FC2ブログ
読書感想

「〆切本」読んだよ~

2 0



〆切にまつわるあれやこれやについて、
著名な文筆家たちが、
手紙やエッセイなどで綴った短い文章を集めた一冊。
明治から現代にいたるまで、そうそうたるメンツです。

文豪と呼ばれちゃうようなレジェンド作家たちも、
やはり苦しむ年末進行(笑)

彼らが、へ理屈をこねくり回して、
〆切に間に合わないことを正当化する。
そんなエッセイや、日記や、手紙でさえ、
その文才がいかんなく発揮されちゃうところが楽しい。

とにかくエラーイ先生達が、七転八倒していたり
子供じみた言い訳や逃避行動をしているのを読んでると、
なぜか自分の中のS心がくすぐられてしまう(笑)

中盤からは、
編集者側からの締切にまつわるあれこれも出てきます
作家も編集も、両方経験してる人もいるんですよね。

社会人になると納期とか期末とか、
なにかの締切にむけて働くことって普通にあるし、
だからこそ、それを破ったりするのが、
大人として、いかにダメな所業かということも、
学生が読むよりも多分、しみじみ理解できるから、
締切をめぐる作家と編集者の攻防だったり、悲喜こもごもは
他人事とは思えない部分もあるんですよね。

とはいえ実は正直なところ、
似たような感じが、延々続く事もあって、
読みながら途中でちょっと、ダレたりもしたんですけど、
1つ1つは面白かったです。

でも役立つかと言うと、どうかなあ~?
役立てちゃったら、まずいかもよ・・・?(笑)



  
ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 2

There are no comments yet.

あけぼう  

Re: No title

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

考えてみればそうだよねー。
本棚に並ぶ1冊、1冊の裏側で、
もがきくるしんでいるんだよねw
そう考えたら今まで以上に貴重に思えるw

2017/11/24 (Fri) 09:22 | EDIT | REPLY |   

misachi68  

No title

あ〜私もこれ読んでみたいって思ってた〜
期日に間に合わないってもがき苦しみながら生み出される作品に
いつもどっぷりはまり込んだりしてるわけですよね、我々。
図書館の蔵書チェックしてみます(*´∀`*)

2017/11/23 (Thu) 23:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply