おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
尾道市立美術館で行われていた「猫まみれ展」に行ってきました。



いやー。
さっそく入り口前の看板からこれですよ。
期待高まる―!



あけぼうがこの展覧会の存在を知ったのも、この話題からでした。
黒猫VS警備員さんw(☆詳しくはこちら☆



入口に巨大猫。もとは東京の三越にあったらしいです。

なかの展示物は撮影NGでしたが、
その他もろもろを撮ってきたので察していただければなあと。



猫の顔ハメ看板~~~。
和洋問わず、色々な作家さんの描いた猫がありましたが
やっぱり個人的に好きなのはこういう浮世絵の猫だなあ~。
それぞれの作家さんの、猫を見る視点というか、
猫のどの部分に魅力を感じているかが、作品を見てるとよく表れてる。

とくに面白かったのが、
チラシにも写真が掲載されていたこの伊万里焼の小皿たちです。


めっちゃ小さな豆皿なんですけど、たくさんあって、それぞれに猫の絵が。
猫と魚をコラボさせちゃってるのも素敵だしw
ましてや、猫とワニとか!意表を突かれました。

いやー、なごんだ、なごんだ。
展覧会の絵や造形物を見て、ニコニコしてるなんて、なかなかないですよねw






最後に、館内のカフェで売ってる肉球チョコを購入。
カフェで食べられます。購入して帰る事も出来ました。
イチゴのクランチが層になっていて、美味しかったです♪

会期はもう終了してて5月7日までだったんですけど
尾道の前に、川越でもやってたみたいなので
もしかしたら、次またどこかで開催されるのかもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事


追記を閉じる▲



あけぼうがこの展覧会の存在を知ったのも、この話題からでした。
黒猫VS警備員さんw(☆詳しくはこちら☆



入口に巨大猫。もとは東京の三越にあったらしいです。

なかの展示物は撮影NGでしたが、
その他もろもろを撮ってきたので察していただければなあと。



猫の顔ハメ看板~~~。
和洋問わず、色々な作家さんの描いた猫がありましたが
やっぱり個人的に好きなのはこういう浮世絵の猫だなあ~。
それぞれの作家さんの、猫を見る視点というか、
猫のどの部分に魅力を感じているかが、作品を見てるとよく表れてる。

とくに面白かったのが、
チラシにも写真が掲載されていたこの伊万里焼の小皿たちです。


めっちゃ小さな豆皿なんですけど、たくさんあって、それぞれに猫の絵が。
猫と魚をコラボさせちゃってるのも素敵だしw
ましてや、猫とワニとか!意表を突かれました。

いやー、なごんだ、なごんだ。
展覧会の絵や造形物を見て、ニコニコしてるなんて、なかなかないですよねw






最後に、館内のカフェで売ってる肉球チョコを購入。
カフェで食べられます。購入して帰る事も出来ました。
イチゴのクランチが層になっていて、美味しかったです♪

会期はもう終了してて5月7日までだったんですけど
尾道の前に、川越でもやってたみたいなので
もしかしたら、次またどこかで開催されるのかもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事

FC2blog テーマ:お散歩お出かけ写真 - ジャンル:写真

【2017/05/12 17:25】 | 尾道
【タグ】 尾道    
トラックバック(0) |

Re: No title
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ジェネリック・・・じゃないかww
絵かわいいねー。口の表現w
「はぁースッとしたわぁ~~~~」っていう表情たまらんw
想像以上に世間に広まってたんだねー和胸丸。すげーな。



No title
玉坂めぐる 
うんww現在も料理のレシピは著作権がないそうで…その辺はあいまいなのでしょう(^^)。洪庵先生も自作か購入かわかりませんが、施薬してたらしいというのは、ちょっと名誉でもあり、ムズムズしますな(^^)グフフ。。。
で、たぶん「和胸丸」当時はそこそこ有名だったんだなあ、と思ったのは、おそらく偽物の廉価版の引き札の存在。。これです。
https://twitter.com/matuda/status/592159724604231680
「本家天命堂」だって。印も違うよ。絵は可愛いね。婚礼で酔っぱらってるの図。

Re: No title
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うーん、これはどうなんでしょうかねえ。
権利みたいなことに無頓着な時代だからねえ。
鞆の浦の保命酒も、
後発の養命酒の影にすっかり隠れて・・・(´Д⊂

これって
あの!有名な!備後尾道の!あの薬を!
俺が自分でつくってみたで~どや!

みたいな事か?って思いました。
そもそも和胸丸っていう薬の
ネタ元は中国の漢方の本にもあるのかな?

http://www.eisai.co.jp/museum/information/topics/topics14_15.html
http://www.mishimaga.com/henteko/010.html


No title
玉坂めぐる 
ありゃりゃ、当然すでに話してましたか
(^^)お恥ずかしww

でも最近知ったこととしては、
緒方洪庵の適塾の資料館、大阪にあるんだけど
そこに「和胸丸」の引き札が飾ってあるらしいってこと。
しかも洪庵先生が考案して自製?って書いてあるみたい。
これは、いつか子孫として「どうなんだい?」って
行かなきゃいかないかな、と、先日思いました。
https://blogs.yahoo.co.jp/aima99hide/67611703.html
「備後」「尾道」って書いてあるんだけどなあ…。

Re: No title
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうそう、前の所にある美術館だよ。
玉さんの先祖の看板があるところーって思ったよ☆
やっぱりバックヤードなんだろうね~。
頼山陽が書いたっていうのも、この辺りならではだよね。
あけぼうも和胸丸、ちょっと飲んでみたいかも。
スーッとすんのかな。

No title
玉坂めぐる 
千光寺公園の美術館だよねえ。だよねえ。
(^^)30年ぐらい前に入ったことあります。

実はね、うちのご先祖の薬屋の金看板が
どこかから出てきてそれがこの美術館の所蔵になるときに
東京に連絡が来たので家族で見に行ったのでした。
おぼろげな懐かしい思い出です。
「天命堂児玉」って薬屋で「和胸丸」って薬、
そのでかい看板で文字は頼山陽が書いたんだって。
薬はね、大阪の緒方洪庵も使ってたんだって。
効能は、「酒の毒」すべて、、、うーん。
服用してみたかったです。

ねこまみれ♪たのしそう。
バックヤードでご先祖もにこにこしてたでしょうか(^^)

Re: No title
あけぼう
へろん さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

確かに、黒猫ちゃん、
すでにもう立派に広報の役割を果たしてますしね~(´∀`)
尾道市立美術館と言えば黒猫!
みたいになったら楽しい♪



No title
へろん
「猫まみれ展」できることなら見に行きたかったですね~。
黒猫VS警備員さんの話題も何だかなごみます。
エルミタージュには警備猫がいるそうですが、
この黒猫も案外何かお役に立てるかもしれませんね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: No title
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ジェネリック・・・じゃないかww
絵かわいいねー。口の表現w
「はぁースッとしたわぁ~~~~」っていう表情たまらんw
想像以上に世間に広まってたんだねー和胸丸。すげーな。

2017/05/18(Thu) 09:21 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
No title
うんww現在も料理のレシピは著作権がないそうで…その辺はあいまいなのでしょう(^^)。洪庵先生も自作か購入かわかりませんが、施薬してたらしいというのは、ちょっと名誉でもあり、ムズムズしますな(^^)グフフ。。。
で、たぶん「和胸丸」当時はそこそこ有名だったんだなあ、と思ったのは、おそらく偽物の廉価版の引き札の存在。。これです。
https://twitter.com/matuda/status/592159724604231680
「本家天命堂」だって。印も違うよ。絵は可愛いね。婚礼で酔っぱらってるの図。
2017/05/17(Wed) 18:13 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
Re: No title
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うーん、これはどうなんでしょうかねえ。
権利みたいなことに無頓着な時代だからねえ。
鞆の浦の保命酒も、
後発の養命酒の影にすっかり隠れて・・・(´Д⊂

これって
あの!有名な!備後尾道の!あの薬を!
俺が自分でつくってみたで~どや!

みたいな事か?って思いました。
そもそも和胸丸っていう薬の
ネタ元は中国の漢方の本にもあるのかな?

http://www.eisai.co.jp/museum/information/topics/topics14_15.html
http://www.mishimaga.com/henteko/010.html
2017/05/17(Wed) 09:56 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
No title
ありゃりゃ、当然すでに話してましたか
(^^)お恥ずかしww

でも最近知ったこととしては、
緒方洪庵の適塾の資料館、大阪にあるんだけど
そこに「和胸丸」の引き札が飾ってあるらしいってこと。
しかも洪庵先生が考案して自製?って書いてあるみたい。
これは、いつか子孫として「どうなんだい?」って
行かなきゃいかないかな、と、先日思いました。
https://blogs.yahoo.co.jp/aima99hide/67611703.html
「備後」「尾道」って書いてあるんだけどなあ…。
2017/05/16(Tue) 22:24 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
Re: No title
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうそう、前の所にある美術館だよ。
玉さんの先祖の看板があるところーって思ったよ☆
やっぱりバックヤードなんだろうね~。
頼山陽が書いたっていうのも、この辺りならではだよね。
あけぼうも和胸丸、ちょっと飲んでみたいかも。
スーッとすんのかな。
2017/05/16(Tue) 17:38 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
No title
千光寺公園の美術館だよねえ。だよねえ。
(^^)30年ぐらい前に入ったことあります。

実はね、うちのご先祖の薬屋の金看板が
どこかから出てきてそれがこの美術館の所蔵になるときに
東京に連絡が来たので家族で見に行ったのでした。
おぼろげな懐かしい思い出です。
「天命堂児玉」って薬屋で「和胸丸」って薬、
そのでかい看板で文字は頼山陽が書いたんだって。
薬はね、大阪の緒方洪庵も使ってたんだって。
効能は、「酒の毒」すべて、、、うーん。
服用してみたかったです。

ねこまみれ♪たのしそう。
バックヤードでご先祖もにこにこしてたでしょうか(^^)
2017/05/16(Tue) 11:01 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
Re: No title
へろん さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

確かに、黒猫ちゃん、
すでにもう立派に広報の役割を果たしてますしね~(´∀`)
尾道市立美術館と言えば黒猫!
みたいになったら楽しい♪

2017/05/15(Mon) 09:21 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
No title
「猫まみれ展」できることなら見に行きたかったですね~。
黒猫VS警備員さんの話題も何だかなごみます。
エルミタージュには警備猫がいるそうですが、
この黒猫も案外何かお役に立てるかもしれませんね。
2017/05/14(Sun) 23:04 | URL  | へろん #kYK71OPk[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック