの表示