おでかけブログ。ご朱印を集めてます。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
2018年4月。京都。
びわ湖疏水船に乗っています。前回からの続きです。



なんだか素敵なたてもの!
登録無形文化財のお家です。

ここは、かつての鶴巻鶴一の私邸(現:栗原邸)とのこと。
鶴巻鶴一って・・・!漫画みたいなすごいお名前!!
って、そんなとこに感心してしまってスミマセンw

聞けば、鶴巻鶴一さんとは、
京都高等工芸学校(現・京都工芸繊維大学)の
校長をつとめた染色家の先生だったそうです。
建物は時々、一般公開していることもあるようです。



疏水のトンネルには入口に扁額があって、
その言葉は明治の元勲たちが揮毫したものなんだとか。
どの扁額をだれが揮毫したのか。
船のお姉さんがトンネルを通るタイミングで毎回解説してくれます。



実はわたくし、
大嫌いな動物のひとつに「コウモリ」がいるんですが・・・
(いろいろトラウマがありまして)
トンネルを通るときは若干ビビりますw
こういった周辺が自然豊かなところは、
やつらがいても不思議ではないのだ。

でも!
全てのトンネルでコウモリを見ることはありませんでした。
小鳥は飛んでましたけど。いやー安心安心。



トンネルの手前にある、これ。
実はこれ日本で初めて造られた鉄筋コンクリート橋なんだとか。
船の案内人のお姉さんが教えてくれなきゃ、
絶対気付かなかったわ・・・。
補強されつつ、今も現役で使ってるみたいです。



ここでは詳しく書かないけど、
疏水建設プロジェクトにまつわる明治の人々のエピソードも
ちゃんと、お姉さんが話してくれますよ。



船ってスピードがちょうど良いんですよね。
次々に景色が変わっていくから飽きないし、
かといって、車やバスほどめまぐるしくない。

解説を聴きつつ、景色を味わう余裕があって、写真も撮れる。
本当にちょうど良い感じ。

それに乗り物に乗るって、
やっぱり大人になってもワクワクしちゃいます。



さて、とうとう終盤です。



赤いレンガのある建物の前が、下船するところです。



この建物は、御所へ防火用水を送る目的で、明治に建てられたもの。



旧御所水道ポンプ室っていうそうです。
「ポンプ室」という言葉の持つイメージとは、全然違うこの外観。
さすがに中には入れないですが、間近で見られて写真も撮れたし、十分満足。

びわ湖疏水船。楽しかったー。

春はもう予約でいっぱいだそうなので、秋に行くのもいいかも。
紅葉の季節も最高だと思います。

山科から蹴上までのショートコースでも大満足でしたが、
もし次また乗ることがあれば、大津からのコースにしたいかな。
逢坂山のあたり、どうなってるのか知りたいし。
でもウチの家からだと新幹線始発に乗り遅れたらアウトなんだよねー。

やっぱり一泊するしかないのかな。
前日に大津周辺を観光して(三井寺、延暦寺、びわ湖バレイetc...)、
そのまま宿泊。
翌朝、一番に船に乗って京都へ。そして京都観光して帰る。
これがベストかも。




ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事


追記を閉じる▲
聞けば、鶴巻鶴一さんとは、
京都高等工芸学校(現・京都工芸繊維大学)の
校長をつとめた染色家の先生だったそうです。
建物は時々、一般公開していることもあるようです。



疏水のトンネルには入口に扁額があって、
その言葉は明治の元勲たちが揮毫したものなんだとか。
どの扁額をだれが揮毫したのか。
船のお姉さんがトンネルを通るタイミングで毎回解説してくれます。



実はわたくし、
大嫌いな動物のひとつに「コウモリ」がいるんですが・・・
(いろいろトラウマがありまして)
トンネルを通るときは若干ビビりますw
こういった周辺が自然豊かなところは、
やつらがいても不思議ではないのだ。

でも!
全てのトンネルでコウモリを見ることはありませんでした。
小鳥は飛んでましたけど。いやー安心安心。



トンネルの手前にある、これ。
実はこれ日本で初めて造られた鉄筋コンクリート橋なんだとか。
船の案内人のお姉さんが教えてくれなきゃ、
絶対気付かなかったわ・・・。
補強されつつ、今も現役で使ってるみたいです。



ここでは詳しく書かないけど、
疏水建設プロジェクトにまつわる明治の人々のエピソードも
ちゃんと、お姉さんが話してくれますよ。



船ってスピードがちょうど良いんですよね。
次々に景色が変わっていくから飽きないし、
かといって、車やバスほどめまぐるしくない。

解説を聴きつつ、景色を味わう余裕があって、写真も撮れる。
本当にちょうど良い感じ。

それに乗り物に乗るって、
やっぱり大人になってもワクワクしちゃいます。



さて、とうとう終盤です。



赤いレンガのある建物の前が、下船するところです。



この建物は、御所へ防火用水を送る目的で、明治に建てられたもの。



旧御所水道ポンプ室っていうそうです。
「ポンプ室」という言葉の持つイメージとは、全然違うこの外観。
さすがに中には入れないですが、間近で見られて写真も撮れたし、十分満足。

びわ湖疏水船。楽しかったー。

春はもう予約でいっぱいだそうなので、秋に行くのもいいかも。
紅葉の季節も最高だと思います。

山科から蹴上までのショートコースでも大満足でしたが、
もし次また乗ることがあれば、大津からのコースにしたいかな。
逢坂山のあたり、どうなってるのか知りたいし。
でもウチの家からだと新幹線始発に乗り遅れたらアウトなんだよねー。

やっぱり一泊するしかないのかな。
前日に大津周辺を観光して(三井寺、延暦寺、びわ湖バレイetc...)、
そのまま宿泊。
翌朝、一番に船に乗って京都へ。そして京都観光して帰る。
これがベストかも。




ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事

FC2blog テーマ:京都・奈良 - ジャンル:旅行

【2018/04/26 13:11】 | 京都
【タグ】 京都  琵琶湖疏水  観光  旅行  
トラックバック(0) |

Re: 京都 ☆ びわ湖疏水船に乗ってきたよ  4
あけぼう
玉さん、イラッシャーイ(*ˊᗜˋ*)ノ゙

そうそうブラタモリまだ見てないんだけど、録画はしております。地質方面からのあの辺りの話は興味あるわー。


玉坂めぐる 
トンネルの写真がカッコいい。
不思議の気配がいろいろ映りこんでいそうです。

あ、ブラタモリ。疎水近くだ・・・なう。

Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

この企画、まだ始まったばかりだから、
今回はあっさりと予約とれたよー
人気が出れば増便もあるかもしれないけど
そうはいっても一隻に14名くらいしか乗れないから
予約開始すぐがオススメ。お早めに♪


misachi68
やっぱりいい!!素敵だわ٩(๑˃̵ᴗ˂̵๑)۶ °
秋の予約を忘れないようにしなくては。
大津からのコース行けたらいいなぁ〜〜

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: 京都 ☆ びわ湖疏水船に乗ってきたよ  4
玉さん、イラッシャーイ(*ˊᗜˋ*)ノ゙

そうそうブラタモリまだ見てないんだけど、録画はしております。地質方面からのあの辺りの話は興味あるわー。
2018/04/29(Sun) 19:22 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
トンネルの写真がカッコいい。
不思議の気配がいろいろ映りこんでいそうです。

あ、ブラタモリ。疎水近くだ・・・なう。
2018/04/28(Sat) 20:06 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
Re: タイトルなし
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

この企画、まだ始まったばかりだから、
今回はあっさりと予約とれたよー
人気が出れば増便もあるかもしれないけど
そうはいっても一隻に14名くらいしか乗れないから
予約開始すぐがオススメ。お早めに♪
2018/04/27(Fri) 09:15 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
やっぱりいい!!素敵だわ٩(๑˃̵ᴗ˂̵๑)۶ °
秋の予約を忘れないようにしなくては。
大津からのコース行けたらいいなぁ〜〜
2018/04/26(Thu) 22:12 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック