2019 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2019 03
広島市 ☆ 三瀧寺に行きました その2
2018/03/30(Fri)
広島にある三滝寺というお寺に来ております。
前回からの続きです。

カッコいい仁王さまのいた本堂を通り過ぎて奥へ進むと、



天狗杉、というわれる立派な杉の木が立ってました。
こちらのお山にも、天狗様がおられるのですね。

その杉の先へ行くと、



狛犬に挟まれて数段の階段があり、



鎮守堂がありました。
案内図をみると、本堂より高い所にある建物はこれが最後です。



天神様と山神様が祀られているとのこと。



拝殿正面の虹梁の彫刻、ここが牛~!(天神様だけに!)



そして左右に天狗様~!



天狗と聞いて思い浮かぶお姿といったら、こんな感じですよね。
ザ・天狗って感じ。



こちらはカラス天狗さまですね。
どちらも、目力がすごい。神通力がすごそう・・・。
参拝・・・(。-人-。) 



鎮守堂のすぐそばにも滝。

そして気付いちゃいました。
鎮守堂の左側は山で、岩盤になってるんですが。
その岩肌にはりつくように小さな祠。



めちゃくちゃ小さいけど、中に何かいらっしゃいます・・・!



近づいてみると、それは蛇さまでした。
高さは10センチくらいで、小さいですがこれは見逃せない。
これこそが、山神様じゃないですかね。
そうか、山神様は蛇のお姿ですか。
勝手にいろいろ納得。
ちっちゃな帽子をかぶっているのも、すごくほっこりしますよね。
参拝・・・(。-人-。) 

さて、気力は満ち満ちているのですが、
この先は本格的に登山チックになってきます。



ここからは本格的にハイキングの散策コースになっていて、
この先どんどん登って行くと頂上にたどり着けるようになってます。

しかし。
ちょっと行ってみたけど、濡れた岩の上なんかも歩くような道。
さすがにこれはパンプスでは無理だわあ~と判断し、途中で断念。

しかしよく考えてみたら、
トレンチコートにパンプスの女がひとり、
寺を徘徊って・・・ちょっとワケありっぽい?(←今ごろ自覚)

本堂まで下りて行き、社務所でご朱印を頂いてから、
またそこからさらに、境内の別ルートにある多宝塔へ。



こちらの多宝塔は室町時代に創建されたもので、県の重要文化財とのことです。
もとは和歌山にあったもので、
第二次大戦後、原爆犠牲者の霊を弔うため移されたものだそうです。
こんな大きな多宝塔を・・・すごいですよね。
この中にも重要文化財の阿弥陀如来坐像が安置されているんだとか。

駆け足で立ち寄った三滝寺。
パンプスで来ちゃって残念だったとこはあるけど、
カッコいい仁王様と、
ちっちゃな蛇神様に会えたのは良かった。
また来たいと思います。

三瀧寺のご朱印~。





ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
この記事のURL | 広島市内 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
コメント
- Re: タイトルなし -
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

この蛇さまを見られただけで、来たかいがあったとおもいましたw
これホント、ニコニコしちゃうよねー。
2018/04/11 18:22  | URL | あけぼう #-[ 編集] ▲ top
-  -
蛇様の小さいベレー帽を作った人のことを考えると、ちょっとニコニコしてしまいます。(^^)
2018/04/11 09:48  | URL | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集] ▲ top
- Re: 広島市 ☆ 三瀧寺に行きました その2 -
misachi68 さん、イラッシャーイ(*ˊᗜˋ*)ノ゙

そうなんですよ~、スニーカーならもうちょっとサクサク歩けたんだろうな〜。
まあ仕方ないですけどね(^_^;)

このお寺は広島ではわりと名前は良く知られたお寺なんですが、こんなに色々ある所だとは知りませんでした~。
やっぱり行ってみると、自分にグッとくるポイントって意外なところにあったりするもんですね。楽しかったです♪
2018/04/01 21:07  | URL | あけぼう #-[ 編集] ▲ top
- Re:広島市 ☆ 三瀧寺に行きました その2 -
天狗さんとカラス天狗さんまでいらっしゃるとは。
山神様やら天神様やら山の中に
いっぱいご利益ありそうな方々がお揃いですし、
パワーみなぎっちゃいそうですね。
パンプスは残念でしたな。
2018/03/30 22:16  | URL | misachi68 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://bonryo.blog6.fc2.com/tb.php/1950-19c0c68e

| メイン |