おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。


卒業アルバムから将来が見抜けることを発見した気鋭の心理学者が明かす、意外な「未来を見抜く手がかり」が満載!


この気になるタイトル。心理学のジャンルの本です。
卒アルは一部の章で取り上げられてはいますが、全てじゃなかったです。
人が、相手の顔を見た時の第一印象って、馬鹿にしたもんじゃないよ・・・案外様々な情報を、知らず知らず受け取っていたりする。そんな事例がたくさん出てきました。かなり面白かった。

詳しくは読んでいただくとして目次はこんな感じ。

はじめに 予知の心理学の驚異へようこそ
第1章 殺される顔、殺す顔
第2章 排卵日にはゲイがわかる
第3章 卒アル写真で将来はわかる
第4章 嘘をつく奴の顔はここが違う
第5章 話は中身よりも話し方
第6章 顔の細い社長の会社は業績が悪い
第7章 なぜ子供は選挙の当落を当てられるのか?

卒アルは第3章ですね。
第1章や第4章、第6章なんかも面白かったですよ。

これを読んだ後だと、人に会うたびに顔を凝視してしまいます(笑)

ただ、注意しないといけないのは、やっぱりこれって元はアメリカの本なので、出てくる事例がアメリカンなんですよね。
卒アルや証明写真のような、「ちゃんとした写真」に対する意識には、多少、文化的な部分が出ると思うので、そのまま日本人には当てはまりにくいっていうのはあります。

が、やっぱり第一印象の力を見直すきっかけにはなりました。
この本を読んだ後ちょっと思い出したことがありまして。
昔、離婚を経験した女の先輩が、自身の経験をふまえて、
「結婚するならね、やっぱり最初に出会った時に ん!? と思う所が、少しでもあったら、それはダメだわ~」
っていうアドバイスをくれたことがあったんですよね。
その時は(そんな事言ってたら、永遠に結婚できないよ・・・)なんて思っていましたが、この本を読んで、そういうことかぁ~・・・と妙に納得・・・。



ブログランキング・にほんブログ村へ
 
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

【2016/12/28 08:28】 | 読書感想
【タグ】 読書    感想  
トラックバック(0) |

Re:
あけぼう
misachi68さん、いらっしゃい( ´ ▽ ` )ノ

ちゃんと学問としての研究の結果だから、占いとかより信用あるもんねぇ。
確かにミサさんの方が、職業的に不特定多数と接するから、判断材料があれば助かるよね。
これを読んでから、今までの迷惑客とか思い返したら、案外見た目の共通点にハマるかもよ〜?



misachi68
なるほど〜気になるわぁ。
販売員なので、顔で判断できればもっと楽なのに、
たいてい予想とは違う雰囲気の人だったりするんですよ。
全然見抜けないんだよねw

数年前、ウチのムスコとムスメが卒アル見てて、
「この子友達少なそうな感じ」
「学校来なくなった子」
などと写真だけ見て不登校の子を当てていたのが
不思議でした。
やっぱり顔にあらわれてるんだね。




コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re:
misachi68さん、いらっしゃい( ´ ▽ ` )ノ

ちゃんと学問としての研究の結果だから、占いとかより信用あるもんねぇ。
確かにミサさんの方が、職業的に不特定多数と接するから、判断材料があれば助かるよね。
これを読んでから、今までの迷惑客とか思い返したら、案外見た目の共通点にハマるかもよ〜?
2016/12/30(Fri) 20:35 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
なるほど〜気になるわぁ。
販売員なので、顔で判断できればもっと楽なのに、
たいてい予想とは違う雰囲気の人だったりするんですよ。
全然見抜けないんだよねw

数年前、ウチのムスコとムスメが卒アル見てて、
「この子友達少なそうな感じ」
「学校来なくなった子」
などと写真だけ見て不登校の子を当てていたのが
不思議でした。
やっぱり顔にあらわれてるんだね。


2016/12/28(Wed) 21:02 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック