おでかけブログ。ご朱印を集めてます。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。


アイヌ・海民・南島…。縄文は、生きている!!!われわれの内なる「縄文性」に迫る、まったく新しい縄文論。内容(「BOOK」データベースより)



よく、顔つきなど
縄文的か弥生的か、なんて話をしたりします。
どちらかというと、民族のルーツとか遺伝子的な方面から
語られていることが多い気がしますが、
この本はそこではなく、
縄文の人々の世界観や思想に焦点を当ててます。

その縄文的思想というものが、
どんなものだったかというのは、
やっぱりアイヌや南島に残された文化が参考になっています。
特にこの本ではアイヌですね。(作者はアイヌ研究者なので)

そのアイヌと、
列島各地の海浜部にいた「海民」たち。
両者の残した神話には、
共通した同じモティーフが見られるといいます。
そこに、縄文的思想(世界観)がみてとれる、というのがこの本。

あまり書いていくとネタバレしそうだし、
民俗学や考古学を行ったり来たりしつつ進むので、
とても私にはまとめきれないから、詳しくは書けないけど、
出雲神話等とも符合する部分が出てきてびっくり。

しかも、わたし自身が島根を旅行した時に
神話の舞台を見て、感じたこととも、
妙に合致する部分があったりして、とてもワクワクしました。

個人的にも、わたしのルーツは「島」なので、
海民の人々のもつ縄文性についての説明を読んでると
自分の祖父母や親戚などのことなんかが思い出され、
なんとなく、しっくりくる事が多くて。

分別のついたいい大人になった今でも、集団の中で、
なんだか・・・この人たちとノリが合わないわぁ・・・
って思った時。
ちょっと集団行動からはみだしてしまいがちな時。
もしかしたら、
あなたの中の縄文性がうずいているのかも(笑)

アイヌについても、知らなかったことがいっぱいで、
本筋とはちょっと離れた部分でも、
勉強になったことが沢山ありました。
面白い本でした。


  
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

FC2blog テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2018/04/08 19:59】 | 読書感想
【タグ】  感想  読書  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ


逆に岡本太郎さんの興奮が伝わる本はまだ未読のあけぼうです。
いずれ読むでしょう、きっと。
玉さんの中の縄文性も以外とありそうな気がしますw
読んでみて、ピンとくるところがたくさんあったら、
ちょっと嬉しいよね。

ここに出てくる神話のくだりを読んでいると、
出雲の稲目洞窟、三瓶山、高知の西側の海沿いなどへ行った時に
なんとなく頭に浮かんでいたイメージと、
あまりにぴったり過ぎて、
読みながらちょっとビビッてしまった自分がいます…。


玉坂めぐる 
縄文の本は、岡本太郎さんの興奮が伝わる何冊かを読んだことがあります。(^^)好きでした。
しかし、自分の縄文性については考えたことがないやあ。思えばあけぼうさんとは、ルーツが近所かもしれない玉坂。
顔つきが薄くて地味なので、見た目の縄文性には自信がないのですが(^へ^)これは・・・気になる一冊になりそうです。


Re:「縄文の思想」読んだよ~
あけぼう
misachiさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ


気になりますか~(´∀`*)ウフフ

ちょっとね、ド素人にはハードル高めの本です。
かといって、文章は難しくないのでご安心を。
最初しばらく我慢して読んでいたら、
ノッていけるようになるかな…って思います。


Re:「縄文の思想」読んだよ~
misachi68
気になる〜〜
縄文性ってなんだろ?
島の物語を続けて読んだことがあるので
島についてはちょっと興味津々なんだよね。
アイヌの人々や南の島の人たち(日本の)の
民族的な風習とか散々ググってたりして。

われわれの内なる縄文性ってなんなの〜〜

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ


逆に岡本太郎さんの興奮が伝わる本はまだ未読のあけぼうです。
いずれ読むでしょう、きっと。
玉さんの中の縄文性も以外とありそうな気がしますw
読んでみて、ピンとくるところがたくさんあったら、
ちょっと嬉しいよね。

ここに出てくる神話のくだりを読んでいると、
出雲の稲目洞窟、三瓶山、高知の西側の海沿いなどへ行った時に
なんとなく頭に浮かんでいたイメージと、
あまりにぴったり過ぎて、
読みながらちょっとビビッてしまった自分がいます…。
2018/04/11(Wed) 18:33 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
縄文の本は、岡本太郎さんの興奮が伝わる何冊かを読んだことがあります。(^^)好きでした。
しかし、自分の縄文性については考えたことがないやあ。思えばあけぼうさんとは、ルーツが近所かもしれない玉坂。
顔つきが薄くて地味なので、見た目の縄文性には自信がないのですが(^へ^)これは・・・気になる一冊になりそうです。
2018/04/11(Wed) 09:44 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
Re:「縄文の思想」読んだよ~
misachiさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ


気になりますか~(´∀`*)ウフフ

ちょっとね、ド素人にはハードル高めの本です。
かといって、文章は難しくないのでご安心を。
最初しばらく我慢して読んでいたら、
ノッていけるようになるかな…って思います。
2018/04/09(Mon) 17:22 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
Re:「縄文の思想」読んだよ~
気になる〜〜
縄文性ってなんだろ?
島の物語を続けて読んだことがあるので
島についてはちょっと興味津々なんだよね。
アイヌの人々や南の島の人たち(日本の)の
民族的な風習とか散々ググってたりして。

われわれの内なる縄文性ってなんなの〜〜
2018/04/08(Sun) 21:33 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック