「小石、地球の来歴を語る」読んだよ~


文字通り“一個の小石に宇宙を見る”科学読み物の珠玉作。小石に閉じ込められた元素、鉱物、化石の来歴を調べ上げ、地球全史をエレガントに描きだす。先端技術がもたらすあらゆる原子時計や顕微画像も駆使して、宇宙や地球の誕生、古代の大陸や海の出現、それに続いて地球で起きた数々の事象が、つぶさに再現される。



なぜ そこに 小石が 在る のか?

まるで哲学や禅問答のようですが、そうではありません。

地質学の本です。
地質学者によって解き明かされていく、
小石に秘められた気の遠くなるような時間の話。
それがこの本です。

ビッグバンによる宇宙の始まりから地球誕生、
小石を構成するさまざまな物質が、
古代地球に起こった事象によって次第に集まっていき
そして最後には
あなたの目の前に、足元に、ありふれた存在として転がっている。

そんな、とんでもなく壮大な話が展開されます。

文章も読みやすくて、翻訳者の方グッジョブです。
けれども、本の中にはもちろん石の写真も掲載されてるのですが、
全体的にちょっと足りないように思いました。

私が文系脳だからでしょうけど、
時々、読んでいて想像力が追いつかなくなり、
写真や図解のようなものが欲しいな~と思う部分がちょくちょくありました。
(もっと欲を言えばNHKやナショジオの番組で映像化して欲しい・・・)

しかし大満足です。
こんなふうにして地球の歴史は解き明かされているのかと、
初めて具体的に知ることが出来ました。
完全に理解できたとは到底いえませんが、それでもじゅうぶんです。
地質学とは比較的新しい学問なのだそうですが、凄いものですね。
とても良い本だと思います。

ちなみに作者はイギリス人なので、
この本の主人公である小石はウェールズの海岸で拾われた小石です。

どなたか日本産の石で、このような本を出してくれないかな。
もともとジオパークに行くのが好きだったりするので、
日本の石の来歴も気になり始めています・・・。


ブログランキング・にほんブログ村へ
  
関連記事

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

へろんさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

はい、仰る通り大陸移動あり、超新星爆発あり・・・
古代地球のへんてこな生物あり・・・
実はあけぼうも隕石持ってますw 奇遇♪

Re: No title

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

タモさん博学だからそっちも詳しそうだよね。
こういう理系の話って好きで、
でも文系脳だから全然理解が追いつかないんだけど
その世界を垣間見るだけでも楽しかったりするー♪

No title

良いですね~、こういう壮大なストーリー。
おそらく大陸移動や超新星爆発にまでつながるんでしょうね。

以前鉱物展で買った隕石のかけらが手元にあるのですが、
手に取れる小さな物から垣間見える壮大な視点って大好きです(^^)

No title

なるほど〜〜〜
地質学って石ころから考える世界なのかな。

案外、タモリさんは地形だけじゃなくて地質学も知ってそうだよね。
普段難しく考えちゃいそうな理系の分野を
面白く教えてくれると、きっと世界が広がって楽しいんだろうね〜〜
プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女(毒)
血液型:A型
住 居:広島県
特 徴:ご朱印女子...
近 況:
Instagram(別名)

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
RSSリンクの表示
あけぼうの木
FC2カウンター
フリーエリア