門司観光 ★ その5 門司といえば・・・!洋館

2017年、5月の連休は門司に来てます。

門司といったら、やっぱり町の中にたくさん残るレトロな洋館の数々。
時間を巻き戻して、まとめてどうぞ。

(どこもめっちゃ人が多かったんだけど、
奇跡的に少ない瞬間に撮ったやつですw)





「海峡ドラマシップ」の向かいにある建物がこちら。
「旧大連航路上屋」。
1929年(昭和4年)に建てられたもので、門司港の国際ターミナル施設。
国会議事堂等を手掛けた官庁建築課大熊善邦氏の設計だそうです。



中は広々して、船の模型など船舶関係の展示がありました。
中に「松永文庫」という資料室があって地元出身の松永さんという方が集めた
映画や芸能関係のポスターやパンフなどの資料が公開展示されてます。
映画好きならかなり楽しめそうですよね。
この丸い監視室がステキすぎ!(人´∀`).☆.。.:*・゚



それでなのか「ロボ神社」がありました。参拝(。-人-。) 
「ロボジー」って映画があったの、覚えてますか?
北九州市でロケしたというご縁からここにあるらしいです。



ここは、「旧大阪商船」の建物。
近すぎて建物の全貌が撮れませんでした(´・ω・`)
なんかファミコンのドット絵のような壁・・・。
大正6年に建てられた「大阪商船門司支店」を修復した建物だそうで、
中はギャラリーやカフェ、雑貨屋さんみたいな感じでした。



こちらが「旧門司三井倶楽部」です。



「ここ、私の家~っ」って言ってみたい・・・。
ああー言いたい言いたい・・・。



大正10年に三井物産の宿泊施設・社交倶楽部として建設された建物。
重要文化財に指定されているそうです。
アインシュタイン博士夫妻も泊まったことがあるとか。
中は1階が無料で見学できるスペース半分、
もう半分がレストラン「三井倶楽部」になってます。
三井倶楽部で優雅なティータイムでも・・・と思っていたんですが、
九州鉄道博物館で時間を消費しちゃって思いのほか遅くなっていて、
昼の営業時間が終わってました。く~っ!
かといって夜の営業までは待てない・・・( ;∀;)

2階の見学は有料。
上記のアインシュタイン博士の宿泊部屋と、
門司出身の女流作家・林芙美子記念室などがあるそう。



「国際友好記念図書館」の建物。シマシマが美しい。
こちらはもともと門司にあった建物ではなくて、
ロシア帝国が中国・大連に建てたものを、
北九州市と大連市の友好都市締結15周年記念で複製建築したものだそう。
だからなのか、1階は中華料理のレストランになっていました。





「旧門司税関」です。
明治45年建設。昭和初期まで税関庁舎として使用されたそうです。
現在の税関のビルもあったけど、やっぱりこっちの重厚感、カッコいい~。
1階はホールやカフェ、展示室。2階はギャラリーになっています。
すべて見てたら時間がいくらあっても足りなーい。



そんな感じで、門司、楽しみました。
やっぱり連休で、お祭りの日だったせいか、人が多かったですねー。
観光エリアじたいはそんなに広いってわけじゃないんだけど、
人が多くて移動にも時間がかかったり
昼食に時間がかかったり
なにかと、1つ1つの施設に時間がかかってしまった。
とにかく時間が足りなくて
「出光美術館(門司)」に立ち寄れなかったのが、ちょっと未練です。
海賊と呼ばれた男~の、創業資料館とかあるらしいので。

まあでも、概ね大満足。
今に残る洋館のほとんどが、戦前、大陸との貿易に関係したものという事で。
当時の栄えている様子がうかがえました。
そして今も港町の風情がたっぷりです。

尾道などの昔の港とはオモムキがちょっと違うんだよね。
神戸あたりとも雰囲気が全然違ってます。面白いね。
大陸へ向かってスケールが広がっている感じがするというか、
野望の残り香みたいな?つわものどもが夢のあと・・・的な。

ただ欲を言うと、
洋館はどこも中はカフェとか資料室とかギャラリーなので、
ちょっと飽きちゃうんですよね(;´∀`)
お土産屋さんとかもたくさんあるんだけど、
(食べ物はいいとして)観光地によくあるようなお店ばっかなんですよ。
トトロの店ってなんであんなにどこにでもあるんだ・・・w

で、すこしはずれの通りに、若い人がやってるような
小ぢんまりしたカワイイ雑貨屋さんが、ポツポツある。
しかも、番地名が「西海岸」だったりするんですよね。
それは実際、「西の海岸」っていう意味そのまんまなんだけど、
やっぱり住所として楽しいし、ちょっとお洒落よね。
もう少しお店が集まっていれば面白い場所になりそうなんだけど…
そこらへん惜しいなーって思いました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

玉さん、いらっしゃーい(*´ヮ`)ノ


是非門司へ来てみて欲しいです。
なにより、あけぼうでさえいくつも見つけたくらいなので、
玉さんだったら、かなりの数の かお を見つける事が出来そう。
撮れ高すごそう。( *˙ω˙*)و グッ!

No title

そうかあ、門司、いろいろあるんだねえ
その昔に立ち寄ったときは、
ほとんど駆け足で、記憶がホントに顔ハメ看板ぐらいで。。。
なんか大正ロマンみたいな看板ww
そりゃあやり残した宿題だらけだわw あたし・・・
のび太くんぐらい宿題だらけだわ・・・

外国船の出入り口、海の税関とかドキドキしますね。
そうかあ、小々次郎さんのおじいさんのマボロシも感じられるかも。。
いつか行きます。たぶん、本当に。(^〜^)

Re: こんにちは

小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

わははww つわものどもの一人が!おじいさんとは!!
まさか小々次郎さんのお身内に門司に関係ある人がいたとは意外。
まあもう時効ですけど、今の税関は黒い武器と白い粉だけは見逃さないで!ww

こんにちは

うちのおじいさん もう亡くなっているんですけど 門司の税関で働いていたんです きっとこの建物で働いていたんだなぁ 最後の方はボケちゃってベットに縛られてたけど。 もう時効ですけど 税関では いろんな貢ぎ物をもらって いろんなこと見逃してやったと云ってました 悪いやつです^^ 外への広がりと同時に内にもいろんなものが広がっちゃったんでしょうね

Re: No title

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うーん、そうなんだよね。
例えばあけぼうみたいに、名物の焼きカレーをたべちゃうと
もう洋館でなにか食べようということにはならないしねぇ。
お茶だけだけと、回転率も悪そうだし、お店としては儲からなさそう。
じゃあどうするか、難しい所よね…。

No title

なるほど〜門司ってこの辺りからすると観光地としてはちょいと印象が薄いんですけど、
あけぼうさんの残念だって思ってるところがもう少し良くなると
もっと遠いところからもお客さんは来るんだろうね(*´∀`*)

確かに魅力的な洋館はたくさんあるし、
ロボジーも好きなんですけど、
それだけでは遠いからなぁ。

出光美術館は気になりますね。
プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女(毒)
血液型:A型
住 居:広島県
特 徴:ご朱印女子...
近 況:
Instagram(別名)

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
RSSリンクの表示
あけぼうの木
FC2カウンター
フリーエリア