おでかけブログ。ご朱印を集めてます。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
岡山市に来ております。
少し前に、近くを通りかかり、気になっていた施設。
(その時の記事⇒



オリエントの風が吹く、このピクトグラム・・・。



そう! 岡山市立オリエント美術館、です。
古代オリエントの考古美術品を展示しています。

オリエント=「東方世界」っていうような意味。
我々、極東に住んでるからややこしいけど、
古代ローマあたりから見た東の世界。今でいう中東です。
世界四大文明のうち古代メソポタミア文明や古代エジプト文明は、
もろ、このあたり。
そんな世界史の重要地域の遺跡から出土したモノが
いろいろ展示されていましたよ♪




楔(くさび)形文字からして
古代オリエントの気分が盛り上がります。

ちなみに館内にこちらのレリーフ、館内で展示されてました。
アッシリア・レリーフ「有翼鷲頭精霊像浮彫」というそうです。

精霊アプカルを描いているそうです。
左手にもっている小っちゃいバッグみたいなものは桶、
右手には松かさを持っています。
e54m_0338.jpg 

手桶と松かさは何のために持っているのか。
展示物の横にある解説を読むと、これがなかなか面白い。
いくつかの説があるそうですが、どれも面白い。



古代オリエントの歴史の順を追って、
土器や石像、陶器・ガラス・剣などなど・・・
ほんとに人類の歴史の進歩そのものってかんじ。
土偶の味わいはたぶん世界共通☆ ほんとにカワイイです。



古代オリエントの歴史を年表で見ると
途中からえらく色んな国が興亡をくりかえして、ややこしくなる。
(ウィキペディア先生によると、アレクサンドロス大王が
 東方遠征したあたりまでが古代の区切りらしい)

そして日本ってこの期間、ほとんどずーっと 縄・文・時・代 www
もうずーーーーっとw
最後にちょろっとヒミコとか言いだすw
そう考えたら、ほんとすごい。

あと、古代オリエントの前半は
壺などに描かれているのは主に動物なんですが、
後半になってくると、人間も描かれるようになってくるんですよね。
「旅をしてる商人」みたいな。
その素朴なタッチがまた、たまりません。

昔から、絵を見るとメインキャラよりも、つい、
モブキャラのゆるい造形に注目してしまうほうなんですが、
目、鼻、口・・・非常にあっさりシンプルな顔立ち。

かれら、自分たちの顔が全体的にめっちゃ濃いとか、
そういう自覚がなかったかもなー、この頃。
もっと東、はるか東方に、我々のような
平たい顔族がいるなんて、想像もしなかったんだろうな~w


≪まさかおトイレのピクトさんをブログに載せる日がくるとはw)


まぁそんな事をつらつら考えながら、
枝分かれした二つの口がある急須のような展示物の、
具体的な使い道を思案したり、

今でいうトルコブルーのような鮮やかな色のタイルのかけらを見ては
当時の建物のカラフルさをイメージしたり。
古代オリエント美術館はそれほど大きな規模の美術館ではないですが、
かなり楽しめましたよ。



あと、





現地の衣服を着られるコーナー(撮影可)もあって、
大喜びでこんな感じの写真を撮ってみたりとか。
インスタ映えも狙えます(笑)
個人的には、中東のおじさんの扮装がしたかったので、
(全く無かったわけではないのだけど)
おじさん衣装のさらなる充実と、
付け髭をリクエストしたい(笑) ヒゲ重要。超重要。マジで!


そしてそして!
せっかく来たなら
美術館の2階奥にある喫茶「イブリク」さんで休憩してほしいです。
ここではアラビア式コーヒー(アラビックコーヒー)を飲むことが出来ます。



あちらの地域で昔から飲まれている方式の珈琲で、
珈琲豆の粉と香辛料を一緒の鍋で煮出して作るんだそうです。

注ぎ込まれる時は粉交じりでドロッとしてるので、
粉が沈むまでしばらく待ったあと、その上澄みをそーっと飲むんです。
香辛料はカルダモンを主として日本人に合うように作られているんだとか。

飲んだ後は、ちょっとしたお楽しみ。コーヒー占いが出来ます。
カップの底に沈殿したコーヒーを使うのですが・・・是非お試しあれ。



そして、お土産です。



自宅にマステが増える一方だけど、これは絶対買うでしょー♪
ボールペンは今、普通に使用中ですw
だだ、ボールペンの芯が書きにくいんだよね・・・
今どきの、すらすら書けるボールペンに慣れた身にはツライ。
ぴったり合うサイズの替え芯を探しているところです。





ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事


追記を閉じる▲
オリエント=「東方世界」っていうような意味。
我々、極東に住んでるからややこしいけど、
古代ローマあたりから見た東の世界。今でいう中東です。
世界四大文明のうち古代メソポタミア文明や古代エジプト文明は、
もろ、このあたり。
そんな世界史の重要地域の遺跡から出土したモノが
いろいろ展示されていましたよ♪




楔(くさび)形文字からして
古代オリエントの気分が盛り上がります。

ちなみに館内にこちらのレリーフ、館内で展示されてました。
アッシリア・レリーフ「有翼鷲頭精霊像浮彫」というそうです。

精霊アプカルを描いているそうです。
左手にもっている小っちゃいバッグみたいなものは桶、
右手には松かさを持っています。
e54m_0338.jpg 

手桶と松かさは何のために持っているのか。
展示物の横にある解説を読むと、これがなかなか面白い。
いくつかの説があるそうですが、どれも面白い。



古代オリエントの歴史の順を追って、
土器や石像、陶器・ガラス・剣などなど・・・
ほんとに人類の歴史の進歩そのものってかんじ。
土偶の味わいはたぶん世界共通☆ ほんとにカワイイです。



古代オリエントの歴史を年表で見ると
途中からえらく色んな国が興亡をくりかえして、ややこしくなる。
(ウィキペディア先生によると、アレクサンドロス大王が
 東方遠征したあたりまでが古代の区切りらしい)

そして日本ってこの期間、ほとんどずーっと 縄・文・時・代 www
もうずーーーーっとw
最後にちょろっとヒミコとか言いだすw
そう考えたら、ほんとすごい。

あと、古代オリエントの前半は
壺などに描かれているのは主に動物なんですが、
後半になってくると、人間も描かれるようになってくるんですよね。
「旅をしてる商人」みたいな。
その素朴なタッチがまた、たまりません。

昔から、絵を見るとメインキャラよりも、つい、
モブキャラのゆるい造形に注目してしまうほうなんですが、
目、鼻、口・・・非常にあっさりシンプルな顔立ち。

かれら、自分たちの顔が全体的にめっちゃ濃いとか、
そういう自覚がなかったかもなー、この頃。
もっと東、はるか東方に、我々のような
平たい顔族がいるなんて、想像もしなかったんだろうな~w


≪まさかおトイレのピクトさんをブログに載せる日がくるとはw)


まぁそんな事をつらつら考えながら、
枝分かれした二つの口がある急須のような展示物の、
具体的な使い道を思案したり、

今でいうトルコブルーのような鮮やかな色のタイルのかけらを見ては
当時の建物のカラフルさをイメージしたり。
古代オリエント美術館はそれほど大きな規模の美術館ではないですが、
かなり楽しめましたよ。



あと、





現地の衣服を着られるコーナー(撮影可)もあって、
大喜びでこんな感じの写真を撮ってみたりとか。
インスタ映えも狙えます(笑)
個人的には、中東のおじさんの扮装がしたかったので、
(全く無かったわけではないのだけど)
おじさん衣装のさらなる充実と、
付け髭をリクエストしたい(笑) ヒゲ重要。超重要。マジで!


そしてそして!
せっかく来たなら
美術館の2階奥にある喫茶「イブリク」さんで休憩してほしいです。
ここではアラビア式コーヒー(アラビックコーヒー)を飲むことが出来ます。



あちらの地域で昔から飲まれている方式の珈琲で、
珈琲豆の粉と香辛料を一緒の鍋で煮出して作るんだそうです。

注ぎ込まれる時は粉交じりでドロッとしてるので、
粉が沈むまでしばらく待ったあと、その上澄みをそーっと飲むんです。
香辛料はカルダモンを主として日本人に合うように作られているんだとか。

飲んだ後は、ちょっとしたお楽しみ。コーヒー占いが出来ます。
カップの底に沈殿したコーヒーを使うのですが・・・是非お試しあれ。



そして、お土産です。



自宅にマステが増える一方だけど、これは絶対買うでしょー♪
ボールペンは今、普通に使用中ですw
だだ、ボールペンの芯が書きにくいんだよね・・・
今どきの、すらすら書けるボールペンに慣れた身にはツライ。
ぴったり合うサイズの替え芯を探しているところです。





ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

【2018/04/17 18:45】 | 岡山市
【タグ】 岡山  日記  古代  美術館  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ


むしろ自転車よりもセグウェイとかが向いてそう。

このピクトさんが、市立の美術館の建物周りに
フツーの顔して存在しているのが、これまたステキで☆

オリエントの文化を常設でやってる美術館(博物館)って
案外ありそうでないかもって思います。
その割にはあまり知られてない気がする。もったいない。



玉坂めぐる
ピクトさん!いいですね。
でもこんなにタイトなスカートじゃ自転車乗れない(^0^)
それに、トイレでべったり座っちゃダメだ。ww

行ってみたいなあ、ここ。


Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ


ジーンズミュージアム、あけぼうもまだ行ったことないw
そっちのテレビで出てたの?
案外よその地域からの方がよく見えることってあるかもね。

倉敷の児島ってところはジーンズメーカーが多くて
世界的なブランドのデニムも
実はここで作ってたりするんですよ~。
街のお祭りの時はそういうデニム製品が安く買えたりして、
大人気なんですよ。

思うに、広島県って実はメジャー志向だったりして、
理想と現実(=田舎)に常に歯ぎしりしてるところがあるんですがw
岡山県は意外とサブカル面が充実してたりします。
芸術文化はやっぱり岡山の方が…と思ったりします。



misachi68
トイレのピクトさんまで凝ってる〜

ヒエログリフのマステもめっちゃいいわ〜〜

今朝の情報番組でジーンズミュージアムが紹介されてましたけど、
なんだか遊び心のあるミュージアムが
いっぱいあるのねぇ。
羨ましい地域。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ


むしろ自転車よりもセグウェイとかが向いてそう。

このピクトさんが、市立の美術館の建物周りに
フツーの顔して存在しているのが、これまたステキで☆

オリエントの文化を常設でやってる美術館(博物館)って
案外ありそうでないかもって思います。
その割にはあまり知られてない気がする。もったいない。
2018/04/22(Sun) 10:41 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
ピクトさん!いいですね。
でもこんなにタイトなスカートじゃ自転車乗れない(^0^)
それに、トイレでべったり座っちゃダメだ。ww

行ってみたいなあ、ここ。
2018/04/22(Sun) 08:21 | URL  | 玉坂めぐる #WCSj23LI[ 編集]
Re: タイトルなし
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ


ジーンズミュージアム、あけぼうもまだ行ったことないw
そっちのテレビで出てたの?
案外よその地域からの方がよく見えることってあるかもね。

倉敷の児島ってところはジーンズメーカーが多くて
世界的なブランドのデニムも
実はここで作ってたりするんですよ~。
街のお祭りの時はそういうデニム製品が安く買えたりして、
大人気なんですよ。

思うに、広島県って実はメジャー志向だったりして、
理想と現実(=田舎)に常に歯ぎしりしてるところがあるんですがw
岡山県は意外とサブカル面が充実してたりします。
芸術文化はやっぱり岡山の方が…と思ったりします。
2018/04/18(Wed) 12:29 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
トイレのピクトさんまで凝ってる〜

ヒエログリフのマステもめっちゃいいわ〜〜

今朝の情報番組でジーンズミュージアムが紹介されてましたけど、
なんだか遊び心のあるミュージアムが
いっぱいあるのねぇ。
羨ましい地域。
2018/04/17(Tue) 19:07 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック