FC2ブログ

淡路島 8 ★ 陸地なのに「島」!?おのころ島神社に行ってきたよ

10月連休。淡路島をドライブしてきました。

自凝島神社(おのころじまじんじゃ)に到着です。
淡路島の中でも内陸のあたりに位置します。



車との対比でめっちゃ立派な鳥居であること、わかりますでしょうか?
日光の具合でバレバレかもしれませんが、もう夕方です。
時間が押してきた。急ごう。
鳥居をくぐったらすぐ階段になっていて、丘の上に社殿があります。

イザナミ・イザナギの2神が
天の浮橋から矛でかき混ぜてしたたり落ちた潮が凝り固まり、
おのころ島となった。
そして2神はその島に降りたち、契りを交わして国生みをなさった。

s256_choju30_0035_6.png

その国生み神話の舞台となる「おのころ島」の場所は、諸説あるのですが、
淡路島全体、沼島、絵島、そしてこの神社のある場所もそうなのです。
しかも昔から「おのころ島」という地名なんだとか。

この丘(=おのころ島)の西部山裾には塩砂があり、
どうやら数千年前の縄文時代には、海だったらしいのです。

また、水辺に群生する葦が
最近まで島の北部一帯に広がっていたそうです。最近っていつ頃だろう。
まさに葦原の国じゃあないですかあ。

ここは古代、
海の中に浮かぶ小島であったと考えられているそうです。

少し前に縄文時代の地殻変動の痕跡が、
日本神話に影響を与えたかも?という本(→)を読んでますし、
こういうの、がぜん楽しくなってきます♪ 

さっそく、階段を上って丘の上の社殿へ向かいます。

階段を上がり切ると、


(クリックで拡大)



こんなのがありました。鶺鴒石(せきれいいし)だそうです。
セキレイって鳥の事ね。見たことある人多いと思う⇒セキレイ
それにしても知らなかった。
三々九度ってセキレイの動きからきてるんだ!なんか素敵!

そ・・・それに、
まさかセキレイから子づくりのやり方を学んでいたなんて。
知らなかった!知らなかったわー。
鳥の姿から夫婦の道を開く・・・
このオブラートに包んだ表現、なんか童話チックでいいよね。
包み方がいいよねw





参拝・・・(。-人-。)


(クリックして拡大)

ご祭神は
伊弉諾命(イザナギのミコト)
伊弉冉命(イザナミのミコト)
合祀 菊理媛命(キクリヒメのミコト、別名ククリヒメのミコト)

ということです。

奥の方に参道が続いております。



八百萬神社があります。
伊弉諾命・伊弉册命の御子神様を祀っているとのこと。
数えきれないほどだから、八百萬という社名なのね。



参拝・・・(。-人-。)



上でも書いたように、ここが海であった痕跡である「お砂所」が
この下にあるみたいです。行こう、行こう。



砂場みたいなところがあるわけではなくって、お社がありました。
自凝島神社の塩砂は、「天の沼矛」から滴り落ちた塩なので、
安産の神様として妊婦さんが参拝し、安産を祈願されているそうです。

とはいえ、安産を願うわけにもいかないんだよね (^_^;)

お砂所までくると、もう丘から完全に下っていて、鳥居や授与所がすぐそこ。
ホント、小さくてぽっこりとした丘なんだよね。
確かにこれくらいのサイズの無人島って、いまでも瀬戸内海にはよくある。
やっぱり大昔は、島だったのかもね・・・。



こんなお守りを頂きました。
常しえに若い神様にあやかりたいと。うふふ。
実物は写真よりもうちょっと明るい黄緑です。



ご朱印~♪

ちなみに時間が無くて探せませんでしたが、
神社の周辺には「天の浮橋」や「葦原国」という場所があるそうです。
神社のホームページ(→)に詳しい地図があります。
ホントに近くだったみたい。仕方ないけど惜しかったな。



ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

さっそくググりましたw
すげーな、すげー漫画だな。さすが昭和!
これは小学生には素敵に刺激的w
そんでまた、6年生という年頃が絶妙だなあw

No title

玉坂は、セキレイじゃなくて
手塚治虫先生の「やけっぱちのマリア」って漫画で教わったよう
(^^:)6年1組、回し読みして大騒ぎだったな。

Re: No title

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

意外によく見かけますよね、セキレイ。
そうか、雑食だから割と住宅地にもよく現れるのかも。
ここに来なければ、
セキレイが由来だったなんて知らないままでいたかも。
それだけでも来たかいがあった♪

No title

最近、ウチの畑にハクセキレイが遊びに来るんですよ。
雑食ってことで土の虫とか食べてくれてるので、
とっても身近な鳥さんです。
まさかあの特徴的な可愛い動きが三三九度のモデルだとは!
次にハクセキレイに会ったら敬ってみたいと思います

Re: こんにちはー

小々次郎さん、イラッシャーイ(*ˊᗜˋ*)ノ゙

あ、見ちゃったんですね(笑)
あけぼうも見ちゃいました。
まあでも、あくまで現在の姿って事で、いい感じに脳内補完する事にしましょう(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑
ホントに島だったとしたら、港の桟橋に近いような、湿地の上の遊歩道のような、そんな感じだったのかもしれないですね〜(^^)

こんにちはー

やっぱり何事も橋上から始まっているんですね 橋をかけるっていうことは そちら側と繋がるってことですから まず「橋」っていう考えは神様も同じなんだなと思ったわけです。 グーグルマップで「天の浮橋」見てきたのは内緒ですが 結構 ショ ショボ・・・・(涙)

プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女
住 居:広島県
特 徴:とうふメンタル
近 況:Instagram(別名)

家のWi-Fiがダメなまま5月が終わりそうだ。

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
FC2カウンター
◆◆◆
「Amazonが販売・配送」の商品のみ推奨
**

RSSリンクの表示