FC2ブログ

「サバイバル!戦火の女たち」(タイムスクープハンター)感想

昨日のタイムスクープハンターは城攻めに合って逃げて落ちのびていく女性達の話でした。
いつにもまして、迫力がありましたね~。やっぱり命がかかってますし、私も同じ女性ですからね。
家臣で護衛役の原田四郎右衛門が矢に刺さって死ぬところは、本当に刺さったみたいでドキッ としてしまいました。

護衛が居なくなった女性達は火縄銃を持ち、自分達で武装して逃避行を続けるんですが、いくら着の身着のままで城を出たとはいえ、あの鮮やかな着物のままじゃ、みつかっちゃうよ~ と人事ながら心配になった。最近よく山登りをする私としては、山の緑に一番映えるのはピンクだと思うんですよ。ほぼ反対色じゃないですか。もろ、そういう着物着てるから・・・。迷彩服とまでは言わないけど、せめて、青や緑系の着物を戦時中には着るべきだと思うんだけどな・・・。

逃避行をしているのは、奥方と侍女2人の計3名なんですが、奥方はいかにも・・・というようなたおやかなタイプの女性で、侍女の2人は、1人は使命感を持った強い女性に、もう1人は普通の女の子っぽい女性に描かれていたんだけど、この普通っぽい侍女の方が、極限状態において、泣きごとを言ったり、もたもたしたりするので、かなり イラッ とさせられたよ。でも、私もその場にいたら、絶対こっちのタイプなんだろうなって思うわ(笑)

人取りという、戦のどさくさで人身売買をやってるならず者に奥方を強奪された時に、侍女2人が奥方を取り戻すため戦うんだけど、火縄銃がこれまた、なかなか・・・次を撃つまでに時間がかかるので、弾込めの間に殺されてしまうんじゃないかと思って、ハラハラしたよ

ま、最後はお約束というか、奥方は無事助けられて落ちのびることができた・・・っていうラストだったんだけど、最近よく山へ行く私としては、草鞋のような履物で、長距離の山道をよく歩いたな~って事。山道といっても、この人達は道でさえないからね。人目につかない道なき道を逃げて言ってるわけだから、それはもう、足なんて、ぐちゃぐちゃだったと思うよ
想像しただけで・・・ イタタタタ


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチッと押していただけると小躍りします☆

テーマ: NHK | ジャンル: テレビ・ラジオ

アクセサリーつくってみた | Home | 花を愛でてきました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ