香川県★花ノ御前稲荷神社 そして妄想崩壊

香川県の三豊市に来ております。

フラワーパーク浦島にやって来たものの、
花が咲く時期を完全に読み違えておりました。
全然咲いてなかったので(涙)仕方なく移動することに。

でもその前に、近くで神社を見つけていたんです。
本当に近く。同じ県道沿いで、歩いて行けるくらい近いところに。



その名も花ノ御前稲荷神社です。名前がステキじゃないですか。
ちょっと参拝していきたいと思います。



こんな道を下って行きます。潮騒が聴こえます。
うーん、ここはご朱印は無理っぽい予感・・・。



浜辺付近まで下りてくると、ちょっと広い感じに。



ていうか、想像よりも社殿が大きくてびっくり。
ご祭神は 宇迦之御魂大神。

社殿横に立ててある「花ノ御前稲荷大明神ノ由来記」の看板を読みますと。
江戸時代(1787年)
京都伏見稲荷神社から分霊を勧請し奉ったのがはじまり。
桃山時代ごろから、
各地に伏見稲荷の神霊を勧請する風潮が盛んになっていたそうです。
で、ご当地でも地域の代表が京都に赴き、
伏見稲荷神社から勧請を許されて神社を建てたところ、
大変栄えて、遠い所からも参拝者がやって来たそうです。
しかし、第二次世界大戦後は荒廃して、
昔の勢いは見る影もなくしてしまった・・・。
最後のところ、転載しますね。

しかるに第二次大戦後は、人心の荒廃とともに神威ようやく傾き、夏、冬の祭礼にも参詣者少なく、往時の盛況を知る者には、転た今昔の感慨を禁じ得ないものがあり、ここに鎮座二百年記念大祭を執行するにあたり、当部落氏子一同相詢り、旧に倍する社運の弥栄えんことを期する次第である。
神は崇敬の念篤く自ら努力する者に、繁栄と栄光とを興え給うであろう。

瀬戸内海沿岸も島を中心に過疎地が多いですから、
ちょっと他人事じゃないというか・・・

参拝・・・(。-人-。) 
あ、でも素敵だなーと思った「花ノ御前稲荷神社」の
「花ノ御前」についてはご由緒にも特に書かれてなかったし、
特に意味はないのかな。




フラワーパーク浦島からも見えた島。粟島。
この島にもなかなか面白い観光スポットが点在しているんですが、
それはまたの機会に・・・(あるかなあ、行く機会)



しかし、桃山時代から江戸時代にかけて、
伏見稲荷神社の神様を勧請して稲荷神社を建てるのが流行ったんですね。
なんか意外。

というのも、
四国は狸王国すぎて、狐がいない、というイメージがあるからです。
こんな伝説を、どっかで聞いたことがあるんですよ~~。

昔々、四国には狐も狸もたくさん住んでいた。
キツネとタヌキは仲が悪くケンカばかりしており、
特にキツネは人にも幻術を使って悪さばかりしていたので
お大師さんが法力で、キツネを四国から追い出してしまった。
そんなキツネ達にお大師さんはこう仰った・・・
「もし本州と四国の間に
 鉄の橋が架かったなら、戻ってきても良いでしょう」

そう。
今や、本州と四国には「鉄の橋」、架かっちゃってます 笑

実際、四国にはキツネの生息数が少ないらしい、というのも
小耳にはさんだことがあるんですが(←真偽は確かめてない)

確かに、阿波狸合戦の金長親分しかり、屋島の太三郎狸しかり。
狸伝説はいっぱいあって、なんなら神社にもなってる。

しかし、四国で御朱印めぐりするようになって結構たつけど
これっていう大きな稲荷神社があったという記憶がない。

日本で一番数が多いと言われる稲荷神社が、
もしや四国には少ない?
そこには、上記の弘法大師のお話と、なにか関係が?

ということは、鉄の橋がかかった現在、
四国の神霊界にはどういった変化が・・・

1200年の時を超え、キツネ様たち来襲~!
迎えうつ四国タヌキ界、大混乱!
妖怪たちも黙っちゃいない。
暗躍するカラス天狗、裏切りのコナキジジ・・・
混迷を深める四国神霊界!

などと、わくわくしながら妄想しておったのです。

えっと。

いきなりありましたわ、稲荷神社。
( ゚д゚ )・・・。

妄想崩壊w えてして世の中こんなもんですよねー。


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 神社・仏閣巡り | ジャンル: 旅行

香川県★まるで中世の城壁!~豊稔池堰堤~ | Home | 香川県★フラワーパーク浦島…フライング!(涙)

コメント

Re: Re:香川県★花ノ御前稲荷神社 そして妄想崩壊

玉さん、いらっしゃーい(*´ヮ`)ノ


そうなんだよね、思えば広島市も稲荷多かったし。
ホントにどこにでもあるよねー。
これだけ全国すみずみに勢力あるんだから、
せめて四国だけは…って思ったんだけど笑

2017/04/09 (Sun) 19:55 | あけぼう #- | URL | 編集
Re:

misachi68さん、いらっしゃーい(*´ヮ`)ノ

さらに濃くなっちゃってますよね、四国。
あんまり夜遅くまで四国に居たくない…
って思うくらいに、
脳内の四国が妖怪大陸になってきました笑

2017/04/09 (Sun) 19:42 | あけぼう #- | URL | 編集
Re:香川県★花ノ御前稲荷神社 そして妄想崩壊

江戸時代に稲作の神様から商売の神様にもなって、
んでもって、行商人がお稲荷さん大好きだから
あちこちに拡散希望!てなっていったんでしょうね。
「江戸に多いもの、伊勢屋 稲荷に犬の糞(くそ)」
よく言ってたみたいです。多すぎ連ってことだと思います。

お狸様の縄張りまで・・・(^へ^)
厚かましいですねえww

2017/04/09 (Sun) 15:57 | 玉坂めぐる #WCSj23LI | URL | 編集

(≧∇≦)アハハ!!キツネvsタヌキの図が面白すぎる!
そういえば、有頂天家族にも四国へ行ったりってお話があったような。

その昔、読んだ狗神付きの話も高知だったし、
やっぱ、四国ってタヌキやら、河童やら、
妖怪がいっぱいいそうだなぁって印象なんだけど、
ついにキツネも発見されたんですねw



2017/04/08 (Sat) 09:50 | misachi68 #- | URL | 編集
Re: こんにちは

小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよ、さすがのお大師さんも
まさか鉄の橋なんて…と思っていたんでしょうね。
1200年後の世界ってそれくらいかけ離れてるという。

おキツネ様たちも本州で大活躍して
パワーアップしてますから
タヌキたちが苦戦しているのではないかと思うと
早く!金長神社にはやくお参りに行かねば!と
気ばかり逸ってしまう、あけぼうです。

2017/04/07 (Fri) 17:26 | あけぼう #- | URL | 編集
こんにちは

もう3路も「鉄の橋」架かってますから
相当な数の狐が帰ってきてるはずです
狐もそんなことの後ですからきっと恐る恐る
ひょっとしたらたぬきに化けてるのかもしれません
でも法力解除が「鉄の橋」って^^
絶対架かるはずないと思っていたんでしょうね

2017/04/07 (Fri) 13:01 | 小々次郎 #- | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ