おでかけブログ。ご朱印を集めてます。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
2018年春。
復活したばかりの「びわ湖疏水船」に乗ってまーす。
前回からの続きです。



この辺り、新緑がきれいです。
もしかしたら、秋にはここらへんが紅葉スポットになるのかもしれません。



ずっと水路沿いに柵がありますが、
これは東山自然緑地っていう散策路だそうです。
船に乗っていると、散歩している人やジョギングしている人たちから
手を振ってもらえたりしますw



この散策路、4キロくらい続いているとか。
日々移り変わる自然も楽しめそうだし、見晴らしの良い場所もあるみたい。
歩いてみたいなぁと思いました。



サギもいました。微動だにしないw



これ、疏水の左側の写真ですが、
なんとなく「何か」壁のようなものがあるの、わかります?
これは「天智天皇陵」です。古墳です。



前方にある朱い橋は「本圀寺」へ続く参道の橋。
そして左に「天智天皇陵」。
大化の改新でおなじみ、中大兄皇子=天智天皇です。
天智天皇といえば縁の深い近江神宮に行ったことがありますよ。
(その時の記事→

ここで、船の案内役のお姉さんが、面白い事を教えてくれました。
平安末期の書「扶桑略記」によると、
天智天皇の死はちょっとミステリアス。

その当時、都は近江にあったのですが、
ある日、天智天皇は山科へ馬に乗って出かけ、
そのまま行方不明に。
捜索隊が見つけたのは、この地に落ちていた沓(くつ)のみだった・・・。

都は近江(滋賀県)だったのに、
山科(京都)にお墓があるのはそういうワケなのです。

「暗殺」という説もあるそうです。
そりゃあこのエピソードだと、そうとしか。ねえ・・・。

ここから見えるのは陵墓の裏側(背中側?)なので、
いつか正面からちゃんと訪れてみたい場所かも。

東山自然緑地を散策しつつ、天智天皇陵に立ち寄りつつ。
近隣の本圀寺や毘沙門堂などのお寺にも参詣して・・・って
それだけでも、ひとつの観光コースになりそうですよね。いいかも。

船はまだまだ進みます~。
もう少し、つづく。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事


追記を閉じる▲


ずっと水路沿いに柵がありますが、
これは東山自然緑地っていう散策路だそうです。
船に乗っていると、散歩している人やジョギングしている人たちから
手を振ってもらえたりしますw



この散策路、4キロくらい続いているとか。
日々移り変わる自然も楽しめそうだし、見晴らしの良い場所もあるみたい。
歩いてみたいなぁと思いました。



サギもいました。微動だにしないw



これ、疏水の左側の写真ですが、
なんとなく「何か」壁のようなものがあるの、わかります?
これは「天智天皇陵」です。古墳です。



前方にある朱い橋は「本圀寺」へ続く参道の橋。
そして左に「天智天皇陵」。
大化の改新でおなじみ、中大兄皇子=天智天皇です。
天智天皇といえば縁の深い近江神宮に行ったことがありますよ。
(その時の記事→

ここで、船の案内役のお姉さんが、面白い事を教えてくれました。
平安末期の書「扶桑略記」によると、
天智天皇の死はちょっとミステリアス。

その当時、都は近江にあったのですが、
ある日、天智天皇は山科へ馬に乗って出かけ、
そのまま行方不明に。
捜索隊が見つけたのは、この地に落ちていた沓(くつ)のみだった・・・。

都は近江(滋賀県)だったのに、
山科(京都)にお墓があるのはそういうワケなのです。

「暗殺」という説もあるそうです。
そりゃあこのエピソードだと、そうとしか。ねえ・・・。

ここから見えるのは陵墓の裏側(背中側?)なので、
いつか正面からちゃんと訪れてみたい場所かも。

東山自然緑地を散策しつつ、天智天皇陵に立ち寄りつつ。
近隣の本圀寺や毘沙門堂などのお寺にも参詣して・・・って
それだけでも、ひとつの観光コースになりそうですよね。いいかも。

船はまだまだ進みます~。
もう少し、つづく。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事

FC2blog テーマ:京都・奈良 - ジャンル:旅行

【2018/04/23 17:35】 | 京都
【タグ】 京都  琵琶湖疏水  旅行  観光  
トラックバック(0) |


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

このミステリーは絶対に小説・漫画で使われてるはず~~~。
きっと探せばあると思う!
我々がまだ知らないだけで…。
このエピソードを作家さんが
どう料理してるのかって、ちょっと興味ありますよね。



misachi68
わぁ(⸝⸝⍢⸝⸝) ෆ
景色だけじゃなくて、
案内役の方からお話が聞けるのは
また楽しいですね。
天智天皇のミステリアスな話は
小説にありそうですよね。
いいわぁ。
船に乗って歴史物語に耳を傾ける・・・
最高じゃないっすか!


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

この目線が新鮮なんですよね。
この船に乗らないと絶対見られない景色があるわけで。

天智天皇陵は幅の広さしか感じられませんでしたがw
それでも大きな古墳であることは分かりました。
いつか行かねばー。


玉坂めぐる
うわあ、楽しそう。
目線が低いのも風情があるよね。
この目線でむかしの人も旅をしたのだなあと、小舟にのるたび思うのです。

しかも京都から滋賀へ?
有名な昔が、周辺にいっぱいですね。
(^^)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

このミステリーは絶対に小説・漫画で使われてるはず~~~。
きっと探せばあると思う!
我々がまだ知らないだけで…。
このエピソードを作家さんが
どう料理してるのかって、ちょっと興味ありますよね。
2018/04/26(Thu) 09:17 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
わぁ(⸝⸝⍢⸝⸝) ෆ
景色だけじゃなくて、
案内役の方からお話が聞けるのは
また楽しいですね。
天智天皇のミステリアスな話は
小説にありそうですよね。
いいわぁ。
船に乗って歴史物語に耳を傾ける・・・
最高じゃないっすか!
2018/04/26(Thu) 00:00 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

この目線が新鮮なんですよね。
この船に乗らないと絶対見られない景色があるわけで。

天智天皇陵は幅の広さしか感じられませんでしたがw
それでも大きな古墳であることは分かりました。
いつか行かねばー。
2018/04/24(Tue) 17:07 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
うわあ、楽しそう。
目線が低いのも風情があるよね。
この目線でむかしの人も旅をしたのだなあと、小舟にのるたび思うのです。

しかも京都から滋賀へ?
有名な昔が、周辺にいっぱいですね。
(^^)
2018/04/24(Tue) 17:00 | URL  | 玉坂めぐる #WCSj23LI[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック