おでかけブログ。ご朱印を集めてます。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。



独創的な創業者や調香師の手で、「ニッチ」香水が定着してきた。
老舗ブランドも自らの正当性を示すコレクションを展開し、香りの勢力図は一新しつつある。香水業界で新たな主流となる45ブランド、パリの販売スタイルをフルカラーの写真・図版で紹介する。
香水資料館オスモテック監修によるカラー図鑑。(amazon内容紹介)





この本で取り上げられているレア・パフュームとは、
知る人ぞ知る、マニア好みの香水・・・という感じです。

たくさんの香水のブランドが紹介されていますが、
セレクトショップや香水専門のショップで見かける程度で、
一般にはそれほど知られていないか、
知ってても日本では手に入りづらいモノもちょこちょこある。

ぞれぞれのブランドの設立までのストーリーや、
専属調香師、代表的な香水などが、数ページずつ紹介されてます。
香水の香りの表現は、翻訳者の方も本当に苦労されただろうな。
気になる表現があると、実際に嗅いでみたい~って思います。

どの香水ブランドもお店の店構え(写真)が素敵。
本当に優雅な世界です。
ちなみに本の中では香水の値段は一切書かれてないのですが、
やっぱり気になった香水はネット検索しちゃいますよね。
当然というかなんというか、
お値段、とってもラグジュアリーでした(笑)

考えてみたら、
服やバッグは大事に使えばその分だけ、
ある程度は長持ちさせることができますが、
香水だけは、使ったら使った分だけキッチリ無くなる・・・
たしかにお金持ちの嗜好品かもしれない。うんうん。

この本でパリの「オスモテック」という香水博物館の存在を
初めて知ることが出来たのも、私の中では収穫です。
ここでは、厳重な管理のうえで、
世界中の香水について、処方箋を管理し、アーカイブしているそうです。
今や伝説となったような昔の香水なども、
いくつかは再現に成功しているんだとか。
もちろん来館者も香りを楽しむことが出来るそうです。
行ってみたいなあ~。

* * * *

それにしても、やはりこの世界はいまだ欧米の独壇場ですね。
業界の構造もピラミッド状に出来上がっちゃってる感じ。
昔から続く文化であり、
現在進行形の産業であり、芸術でもあるという位置づけ。

お香って宗教儀式に使用されたりとか、
ヨーロッパだけじゃなくてどの地域でも
きっと「はじまり」は同じようなもんだと思うんだけど
なんなんだろうね?21世紀になっても。この差って。

日本なんて、
最近はファブリックミストやアロマのブームなんかで
多少、香りのレベルも上がったとはいえ、
無香が一番だっていう人も多いですし。

環境的・文化的な背景も、影響しそうですね。
香りの好みに個人差があるように、
国や地域による違いや傾向などもありそう。

香りの世界、深いですね・・・。
もうちょっと色々本を読んでみたいと思ってます。



ブログランキング・にほんブログ村へ

  
関連記事


追記を閉じる▲
* * * *

それにしても、やはりこの世界はいまだ欧米の独壇場ですね。
業界の構造もピラミッド状に出来上がっちゃってる感じ。
昔から続く文化であり、
現在進行形の産業であり、芸術でもあるという位置づけ。

お香って宗教儀式に使用されたりとか、
ヨーロッパだけじゃなくてどの地域でも
きっと「はじまり」は同じようなもんだと思うんだけど
なんなんだろうね?21世紀になっても。この差って。

日本なんて、
最近はファブリックミストやアロマのブームなんかで
多少、香りのレベルも上がったとはいえ、
無香が一番だっていう人も多いですし。

環境的・文化的な背景も、影響しそうですね。
香りの好みに個人差があるように、
国や地域による違いや傾向などもありそう。

香りの世界、深いですね・・・。
もうちょっと色々本を読んでみたいと思ってます。



ブログランキング・にほんブログ村へ

  
関連記事

FC2blog テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2018/01/15 18:09】 | 読書感想
【タグ】  感想  読書  香水  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

だよね、ファッションの一部だった若いころとは違って
加齢臭対策という理由が出てきちゃったよね。

ホントに香りを再現してほしいです、本の紙の上に。
その人の体臭によって香り方も違うみたいですが
キツいのもありそう。

実はそのあと、好奇心が膨らみすぎて
香りを嗅ぎに出かけたんですww
少ないけどいくつか本で出会った香水を買いで回ったw
やっぱきついのもありました。
でも、お高いだけに、
使ってるのは天然香料だけだったりするから
濃密なだけで、つける量でなんとかなりそうではありました。


Re: タイトルなし
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

珍味的なとこ、あるんじゃないかなぁ。
やっぱ環境とか慣れとかありそう。

香りというより匂いの話だけど、
昔はゴルゴンゾーラチーズも
今ほど普及してなくて、
チーズは好きだけどあれだけは臭くてだめだ~
とか言われてたよね。
パクチーもそうだし…。


misachi68
おお〜!香水いいですよね〜
20代の頃、香水専門店って小さなお店があって、
気に入ったものを買ってみたりしましたよ。
本に書かれてる説明を想像しながら、
試したら思ってたよりキツイな〜とかありそうですよね。
本にも香りが再現できたらいいのに。こすると香るとか。

最近は、加齢臭対策のために淡い香りのフレグランスを
欠かさないようにしています( ˊᵕˋ )


玉坂めぐる 
これは不思議の世界だね。
しかも「ニッチ」で「レア」ですか(^^)
珍味みたいのもあるのかな。
ハードル高いなあ・・・・

それを本に書く、というのもこれまた大仕事だねw

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

だよね、ファッションの一部だった若いころとは違って
加齢臭対策という理由が出てきちゃったよね。

ホントに香りを再現してほしいです、本の紙の上に。
その人の体臭によって香り方も違うみたいですが
キツいのもありそう。

実はそのあと、好奇心が膨らみすぎて
香りを嗅ぎに出かけたんですww
少ないけどいくつか本で出会った香水を買いで回ったw
やっぱきついのもありました。
でも、お高いだけに、
使ってるのは天然香料だけだったりするから
濃密なだけで、つける量でなんとかなりそうではありました。
2018/01/18(Thu) 17:26 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
Re: タイトルなし
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

珍味的なとこ、あるんじゃないかなぁ。
やっぱ環境とか慣れとかありそう。

香りというより匂いの話だけど、
昔はゴルゴンゾーラチーズも
今ほど普及してなくて、
チーズは好きだけどあれだけは臭くてだめだ~
とか言われてたよね。
パクチーもそうだし…。
2018/01/18(Thu) 17:19 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
おお〜!香水いいですよね〜
20代の頃、香水専門店って小さなお店があって、
気に入ったものを買ってみたりしましたよ。
本に書かれてる説明を想像しながら、
試したら思ってたよりキツイな〜とかありそうですよね。
本にも香りが再現できたらいいのに。こすると香るとか。

最近は、加齢臭対策のために淡い香りのフレグランスを
欠かさないようにしています( ˊᵕˋ )
2018/01/17(Wed) 23:48 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
これは不思議の世界だね。
しかも「ニッチ」で「レア」ですか(^^)
珍味みたいのもあるのかな。
ハードル高いなあ・・・・

それを本に書く、というのもこれまた大仕事だねw
2018/01/17(Wed) 23:10 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック