「養老孟司の旅する脳」読んだよ~



旅と脳の深い関係から虫捕りの効能まで1分で“養老哲学”がわかるワンショット・エッセイ。
JALグループ機内誌『SKYWARD』掲載の人気連載の単行本化。



実は養老先生の本はこれが初めてです。
バカの壁とか、気になってはいたんですが
あまりにブームになると
読みたくなくなるへそ曲がりな習性を持ってまして。
ずいぶん遅くなってしまいました(笑)

それにしてもあれですね。
養老先生をはじめとして。
ここでは関係ないけど手塚治虫先生とか宮崎駿先生とかも。
なんだか、えらい先生は虫が好きですね。

今、虫好きのお子さんを持つお母さんがいたら、
是非そのへんをのばしてあげましょう。
将来、偉い人になるかもしれません・・・。
わたしは虫嫌いなのでもう手遅れ・・・(笑)

脱線しましたが、
この本が最初の養老先生の本だったのは良かったかもしれない。
なんせ、JALの機内誌で連載されていたエッセイを収録しているので、
すごく読みやすいんですよね。簡潔で。
内容としてはタイトルに「旅」とありますが、
紀行文というわけではないです。
話題は身近な事から社会問題まで、なんでもあり。
解剖学者として、人生の先輩として、虫オタクとして、
世の中の様々な物事を語っておられます。

読んでいて、
なるほど~、この部分、もうちょっと知りたいかも…
なんて思うところが出てきたら、
この本を起点にして、先生の他の著書を選ぶことも出来そう。

養老先生の本、沢山出てるからねえ。


そんなわけで、今、読みたいって思ってるのはこのあたり。
  
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

| 読書感想 | コメント(4)

コメント

Re: No title


玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

毎年いろんな本が話題になるけど、未練たらたらだったのが「バカの壁」でした。
そうか、玉さんは読んでいたんだね。
でもそうなんだよね~、最近あけぼうも、読んだ本の内容をすぐ忘れてします。
何かのきっかけで思い出すこともあるんだけど…脳の中身がとっちらかってるんだよねw
それってやっぱり「バカ」ってことなのかなw
バカの壁も読まねばー。

2017年|03月|07日|09:30 |from あけぼう| URL

Re: No title


misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんだよね、でもなかなか手に取るまでに至らなくて。
これ本当にサクッと読めるエッセイなので良いですよ~。

2017年|03月|07日|09:29 |from あけぼう| URL

No title


あれ? 「バカの壁」は本棚にたぶんあります。
あれ? 読んだかな。読んでないかな。。。。
やっぱバカなんだな。しょうがないな。

2017年|03月|05日|09:40 |from 玉坂めぐる | URL 【編集】

No title


養老孟司先生の本、私も読んでみたいって思ってた。
入門書的な感じなんですね。
_φ(。_。*)

2017年|03月|04日|23:05 |from misachi68| URL

非公開コメント

トラックバック

http://bonryo.blog6.fc2.com/tb.php/1627-417b3dc3