おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
いや、どこにも出かけてないわけじゃないんですけど。

今年のおみくじの「方角」が西だったから、
なんとかして西方面から今年のご朱印を始めたいと
意地になってるんですわ(笑)

にもかかわらず、東方面にばかり出かけてます。
なぜか西へ行く機会がない・・・w

先日も倉敷に出かけていました。
スニーカーを買って、カフェで一服。
ホント、そんな感じの休日だったんですけれども。



倉敷の美観地区に、「阿智神社」という神社があります。
恐ろしいもんでね~。
ブログも何年かやっていますと、
もう自分がどこに参拝した事があるのか、
記憶があやしくなってるw



当然、この阿智神社も来たことある!って思っていた。
なんせ美観地区の通りから参道が始まってるからね。
でも、ブログの過去記事を見ても、どうやら来たことが無いみたい。
もしかしたらブログを始める前に来たのかもしれない。
ていうことは、ご朱印は貰っていない。
なんてこった。スニーカーを買う目的で来たから
さすがにご朱印帳は持っていないよ・・・w



というわけで、ここには改めて来ることになるだろうから、
詳細は、書かない(^_^;)
ただ言えるのは、美観地区からの参道はかなり長いです。
美観地区の通りから見ると、階段を少し登ったら鳥居があるから、
すぐ先が神社なのかな、くらいの感じでいたらとんでもない。

実際は、神社の裏側から丘を半周しつつ登ってきているような感じ。
正面からの参道は別のところから、ちゃんとありました。



境内に入ると、参拝している人たちが結構いる。



立派な神社で、歴史もかなりありそう。
石灯籠に刻まれた寄進者のお名前も京都の方だったりして、
広く崇敬されていたようです。



最後に。
摂社かな。菅原道真公を祀ってます。
奥に、だるまさんがいっぱい。
そうか、合格祈願で神社に来る人も今の時期は多そうだね。
こういうのを見ると、のんきな受験生だった自分を恥じますわー。
当時は勉強している「つもり」だったし、うんざりしてたけど
実際にはそこまで必死じゃなかったと思う (ノ∀`)タハー



えーと、
出かけてないわけじゃないんだよ、
と言いたいがための今回の記事でした(笑)

それにしても、
ご朱印帳を持って行かなかったのは反省しきり。

ふと、行ってみようかな・・・
ふと、足が向いた・・・

そういうのこそ
「ご縁」とか「導き」という感じがするじゃないですか。
そんなご縁を残すのがご朱印帳だよね。

最近ネットオークションで珍しいレアなご朱印が売買されてるらしいよね。
ちょっと引っかかるよねぇ。
たとえば「おかげ犬」のような存在が、
ネットや業者に替わっただけと思えばいいのかな~うーん。
でも犬は代金とらないしな・・・。

なかには身体が悪い人の代わりに・・・とか、
余命あとわずかで・・・とか
ホントに何か切なる事情があるのかもしれないから、
十把一絡げにしてダメだって言いたくないけど。

しかしなんなんですかね、結構、地味に盛り上がってるよねご朱印。
本屋に行ってもご朱印のガイドブックみたいな本、よく見るようになった。
実際「ご朱印集めてるんです」と言いやすくなったよ。
メンドクサイ説明もしなくて済むケースが増えた。
でも、こうして一般化すると、どうしても変なやつ出てくるよね。

最近のご朱印ブーム的なものに対して、
凝った限定デザインのご朱印帳を作るところもあったりするし。
うまく、時代の変化に対応していって、
伝統文化が続いていっている、というふうに考えたい部分もある・・・。
人がいなくなって
さびれはてた山の中の神社を色々見てきたから、
少々のことは目をつむって、ポジティブに見ていきたいってのはある。

しかし、自分が行ってもいない神社仏閣のレアなご朱印を手にして
どのあたりが嬉しいのかは理解できないな。やっぱり。
レアなやつ持ってるぜーって人に自慢するのかね?
そんなの自慢されてもなあ。

なんでもそうだけど
何かにハマると周りの事が見えなくなる人っているよね。
良くも悪くも情熱的というか・・・「ほどほど」に出来ないというか。
誰かとの「競争」みたいにしちゃう。
これがスポーツや勉強なら良いんだろうけどねぇ。

自分も気を付けようって思うよ。

まあ・・・
のんきで詰めの甘い受験生だった人が
言う事じゃないかもしれないけどw


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲



当然、この阿智神社も来たことある!って思っていた。
なんせ美観地区の通りから参道が始まってるからね。
でも、ブログの過去記事を見ても、どうやら来たことが無いみたい。
もしかしたらブログを始める前に来たのかもしれない。
ていうことは、ご朱印は貰っていない。
なんてこった。スニーカーを買う目的で来たから
さすがにご朱印帳は持っていないよ・・・w



というわけで、ここには改めて来ることになるだろうから、
詳細は、書かない(^_^;)
ただ言えるのは、美観地区からの参道はかなり長いです。
美観地区の通りから見ると、階段を少し登ったら鳥居があるから、
すぐ先が神社なのかな、くらいの感じでいたらとんでもない。

実際は、神社の裏側から丘を半周しつつ登ってきているような感じ。
正面からの参道は別のところから、ちゃんとありました。



境内に入ると、参拝している人たちが結構いる。



立派な神社で、歴史もかなりありそう。
石灯籠に刻まれた寄進者のお名前も京都の方だったりして、
広く崇敬されていたようです。



最後に。
摂社かな。菅原道真公を祀ってます。
奥に、だるまさんがいっぱい。
そうか、合格祈願で神社に来る人も今の時期は多そうだね。
こういうのを見ると、のんきな受験生だった自分を恥じますわー。
当時は勉強している「つもり」だったし、うんざりしてたけど
実際にはそこまで必死じゃなかったと思う (ノ∀`)タハー



えーと、
出かけてないわけじゃないんだよ、
と言いたいがための今回の記事でした(笑)

それにしても、
ご朱印帳を持って行かなかったのは反省しきり。

ふと、行ってみようかな・・・
ふと、足が向いた・・・

そういうのこそ
「ご縁」とか「導き」という感じがするじゃないですか。
そんなご縁を残すのがご朱印帳だよね。

最近ネットオークションで珍しいレアなご朱印が売買されてるらしいよね。
ちょっと引っかかるよねぇ。
たとえば「おかげ犬」のような存在が、
ネットや業者に替わっただけと思えばいいのかな~うーん。
でも犬は代金とらないしな・・・。

なかには身体が悪い人の代わりに・・・とか、
余命あとわずかで・・・とか
ホントに何か切なる事情があるのかもしれないから、
十把一絡げにしてダメだって言いたくないけど。

しかしなんなんですかね、結構、地味に盛り上がってるよねご朱印。
本屋に行ってもご朱印のガイドブックみたいな本、よく見るようになった。
実際「ご朱印集めてるんです」と言いやすくなったよ。
メンドクサイ説明もしなくて済むケースが増えた。
でも、こうして一般化すると、どうしても変なやつ出てくるよね。

最近のご朱印ブーム的なものに対して、
凝った限定デザインのご朱印帳を作るところもあったりするし。
うまく、時代の変化に対応していって、
伝統文化が続いていっている、というふうに考えたい部分もある・・・。
人がいなくなって
さびれはてた山の中の神社を色々見てきたから、
少々のことは目をつむって、ポジティブに見ていきたいってのはある。

しかし、自分が行ってもいない神社仏閣のレアなご朱印を手にして
どのあたりが嬉しいのかは理解できないな。やっぱり。
レアなやつ持ってるぜーって人に自慢するのかね?
そんなの自慢されてもなあ。

なんでもそうだけど
何かにハマると周りの事が見えなくなる人っているよね。
良くも悪くも情熱的というか・・・「ほどほど」に出来ないというか。
誰かとの「競争」みたいにしちゃう。
これがスポーツや勉強なら良いんだろうけどねぇ。

自分も気を付けようって思うよ。

まあ・・・
のんきで詰めの甘い受験生だった人が
言う事じゃないかもしれないけどw


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:いってきました^^ - ジャンル:ブログ

【2017/02/23 18:29】 | つぶやき
トラックバック(0) |

Re: No title
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんだよねえ。それってダサいなあと思うんだよねえ。
自分が次に、どこへ行くのか。
何のきっかけでどういう状況でそこへ行くことになるのか。
釣り人のようにじっとその時を待つことも、
この趣味の醍醐味だと思うんだけどねえ。
そうして出かけた先で頂くご朱印というのは
すべてレアだと思うんだよねえ。

Re: No title
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ


うん、そういう人を引き寄せちゃったんだろうね。
弊害だよね、弊害w
一般化も弊害も順序なく、
地方にはいっぺんに伝播してくるからねえ。



No title
misachi68
うんうん、私もゲームのカードを集めてる感覚なのかなって思ったよ。
御利益とか、参拝記念っていうより、レアものは手段を選ばず手に入れておきたいっていうような。



No title
玉坂めぐる 
レア御朱印・・・

ビックリマンシールとか
遊戯王カードとか
古くは切って集めとか
その延長にいる人物もいるのかもしれませんね。
(^~^:)


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: No title
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんだよねえ。それってダサいなあと思うんだよねえ。
自分が次に、どこへ行くのか。
何のきっかけでどういう状況でそこへ行くことになるのか。
釣り人のようにじっとその時を待つことも、
この趣味の醍醐味だと思うんだけどねえ。
そうして出かけた先で頂くご朱印というのは
すべてレアだと思うんだよねえ。
2017/02/24(Fri) 12:57 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
Re: No title
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ


うん、そういう人を引き寄せちゃったんだろうね。
弊害だよね、弊害w
一般化も弊害も順序なく、
地方にはいっぺんに伝播してくるからねえ。

2017/02/24(Fri) 10:09 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
No title
うんうん、私もゲームのカードを集めてる感覚なのかなって思ったよ。
御利益とか、参拝記念っていうより、レアものは手段を選ばず手に入れておきたいっていうような。

2017/02/23(Thu) 23:48 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
No title
レア御朱印・・・

ビックリマンシールとか
遊戯王カードとか
古くは切って集めとか
その延長にいる人物もいるのかもしれませんね。
(^~^:)
2017/02/23(Thu) 20:45 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック