佐賀 観光★吉野ケ里遺跡 2

2017年、5月の連休中。
吉野ヶ里歴史公園に行って参りました!



さて、時間が押してきた、どんどん見て行かなきゃ!



周辺に高いビルなどが無い環境なので、
いかにも弥生時代~な、景色が撮れますよ。
(あ、現代人がウロウロしてるからダメか・・・)
当時の住居が再現されて、たくさん建っておりまして、
だいたい中に入って見学できるようになっています。



これは高床式倉庫の中の様子。
古代人ごっこが捗りますw



こういうの、いかにも「吉野ヶ里遺跡」ってかんじでしょ?


(スタッフの方が弥生人風の服装なのも楽しい)

入口の門に鳥がとまってるんですよね。木でできてます。
写真は正面からなので分かりにくいかもしれないけど
鳥が、3羽いますでしょ?
他にも屋根なんかにも木製の鳥がとまってるんですよ。
魔除けらしいんですけど、まさに「鳥居」ですよね~。



さて、こっちはちょっと偉い人たちの住居です。



これはあくまで現代人の感覚なのかもしれませんけど。
よく、歴史博物館とか昔の建物を保存しているような区域なんかで、
中世~江戸時代あたりの時代の建物を見学できたりとか、
あるいは再現されてたりしますよね。

ここにあるのは、弥生時代なんだけども、
正直それほど変わらないと思ってしまいました。
江戸時代との比較は少々無理あるか?(^_^;)
でも、たとえば、中世の庶民の家あたりと比べると・・・。
1000年近く後の世になりますよね。
でもそれにしちゃぁ進歩してなくない?



土間があって、床があって、
そこにゴザっぽいもの敷いて寝るみたいな。
室町時代あたりになっても、そんなかんじでしょ。
時が経つにつれ、もちろん権力者の建物はすごくなるけど
一般の建物があまり進歩しなかったのってなんでだろ?
地震とか災害が多いからかな?
ささいなことですぐ火事で丸焼けになったりするし、
しっかり建てるだけ無駄・・・みたいな?
そういや土壁は崩れ落ちても
また練って塗ったくれば再生できるから
昔の方が理にかなっててエコなんだって、
前どこかで聞いたことある。
なんぜんまんえん、って高いお金だして耐震基準を満たした
しっかり、し~~っかりした家を建てる現代人と
どっちが合理的なのか考えちゃう。
まぁ命は惜しいけど。
寒いのも嫌いだけど。
あ・・・虫もだめだ・・・(笑)



北内郭というエリアまで来ました。
この辺りが「まつりごと」などを行う、もっとも神聖な場所だったらしいです。



これが復元された主祭殿!
想像以上に大きくてびっくり!立派過ぎる!
今の普通の建物でいうと4階建てくらいありそうな気がする。


(クリックで拡大)

もちろん、中に入ることが出来ます。



等身大の人形で状況も再現されています。
こうやって、政治をしてたわけですね。

で、その上の階にあがると・・・



祭祀を執り行っています。
巫女さんをじっと見つめる男性は、王様でしょうか。
奥には琴のような平べったい楽器を奏でる人がいます。
どんな音が鳴るのか?どんな音楽で、どんなリズムで・・・って、
それも気になります。

いやー主祭殿、びっくりしました。
ここまでしっかしりた、大きな建物だったとはね。
後々の神社やお寺、はたまたお城なんかの建築に
つながっていくんだろうな~というのが、
無理なく納得できる、そんな木造建築でした。



もう一つ、この時に特別に見学できるようになっていた「斎堂」です。



ここもすごく、後世の神社に近いものを感じた場所でした。



歴史の古ーい神社とか、今でもこういう建物、
ありそうだと思いました。
例えば一般人が見られない本殿の内部とか。
案外こんな感じかも・・・?



お風呂的なものもあるんだよ!右の四角いのがそうです。



弥生時代って相当昔の時代だけど、
案外「残り香」みたいなものが、現代でもあるように感じました。
特に古い神社などに。

それにしても、あらためて日本の建築ってなんなんだろなーって。
ちょっと色々知りたいなって感じましたね。



ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おはよーございます

小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうですね、色とかは当時どうだったのか分かりませんけど
主祭殿をカラフルに塗ったら、沖縄感ハンパないかも~。
南の国っぽい建物ですよね。
邪馬台国=沖縄説が案外ダークホースなのかも…。

おはよーございます

主祭殿は中国っていうか沖縄の昔の建物っぽいですね 元は色とか塗ってあったんでしょうか 斎堂になると 伊勢神宮の式年遷宮でついでに作り変えられる建物にそっくりですから 防水素材とかは変わっても 建物の形はこの時代に完成されていたんですね きっとこの時代の大工さんは位が高かったと思います

Re: No title

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

いまでもこういう住居に住んでる少数民族っているもんねー。
自然からとれる材料でつくる住居としては
もうある程度行きついた形なのかな・・・?
うーん、やっぱり近代に入ってからの変化がすごいのかな。
あけぼう達の世代でさえ、
むかーーーし、祖父の家のトイレが外にあったもんww
トイレが独立して外にあるか
屋内にあるかって、
ものすごく大きな差じゃない!??www

No title

高床式の倉庫はもう独特な雰囲気だよね〜
高さがすごいわ。

やっぱり庶民の住居ってず〜っと変わらない時代が長いよね。
弥生時代の住居がこういうのって思ってたより進歩的。
朝ドラとかの舞台セットで、明治時代の貧しい農家の家とか
この弥生時代の住居より貧しい感じだもんね。
昭和か。。。戦後なのかな。
進化したのって。


プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女(毒)
血液型:A型
住 居:広島県
特 徴:ご朱印女子...
近 況:
Instagram(別名)

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
RSSリンクの表示
あけぼうの木
FC2カウンター
フリーエリア