「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」読んだよ~



これまで誰もが見て見ぬふりをしてきた女にまつわる諸問題(女子問題、カワイイ問題、ブスとババア問題、おばさん問題……etc.)から、恋愛、結婚、家族、老後までーー今話題沸騰中の著者が笑いと毒を交えて、自らの経験や失敗を開陳する宝石箱のようなエッセイ。20代、30代、40代女性の働き方、生き方に知恵と術を授けてくれる、女にとっての教典的物語でもある。モヤモヤ言葉にできない感情に片がつき、読後はスッキリ! 人気ブログ「ジェーン・スーは日本人です」のエントリ(検索は「ジェーン・スーは日本人です」まで)を加筆修正し、新たに書き下ろし20本を加えた全256頁。



ジェーン・スーさんの本は2冊目なんですが、
これも「わかる!わかる!」とうなずきながら読んでしまいました。
タイトルにぎくっとしてしまうけど、
別に「女子」達の行動をあげつらうような内容ではないからご安心を。
かといって自虐でもない。

バブル世代より下の働く女性たちにとっては、
本当に「あるある」オンパレードじゃないかな。
だけど単なるあるある本ではなくて、
社会構造的な問題に斬りこんでいるところが素晴らしい。
そして、女性に対する社会圧と同時に、
男性に対する社会圧も慮っているところに、
つとめて平等に、客観的に、この問題を取り扱いたい
という心意気を感じられました。

内容・分析、とても今っぽい。
戦後?女性が社会進出をしはじめて、
もう、いったい何年になるか分かりませんけど、
ある意味、我々はここまでたどり着きました!
っていう謎の感慨に浸りました。

あーあ。
わたしも20代の時に、この本を読みたかったな(笑)
われわれ世代がやらかした失敗の数々・・・
同じ轍を踏まぬよう、
若い女子たちへ伝える書でもあるからね、これ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 読んだ本 | ジャンル: 本・雑誌

「ミーハー美容」読んだよ~ | Home | 恐怖!この夏一番の納涼

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ