おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
2017年5月の連休。門司にやってきたー。



まず向かったのが「海峡ドラマシップ」という施設。
関門海峡ミュージアム とも言います。
チビッ子から大人まで楽しめる様々な展示が
ギュギュッと詰まった施設なのでさっそくレポレポ~~~。

施設内は無料のところと有料のところがあるのですが、
もちろん全て楽しみたいので500円の料金を支払って入場~。

まずは、海峡にまつわる歴史を音と光と映像で体感できる
「海峡アトリウム」というところへ。



まるで宇宙船のよう!なんかキレイ!
この天井から吊り下げられてる丸いものに、
関門海峡を舞台に繰り広げられた、様々な出来事が映し出されます。
壇ノ浦の戦い・・・巌流島の決闘・・・馬関戦争・・・。
しかも大人向けの「関門海峡・時空の旅」という映像と
子供向けアニメ「もじたろうの海峡大冒険」の
2本が定期的に放映されてます!

個人的には「もじたろう」のほうが面白かったw
(もういい大人だけど)
なんでも、古くから門司区大積に伝わる、
源平合戦の「あま御前」と「かっぱ伝説」というのがあって、
このアニメの主人公「もじたろう」もかっぱ君なんですね。
あま御前も出てくるし。
(詳しいお話は⇒★日本伝承大鑑さまのページ★をご参考にどうぞ)

この辺りにそんな河童伝説があることを知らなかった。
ていうか、さっき門司のゆるキャラ「じーも」が
海坊主だと知ってビックリしたところなのに、
関門海峡の海底はいったいどうなってるw

youkai_umibouzu.png 

それ以外にもアニメの中で、アツモリウオとかクマガイウオとか
瀬戸内海では源平にちなんだ魚の名がついていることなんかも、
サラッと登場キャラとして取り入れられていたりして。
こういうのによくありがちなアニメかと思ったら、
なにげに見逃せない情報がいっぱい潜んでる。
これは帰った後よく調べなければー!と思いながら見てました。

アトリウムで映像を見た後は、このグルグルした廊下を上がって
関門海峡を舞台とした歴史ドラマを人形で再現した
「海峡歴史回廊」という展示を見に行きます。
ここは撮影禁止なので、なにもご覧いただけないんですが、
人形で再現って言っても、ずいぶん芸術的な人形なんですよ!

なんとあの!
川本喜八郎先生のNHK人形劇「平家物語」の人形もあるんだよ!キャー♪
その他にも国内外の名の知れた作家さんの作品がたくさん!
どの人形も単に歴史の情景を切り取っているだけじゃなくて、
アートとして鑑賞にたえうる見事なモノばかりでした。
ここに来て、これを見ないのはもったいないと思うね。

でもなんか・・・めっちゃ金かかってるんじゃね?
そんなに有料フロアにお客居なかったけど・・・
なので、ストレスなく鑑賞出来たけど・・・
大丈夫?海峡ドラマシップ・・・。

そして、お次は4階の「リアルタイム関門海峡」。
いっきにフロアが明るくなります!



窓ガラスの向こうは、一面関門海峡のパノラマ!
これを見ながら「操船シミュレーション」なんかをやると、もう気分は船長♪
制服はすぐ横にかけてあるので、自由に羽織ってオッケー。
チビッ子じゃなくてもテンションあがるー。



しかもこの日、下関の赤間神宮では「先帝祭」の真っ最中。
しものせき海峡まつりも同時開催で、源平船合戦(海上パレード)をやっていたみたいです。
カラフルな旗をなびかせて、何艘も船が走っていました。



関門海峡で釣り上げられた一番大きい魚たちと記念撮影。
このフロアは見晴らしがよすぎて、
気を抜くといつまでも椅子に座って海を眺めていられる・・・。
いかんいかん、気合を入れなおして次!

最上階まで来たところで、1階までおります。



1・2階は吹き抜けになっていて「海峡レトロ通り」っていいます。



まるで映画のセットのよう。
ここは無料で入れるんだよー。
すごいよね!

fc2blog_20170506233934bf3.jpg 

ここで、いきつけの美容院に入ってみたり、
バナナを3本買ってみたり、絵を値踏みしたり、
さまざまな「ごっこ遊び」に興じましたw

これらのレトロなセットは全部表だけのハリボテってわけでもなく、
なかに入れるところもいくつかあって、
門司の町の歴史について写真展示をしていたり、
お土産屋さんだったりします。

で、こんなのお土産に買いました~。



上は、マグネットです♪ 
門司なのに福岡のマグネットですみませんw あまりにも可愛くて。
下は、明太子ふりかけ。その名も「カッケ―」。
ペンタイプのふりかけ、ゆかりペンだけじゃなかったんですね。
「カッケー」、この時1本しか買わなかったんだけど、
後からやっぱりもう1本欲しいって後悔したんですよね。
これ以降、二度と売ってるところに出会う事がなくて残念でした。

海峡ドラマシップ、こんな感じでした!
他にもここでは掲載してないけど、
チビッ子が喜びそうなネット(網)遊具もあったり。
(さすがにそこへは行ってません・・・ので写真も無し)
とにかく盛りだくさん。おすすめです!

門司のいわゆるレトロな街並みの端にあって、
駐車場も広いので、ここに車を停めて歩いて観光するのもいいかも。


関門海峡ミュージアム(海峡ドラマシップ)
★詳しくはこちら★


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲

まずは、海峡にまつわる歴史を音と光と映像で体感できる
「海峡アトリウム」というところへ。



まるで宇宙船のよう!なんかキレイ!
この天井から吊り下げられてる丸いものに、
関門海峡を舞台に繰り広げられた、様々な出来事が映し出されます。
壇ノ浦の戦い・・・巌流島の決闘・・・馬関戦争・・・。
しかも大人向けの「関門海峡・時空の旅」という映像と
子供向けアニメ「もじたろうの海峡大冒険」の
2本が定期的に放映されてます!

個人的には「もじたろう」のほうが面白かったw
(もういい大人だけど)
なんでも、古くから門司区大積に伝わる、
源平合戦の「あま御前」と「かっぱ伝説」というのがあって、
このアニメの主人公「もじたろう」もかっぱ君なんですね。
あま御前も出てくるし。
(詳しいお話は⇒★日本伝承大鑑さまのページ★をご参考にどうぞ)

この辺りにそんな河童伝説があることを知らなかった。
ていうか、さっき門司のゆるキャラ「じーも」が
海坊主だと知ってビックリしたところなのに、
関門海峡の海底はいったいどうなってるw

youkai_umibouzu.png 

それ以外にもアニメの中で、アツモリウオとかクマガイウオとか
瀬戸内海では源平にちなんだ魚の名がついていることなんかも、
サラッと登場キャラとして取り入れられていたりして。
こういうのによくありがちなアニメかと思ったら、
なにげに見逃せない情報がいっぱい潜んでる。
これは帰った後よく調べなければー!と思いながら見てました。

アトリウムで映像を見た後は、このグルグルした廊下を上がって
関門海峡を舞台とした歴史ドラマを人形で再現した
「海峡歴史回廊」という展示を見に行きます。
ここは撮影禁止なので、なにもご覧いただけないんですが、
人形で再現って言っても、ずいぶん芸術的な人形なんですよ!

なんとあの!
川本喜八郎先生のNHK人形劇「平家物語」の人形もあるんだよ!キャー♪
その他にも国内外の名の知れた作家さんの作品がたくさん!
どの人形も単に歴史の情景を切り取っているだけじゃなくて、
アートとして鑑賞にたえうる見事なモノばかりでした。
ここに来て、これを見ないのはもったいないと思うね。

でもなんか・・・めっちゃ金かかってるんじゃね?
そんなに有料フロアにお客居なかったけど・・・
なので、ストレスなく鑑賞出来たけど・・・
大丈夫?海峡ドラマシップ・・・。

そして、お次は4階の「リアルタイム関門海峡」。
いっきにフロアが明るくなります!



窓ガラスの向こうは、一面関門海峡のパノラマ!
これを見ながら「操船シミュレーション」なんかをやると、もう気分は船長♪
制服はすぐ横にかけてあるので、自由に羽織ってオッケー。
チビッ子じゃなくてもテンションあがるー。



しかもこの日、下関の赤間神宮では「先帝祭」の真っ最中。
しものせき海峡まつりも同時開催で、源平船合戦(海上パレード)をやっていたみたいです。
カラフルな旗をなびかせて、何艘も船が走っていました。



関門海峡で釣り上げられた一番大きい魚たちと記念撮影。
このフロアは見晴らしがよすぎて、
気を抜くといつまでも椅子に座って海を眺めていられる・・・。
いかんいかん、気合を入れなおして次!

最上階まで来たところで、1階までおります。



1・2階は吹き抜けになっていて「海峡レトロ通り」っていいます。



まるで映画のセットのよう。
ここは無料で入れるんだよー。
すごいよね!

fc2blog_20170506233934bf3.jpg 

ここで、いきつけの美容院に入ってみたり、
バナナを3本買ってみたり、絵を値踏みしたり、
さまざまな「ごっこ遊び」に興じましたw

これらのレトロなセットは全部表だけのハリボテってわけでもなく、
なかに入れるところもいくつかあって、
門司の町の歴史について写真展示をしていたり、
お土産屋さんだったりします。

で、こんなのお土産に買いました~。



上は、マグネットです♪ 
門司なのに福岡のマグネットですみませんw あまりにも可愛くて。
下は、明太子ふりかけ。その名も「カッケ―」。
ペンタイプのふりかけ、ゆかりペンだけじゃなかったんですね。
「カッケー」、この時1本しか買わなかったんだけど、
後からやっぱりもう1本欲しいって後悔したんですよね。
これ以降、二度と売ってるところに出会う事がなくて残念でした。

海峡ドラマシップ、こんな感じでした!
他にもここでは掲載してないけど、
チビッ子が喜びそうなネット(網)遊具もあったり。
(さすがにそこへは行ってません・・・ので写真も無し)
とにかく盛りだくさん。おすすめです!

門司のいわゆるレトロな街並みの端にあって、
駐車場も広いので、ここに車を停めて歩いて観光するのもいいかも。


関門海峡ミュージアム(海峡ドラマシップ)
★詳しくはこちら★


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2017/05/25 17:03】 | 福岡県
【タグ】 門司  
トラックバック(0) |

Re: おはよーございます
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

河童の生態には詳しくありませんが、
きっと海水もものともしないんだと思います、だって妖怪だし…。
名古屋にボラギノール的なカッパがいるなんて!
奥深すぎる…。

ラーメン博物館は生身の人間なんですね!
ここは、人形なのでちょっと負けてますw
「ごっこ遊び」としてはコラボしやすいですけどね。

Re: No title
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ごっこ遊び、楽しいですよ~。
一緒にやりたーい。
ちびっ子から白い目で見られることがありますけどw
メンタルを鍛える意味でもイイですよw

おはよーございます
小々次郎
キャプテン カッパって海水大丈夫なんですか
名古屋の堀川に住むカッパは川面にお尻を映すと痔を治してくれます

レトロな街並みいいですね
横浜のラーメン博物館を連想しました
ラーメン屋さん以外で働いてる人は役者さんだと聞きましたが
ここもそうなのかもしれませんね

No title
misachi68
面白そう〜〜(人‘▽‘☆) ルン♪
やっぱり歴史のある街は
レトロな雰囲気の町並みを再現したら
リアルでいいんでしょうね〜〜
ごっこ遊び楽しそう!
一緒にやりたいわ〜(*´∀`*)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: おはよーございます
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

河童の生態には詳しくありませんが、
きっと海水もものともしないんだと思います、だって妖怪だし…。
名古屋にボラギノール的なカッパがいるなんて!
奥深すぎる…。

ラーメン博物館は生身の人間なんですね!
ここは、人形なのでちょっと負けてますw
「ごっこ遊び」としてはコラボしやすいですけどね。
2017/05/26(Fri) 17:22 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
Re: No title
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ごっこ遊び、楽しいですよ~。
一緒にやりたーい。
ちびっ子から白い目で見られることがありますけどw
メンタルを鍛える意味でもイイですよw
2017/05/26(Fri) 17:19 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
おはよーございます
キャプテン カッパって海水大丈夫なんですか
名古屋の堀川に住むカッパは川面にお尻を映すと痔を治してくれます

レトロな街並みいいですね
横浜のラーメン博物館を連想しました
ラーメン屋さん以外で働いてる人は役者さんだと聞きましたが
ここもそうなのかもしれませんね
2017/05/26(Fri) 10:15 | URL  | 小々次郎 #-[ 編集]
No title
面白そう〜〜(人‘▽‘☆) ルン♪
やっぱり歴史のある街は
レトロな雰囲気の町並みを再現したら
リアルでいいんでしょうね〜〜
ごっこ遊び楽しそう!
一緒にやりたいわ〜(*´∀`*)
2017/05/26(Fri) 07:55 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック