「ランボー怒りの改新」読んだよー



ある夏、ひとりの青年が斑鳩の里にフラリと現れた。泥沼のベトナム戦争を強引に継続する蘇我氏に対し、あの男が怒りの鉄槌を下す。律令国家日本の誕生を大胆に再解釈する表題作「ランボー怒りの改新」。おバカな中学生男子3人組と、ミステリアスな同級生・佐伯さん。誰にでも訪れる新緑の季節、そのひとコマを鮮やかに切り取った「佐伯さんと男子たち1993」。生駒山中に山荘を構える、仙人のごとき謎の老人。彼の元を訪れた乙女が語る、奇想天外な奈良風『千一夜物語』の行き着く先は…?(「ナラビアン・ナイト」)。そして、作家を目指す浪人生・前野弘道と、彼のもとに舞い降りた小説の女神・佐伯さんを巡る追想記「満月と近鉄」。いずれも古都・奈良を舞台とする、驚天動地の傑作4編を収録。異形の新人・前野ひろみち、ここに衝撃デビュー!



このタイトルからしてもう読まずにはいられないですよね~。
で、短編が4つ入っているわけなんですが、短編って実はものすごく久しぶりです。
面白くてパピッときれいに終わるお話が4つも入って、すごくお得な気がする本です。
森見登美彦さんに似た感じの作風ですが、確かにあの方の本が好きな人は、この本も好きだと思われます。
でも、あの独特の言い回しよりはアッサリしていて、古風な難しい言葉遣いはほとんどないと思います。
三輪そうめん(←奈良だけに)のように、つるつると入ってくる文体だと感じました。
でも、ちゃんと説得力があるんですよね。
「ランボー」なんて、ツッコミを入れる間もなく、あれよあれよと読み進めて気が付いたら大化の改新が成立してましたし(笑) 
このサッと素早くやらかす感じ、これは短編ならではじゃないですかね。
見事にしてやられたって感じですw

問題は作者の次回作なんですが、「ランボー」や「ナラビアン・ナイト」っぽい話はもうやらないような気がするので、「佐伯さん」や「満月と近鉄」のような方向に行くのかな~なんて予想。
でも、書いてくれるのか、そこが心配。
なんせ、本業が別にちゃんとある方なので・・・。


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト

| 読書感想 | コメント(4)

コメント

Re: あの〜


広報ミヨッたんさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ


わははwww
でも、モナカ文のほうが、
きっと純文学っぽいっていうか・・・
きっと高尚だと思いますよ。

2016年|11月|11日|17:01 |from あけぼう| URL

あの〜


三輪そうめんのように
つるつる入ってくる文体w
わかりやすい表現ですね。
もし逆だったら
もなかの皮のように
口にへばりつく文体、とかでしょうか。

2016年|11月|11日|15:14 |from 広報ミヨったん| URL

Re: タイトルなし


misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

本の厚さもそれほどない上に、短編が4つも入ってるんで、
本当に、あっさり読み終えちゃいますよ!
気に入っても、気に入らなくても、絶対最後まで読めると思いますw
森見さんとも対談されていて、ネットで読めますよ~。

2016年|11月|10日|16:45 |from あけぼう| URL


あ、このタイトル見覚えがあるかも。
そうか、内容はそんな感じならきっと私も好きかも〜!!
さっそく...((φ( ̄ー ̄〃)ノ□、 メモメモ♪

いつもありがとうございます!

2016年|11月|10日|16:18 |from misachi68| URL

非公開コメント

トラックバック

本『ランボー怒りの改新』

気になっていた短編集をようやく読みましたw 森見登美彦氏、激怒――?! 私の奈良を返してください! さすがにこれはいかがなものか! ある夏、ひとりの青年が斑鳩の里にフラリと現れた。 泥沼のベトナム戦争を強引に継続する蘇我氏に対し、あの男(傍点振る)が怒りの鉄槌を下す。律令国家日本の誕生を大胆に再解釈する表題作「ランボー怒りの改新」。 おバカな中学生男子三人組と...

2016年|12月|04日|21:43| from よくばりアンテナ

http://bonryo.blog6.fc2.com/tb.php/1594-2a15de25