「マイ仏教」読んだよ~



人生は苦。世の中は諸行無常。でも、「そこがいいんじゃない!」と唱えれば、きっと明るい未来が見えてくる。住職を夢見ていた仏像少年時代、青春という名の「荒行」、大人になって再燃した仏像ブーム。辛いときや苦しいとき、いつもそこには仏教があった。グッとくる仏像、煩悩まみれの自分と付き合う方法、地獄ブームと後ろメタファー、ご機嫌な菩薩行…。その意外な魅力や面白さを伝える、M・J流仏教入門。



様々な媒体を通じて、知らず知らずに影響を受けている、
みうらじゅん先生w
なんですけど、意外とちゃんと本で読むことがなかった

先日、カフェに置いてあった
「とんまつり」という奇祭レポの本を何気なく手に取り、
とうとう全て読み終えるまでカフェにいたことをキッカケに、
そうだ!たまにはみうらじゅん先生の本も読もう!
と思った次第。

さす新書で出てるだけあって(?)
なんだか、教科書に載ってもおかしくないような、
丁寧な文章だったのが意外な気もしましたが、
そこはやっぱり、作者の仏教に対する熱というか、敬意というか、
そういうものがにじみ出ているのかなと思いました。

前半は、幼いころから現在に至るまでの仏教とのかかわり。
ほとんど、自分ヒストリーを語る、といったかんじ。
今までの著作を読んだことがある人は、
知ってるエピソードも多いかと思います。
仏像をはじめ、仏教について彼なりの集大成の一冊という感じ。

後半は、くだけた調子を保ちつつも、
わりと真剣に仏教の再興について語ってます。
現代のフツーに生きてる平凡な日本人たちのそれぞれの人生に、
どうやって仏の教えを落とし込んでいくか、
作者なりの提案ですね。
「マイブーム」とは、作者みうらじゅん氏の命名ですが、
それと同じで、それぞれ「マイ仏教」があって良いのではと。

それにしてもこの本を読んで、
自分がもはや地獄行き確定だってことが、ハッキリと分かったw
はーあ。
せめて今後はできるだけ
なにかしらの功徳を積んでいきたいと思います。


   

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 読んだ本の感想等 | ジャンル: 小説・文学

コメント

Re: No title

マナサビイさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

とんまつり、買おうとまでは思わなかったんですが、
あの「おもしろいもの」に対する情熱は
いつもながらスゴイと思います。

閻魔さまに願望成就…w
あけぼうも、マナサビイさんと同じ事よくやりますw
その上、家の中で蜘蛛を見たら、おもわず叩いて殺しちゃったり★
罪状がいっぱいありすぎて、閻魔さまとお会いしたくないかも~。

2017/02/20 (Mon) 09:38 | あけぼう #- | URL | 編集
No title

先日、とあるお寺に行って、閻魔様(重文の閻魔像です)にご対面してきました。が、閻魔様の前でさえ願望成就のお願いをしてしまったというね^^;; 悔い改める覚悟を唱えるのもそこそこに。こういう節操のないところが自分でもなんだかなあと情けなく感じるところではありました(汗)

みうらじゅんさん、いやげものの本等は読んでますが、文章多めの本はそういえば私も読んだ事なかったかも。でもあの方のセンスも才能は好きです、やっぱり♪ とんまつりの本、私も以前ヴィレバンで立ち読みしたことが(笑)

2017/02/19 (Sun) 15:33 | マナサビイ #- | URL | 編集
Re: No title

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

地獄、痛そうだよおぉ~w
たしかにあけぼうも、みうらじゅん氏との出会いは「VOW」だわ。
懐かしいねw
なんかもうあれだわ、ザ・昭和の学生~って感じがする~ww

2017/02/16 (Thu) 17:36 | あけぼう #- | URL | 編集
No title

へぇ〜〜
みうらじゅん氏って真面目に仏教の本を書いてらっしゃったんですね。
一体みうらじゅん氏とは何者なんだろうかっていう疑問はずっとあったんですけど、
私の記憶ではVOWで書いてた人っていう印象。
マイブームって言葉が日本で定着してしまうくらいに
いろんなことに興味があって、なおかつマニアックな人だよね。
仏教についてもきっと面白い視点で書かれてるんでしょうね〜

いやいや、地獄の方が面白いよきっと。

2017/02/15 (Wed) 20:20 | misachi68 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する