おでかけブログ。ご朱印を集めてます。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
2018年の春、貴船神社に来ています。
前回からの続きです。
貴船神社は「本宮」「結社」「奥宮」の3ヶ所に神様が祀られていて
前回は本宮を参拝しました。で、次は「結社」「奥宮」に向かいたいと思います。



夏は涼しい川床料理がす有名な貴船のこのあたり。
この日は4月上旬ですが特に寒い日だったので、
川のせせらぎの音も寒さを助長するw
でも、すごく良い場所です。もう少し暖かければ清々しかったんだろうな。

そうそう、後から知って後悔したんですが、
参拝の順は「本宮」→「奥宮」→「結社」が良いそうですよ!
みんな!間違えないでね。わたしは間違えましたがw

というわけで、「結社」です。



中宮ともいうそうですが、確かに「本宮」と「奥宮」に挟まれた場所だから、
そのほうがしっくりくるよね。
でも、「結社」という名前にもちゃんとした理由があって。
ここは縁結びの神様がおられるそうなんですよね。



そのご利益にあやかろうと、和泉式部もここへ参拝していると。



肝心の歌碑を撮ってないけどw この歌碑の解説には、

(ダンナの心が離れそうなので)
つらすぎて しぬ (ToT)
・・・って詠んだら、

そんなに深刻に悩まんでも~(^_^;)
・・・って神様らしき男の声で返しが来たって書いてある。

なかなかの不思議ですよ、これ。
もしかすると和泉式部ってシャーマン体質?



こちらのご祭神は 磐長姫命(イワナガヒメノミコト)さま
女神さまです。

このイワナガヒメさまは
天孫・ニニギノミコトに妹と2人、姉妹セットで嫁いだんですけど、
ニニギさまは、美人の妹だけで良いと。
ぶさいくな姉はいらんと返されちゃったんですね。
まったく本当にひどい話ですよ。訴訟もんですよ。
姉妹セットでっていう感覚もすごいけど、まぁそれは神話なので。
仮にこれが単に贈答品(モノ)であったとしても、
セットで貰ったもんを、こっちは趣味じゃないから返すとか、する?普通。
とんでもないマナー違反でしょ。

しかし!普通なら激怒していいところなのに、
それを恥じたイワナガヒメさまは、
縁結びの神になって、良縁を取り結ぶことにしたそうです。
社名「結社」はここからきてるそう。

それにしても、
自分と同じ目にあう女子を1人でも減らそうという、この心意気。
さすが神様です。なんて心が清らかなの。

わたしが同じ目に遭ったらもう、
相手の男の破滅を念じて夜な夜な五寸釘を・・・
って、わーっバチがあたるっ、ごめんなさ~いヽ(;▽;)ノ



反省しつつ参拝です・・・(。-人-。) 
もっと人の幸せを心から祈ったり、喜べる人になったほうがいいよね。
うんうん。


でもさあ。
イワナガヒメはこのニニギさまとの破談を、
ミスマッチだったのが原因だと思った、ということよね。
たまたま父が用意した縁談相手が、
面食いのニニギさまだったから、ダメだったけど、
もっとルックスじゃなくって内面重視の男神が相手だったなら
フツーに結婚できたかもしれないのに・・・って
そう思っていたのかもな。せつない。

それにしても、和泉式部が聴いたという返歌の男の声は、
イワナガヒメが声色をかえて、和泉式部を励ましたってこと?

なんだか女の神様が女の恋愛を応援って、ちょっと違和感あるんだよね。

私の住む広島の超有名神社も、
祀っているのは女の神様なんだけど(イワナガヒメ様ではありませんが)
私の学生当時は、
女の神様は、カップルで行くと嫉妬するから、デートで行くのは良くない、
もし行けば、そのカップルは結局別れることになる・・・って
まことしやかによく言われていたもんですよw 
女の神様と聞くと、どうしてもそれを思い出してしまうんだよね。

まあ多分この「女神が嫉妬してカップル別れさす説」については、
神社は絶対否定すると思うんだけどw(そりゃあね)
でも、それがまことしやかにウワサになる、
みんな女の本性をそういうふうに見てるってことが
なにげにポイントなんだと思うんですよねw 
で、私もそれ、わりと正しいと思うんだよなーw

和泉式部が聴いたという声。
男の声に変えてまで励ますかねえ?
そんなめんどくさい事やらないと思うんだけどな~。

ていうか、もうそれ、本当に男の神だったんじゃないの?
ほら、川を隔ててすぐお隣の山には
金星からやって来た【美少年の神】がいるわけじゃないですか。

イワナガヒメさまも含めて、
ここにやって来た傷心の女たちに向かって
「そんなに思いつめるなよ~~」
って言ってくれてるのかもしんないよ・・・。

尊天様、まるでビューネ君 みたいな感じでさ。
いいじゃない いいじゃない。
金星からやって来たビューネ君ですよ。こっちも地球の男に飽きたところよ。
そのほうが女子たち(女神含む)、みんな幸せ。ステキ。

たしかに、側にいつもビューネ君がいてくれたら、
他の女子の縁結びもいっちょやったろうか、という気になるかもしれんな。
うん、なるなる。そういうことかもしれませんな。
イワナガヒメさま、幸せいっぱいでここに鎮座されてるのかもね、今。
勝手に納得w


すみません、妄想のくせに話が長くて・・・

では、話を戻しまして・・・



境内には「天乃磐船」という立派な石が奉納されていました。
平成八年の奉納ということだから、比較的最近ですね。



自然石らしいけど、本当に珍しい形。
イワナガヒメの名前に入ってる「イワ」は「岩」の事らしいです。
大きな岩(磐座)の信仰や、さざれ石の事などを思うと、
この女神さまは思った以上に重要な地位にいらっしゃる神様なのかも。



そしてここにも、ご神木の桂の木。
本当にこのあたり一帯、大木が多い場所で、
どれもこれも、ご神木みたいに立派なんですが、
なかでも【ご神木】ってことに定まるという事は、
やっぱりすごいパワーを持ってるんじゃないかと。

では「奥宮」にむかいまーす。つづく。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事


追記を閉じる▲


中宮ともいうそうですが、確かに「本宮」と「奥宮」に挟まれた場所だから、
そのほうがしっくりくるよね。
でも、「結社」という名前にもちゃんとした理由があって。
ここは縁結びの神様がおられるそうなんですよね。



そのご利益にあやかろうと、和泉式部もここへ参拝していると。



肝心の歌碑を撮ってないけどw この歌碑の解説には、

(ダンナの心が離れそうなので)
つらすぎて しぬ (ToT)
・・・って詠んだら、

そんなに深刻に悩まんでも~(^_^;)
・・・って神様らしき男の声で返しが来たって書いてある。

なかなかの不思議ですよ、これ。
もしかすると和泉式部ってシャーマン体質?



こちらのご祭神は 磐長姫命(イワナガヒメノミコト)さま
女神さまです。

このイワナガヒメさまは
天孫・ニニギノミコトに妹と2人、姉妹セットで嫁いだんですけど、
ニニギさまは、美人の妹だけで良いと。
ぶさいくな姉はいらんと返されちゃったんですね。
まったく本当にひどい話ですよ。訴訟もんですよ。
姉妹セットでっていう感覚もすごいけど、まぁそれは神話なので。
仮にこれが単に贈答品(モノ)であったとしても、
セットで貰ったもんを、こっちは趣味じゃないから返すとか、する?普通。
とんでもないマナー違反でしょ。

しかし!普通なら激怒していいところなのに、
それを恥じたイワナガヒメさまは、
縁結びの神になって、良縁を取り結ぶことにしたそうです。
社名「結社」はここからきてるそう。

それにしても、
自分と同じ目にあう女子を1人でも減らそうという、この心意気。
さすが神様です。なんて心が清らかなの。

わたしが同じ目に遭ったらもう、
相手の男の破滅を念じて夜な夜な五寸釘を・・・
って、わーっバチがあたるっ、ごめんなさ~いヽ(;▽;)ノ



反省しつつ参拝です・・・(。-人-。) 
もっと人の幸せを心から祈ったり、喜べる人になったほうがいいよね。
うんうん。


でもさあ。
イワナガヒメはこのニニギさまとの破談を、
ミスマッチだったのが原因だと思った、ということよね。
たまたま父が用意した縁談相手が、
面食いのニニギさまだったから、ダメだったけど、
もっとルックスじゃなくって内面重視の男神が相手だったなら
フツーに結婚できたかもしれないのに・・・って
そう思っていたのかもな。せつない。

それにしても、和泉式部が聴いたという返歌の男の声は、
イワナガヒメが声色をかえて、和泉式部を励ましたってこと?

なんだか女の神様が女の恋愛を応援って、ちょっと違和感あるんだよね。

私の住む広島の超有名神社も、
祀っているのは女の神様なんだけど(イワナガヒメ様ではありませんが)
私の学生当時は、
女の神様は、カップルで行くと嫉妬するから、デートで行くのは良くない、
もし行けば、そのカップルは結局別れることになる・・・って
まことしやかによく言われていたもんですよw 
女の神様と聞くと、どうしてもそれを思い出してしまうんだよね。

まあ多分この「女神が嫉妬してカップル別れさす説」については、
神社は絶対否定すると思うんだけどw(そりゃあね)
でも、それがまことしやかにウワサになる、
みんな女の本性をそういうふうに見てるってことが
なにげにポイントなんだと思うんですよねw 
で、私もそれ、わりと正しいと思うんだよなーw

和泉式部が聴いたという声。
男の声に変えてまで励ますかねえ?
そんなめんどくさい事やらないと思うんだけどな~。

ていうか、もうそれ、本当に男の神だったんじゃないの?
ほら、川を隔ててすぐお隣の山には
金星からやって来た【美少年の神】がいるわけじゃないですか。

イワナガヒメさまも含めて、
ここにやって来た傷心の女たちに向かって
「そんなに思いつめるなよ~~」
って言ってくれてるのかもしんないよ・・・。

尊天様、まるでビューネ君 みたいな感じでさ。
いいじゃない いいじゃない。
金星からやって来たビューネ君ですよ。こっちも地球の男に飽きたところよ。
そのほうが女子たち(女神含む)、みんな幸せ。ステキ。

たしかに、側にいつもビューネ君がいてくれたら、
他の女子の縁結びもいっちょやったろうか、という気になるかもしれんな。
うん、なるなる。そういうことかもしれませんな。
イワナガヒメさま、幸せいっぱいでここに鎮座されてるのかもね、今。
勝手に納得w


すみません、妄想のくせに話が長くて・・・

では、話を戻しまして・・・



境内には「天乃磐船」という立派な石が奉納されていました。
平成八年の奉納ということだから、比較的最近ですね。



自然石らしいけど、本当に珍しい形。
イワナガヒメの名前に入ってる「イワ」は「岩」の事らしいです。
大きな岩(磐座)の信仰や、さざれ石の事などを思うと、
この女神さまは思った以上に重要な地位にいらっしゃる神様なのかも。



そしてここにも、ご神木の桂の木。
本当にこのあたり一帯、大木が多い場所で、
どれもこれも、ご神木みたいに立派なんですが、
なかでも【ご神木】ってことに定まるという事は、
やっぱりすごいパワーを持ってるんじゃないかと。

では「奥宮」にむかいまーす。つづく。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事

FC2blog テーマ:京都 - ジャンル:旅行

【2018/06/15 17:49】 | 鞍馬・貴船
【タグ】 旅行    観光  ご朱印  京都  
トラックバック(0) |

Re: 京都 ★ 貴船神社 2 結社
あけぼう
misachi68さん、イラッシャーイ(*ˊᗜˋ*)ノ゙

うん、多分全国だいたいそんな感じじゃないかなー。
そんな中、ちょっと異色な感じがする。
女同士って、「そんな男とは別れちゃいな!」「もっと他にマシな人がいるって!」みたいな流れになりがちじゃない?(笑)オトコ側の肩を持つことって、あまり無い気がする。和泉式部さんの場合は、特に大きな落ち度もないのに捨てられそうになってるわけだし。当人はもうすっかり傷付いちゃってるのに、「気にするな」って…色んな意味で男性が言いそうって思うんだよねー。
って、これ、まあまあバチあたりな妄想かもね(^_^;)

No title
misachi68
イワナガヒメのお話はちょっとかわいそうって思っていましたよ。
ですが、そんな美しい心を持ち合わせて
恋に悩める女子を応援するっていうのは確かに不思議。

石川でも超有名神社は同じこと言ってますよ。
カップルで行ったら嫉妬されちゃうって。
う〜む、全国各地に同じような神社があるかもしれませんね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: 京都 ★ 貴船神社 2 結社
misachi68さん、イラッシャーイ(*ˊᗜˋ*)ノ゙

うん、多分全国だいたいそんな感じじゃないかなー。
そんな中、ちょっと異色な感じがする。
女同士って、「そんな男とは別れちゃいな!」「もっと他にマシな人がいるって!」みたいな流れになりがちじゃない?(笑)オトコ側の肩を持つことって、あまり無い気がする。和泉式部さんの場合は、特に大きな落ち度もないのに捨てられそうになってるわけだし。当人はもうすっかり傷付いちゃってるのに、「気にするな」って…色んな意味で男性が言いそうって思うんだよねー。
って、これ、まあまあバチあたりな妄想かもね(^_^;)
2018/06/19(Tue) 23:51 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
No title
イワナガヒメのお話はちょっとかわいそうって思っていましたよ。
ですが、そんな美しい心を持ち合わせて
恋に悩める女子を応援するっていうのは確かに不思議。

石川でも超有名神社は同じこと言ってますよ。
カップルで行ったら嫉妬されちゃうって。
う〜む、全国各地に同じような神社があるかもしれませんね。
2018/06/18(Mon) 12:55 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック