おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
尾道にある浄土寺に来ています。



本堂を拝観して秘仏を拝んできたので、あとは境内を見て回っています。



阿弥陀堂。南北朝時代の建物だそうです。



多宝塔。こちらも鎌倉時代のもので国宝だそう。
このくびれがステキ。



境内にはこのようにたくさんの石仏があるんですが・・・



この仏様、かわいすぎない?
もともとはしっかり彫られていたんでしょうけど、風化の妙みたいなかんじで、一番のお気に入りです。



多宝塔のたもとに、こんな矢印が。
「平山奉行の墓」・・・????



上に、立派そうなものが建っています。
この時、平山奉行になんら興味がわかずスルーしてしまったんですが、後になって調べたら、尾道の名誉市民第一号らしいですね。
第13代広島藩尾道奉行平山角左衛門。
当時の尾道は、港としてのキャパが頭打ちになっていて、そのうえで近隣の鞆の浦との競合などもあって、ちょっと停滞していたらしいんですが、平山奉行が手腕を発揮、港の拡張工事をしたり、行政として色んな支援をしたことによって、また栄えたらしいんです。それで名奉行として今も称えられているんだそう。
しかも、夏の風物詩として、このあたりでは有名な「おのみち住吉花火まつり」。

公式HPの挨拶文に、こう書いてありました。

『おのみち住吉花火まつり』は、元文5年(1740年、江戸中期)に尾道の町奉行に着任された町奉行(平山角左衛門)が、翌年の寛保元年(1741年)に住吉浜を築造され、尾道浄土寺境内にあった住吉神社をこの住吉浜に移して港の守護神とした、平山奉行の功績を称えるためと、住吉浜の問屋の旦那衆が商売の繁盛と海上交通の安全を願って、江戸中期頃から始められたもので、西の両国花火とさえ云われた華やかな花火まつりです。

意外!この住吉花火まつりは今でも近隣で最も有名な花火大会だったりするので、あけぼうも何度か来たことありますが、そんな由来があるなんて知らなかった―!



多宝塔の裏側には、神社がありました。
丹生高野大明神



うんうん、真言宗のお寺だけに。
そして、ここでとても嬉しい事がありました。

この社殿の横には(写真は撮ってないですが)稲荷様のお社もあったんですよ。
んで、そこもちゃんと参拝しまして、一礼のあと頭を上げたその時。

お社の屋根の、すぐ後ろの山の木々がそよ風でザザーッと揺れたかと思うと、

ぱちーん!

と音がして、目の前の足元まで

どんぐりがコロコロと転がってきました・・・。



なんということでしょう。目に見える形でのご利益ですw
これ、絶対ありがたいモノだと思うので、今もお守りとして持ってます。
なんか、来てよかった。


浄土寺の御朱印♪




ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事


追記を閉じる▲



阿弥陀堂。南北朝時代の建物だそうです。



多宝塔。こちらも鎌倉時代のもので国宝だそう。
このくびれがステキ。



境内にはこのようにたくさんの石仏があるんですが・・・



この仏様、かわいすぎない?
もともとはしっかり彫られていたんでしょうけど、風化の妙みたいなかんじで、一番のお気に入りです。



多宝塔のたもとに、こんな矢印が。
「平山奉行の墓」・・・????



上に、立派そうなものが建っています。
この時、平山奉行になんら興味がわかずスルーしてしまったんですが、後になって調べたら、尾道の名誉市民第一号らしいですね。
第13代広島藩尾道奉行平山角左衛門。
当時の尾道は、港としてのキャパが頭打ちになっていて、そのうえで近隣の鞆の浦との競合などもあって、ちょっと停滞していたらしいんですが、平山奉行が手腕を発揮、港の拡張工事をしたり、行政として色んな支援をしたことによって、また栄えたらしいんです。それで名奉行として今も称えられているんだそう。
しかも、夏の風物詩として、このあたりでは有名な「おのみち住吉花火まつり」。

公式HPの挨拶文に、こう書いてありました。

『おのみち住吉花火まつり』は、元文5年(1740年、江戸中期)に尾道の町奉行に着任された町奉行(平山角左衛門)が、翌年の寛保元年(1741年)に住吉浜を築造され、尾道浄土寺境内にあった住吉神社をこの住吉浜に移して港の守護神とした、平山奉行の功績を称えるためと、住吉浜の問屋の旦那衆が商売の繁盛と海上交通の安全を願って、江戸中期頃から始められたもので、西の両国花火とさえ云われた華やかな花火まつりです。

意外!この住吉花火まつりは今でも近隣で最も有名な花火大会だったりするので、あけぼうも何度か来たことありますが、そんな由来があるなんて知らなかった―!



多宝塔の裏側には、神社がありました。
丹生高野大明神



うんうん、真言宗のお寺だけに。
そして、ここでとても嬉しい事がありました。

この社殿の横には(写真は撮ってないですが)稲荷様のお社もあったんですよ。
んで、そこもちゃんと参拝しまして、一礼のあと頭を上げたその時。

お社の屋根の、すぐ後ろの山の木々がそよ風でザザーッと揺れたかと思うと、

ぱちーん!

と音がして、目の前の足元まで

どんぐりがコロコロと転がってきました・・・。



なんということでしょう。目に見える形でのご利益ですw
これ、絶対ありがたいモノだと思うので、今もお守りとして持ってます。
なんか、来てよかった。


浄土寺の御朱印♪




ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

FC2blog テーマ:神社仏閣 - ジャンル:写真

【2016/11/22 17:06】 | 尾道
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんだ!聖徳太子像なかなか良かったでしょ?
今番組のHPを見たんだけど、
その前の回の明王院…歩いて行けますw


玉坂めぐる 
いま、たったいま
BS朝日の「百寺巡礼」って五木寛之先生の
番組で、ここのお寺の紹介やってます。
見てます。
どんぐりころころ♪ びっくりこ。


Re: タイトルなし
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよ、今年もう終わるじゃん…w
しかも今のところ、大して良い事無かったような気がするんですけどw
むしろブルーになりがちだったですけどw
あ、神々に励まされてんのかな、もしかして。
(;´∀`)ドンマーイ

Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

尾道水道を舞台に、
船なんかも出て、なかなか素敵な花火大会なんですよ~。

どんぐりは、ビックリするくらいのタイミングで。
いや~びっくりしました。
神社に行くと、たまに不思議で愉快な事が起きます。
それでついつい、
また遊びに行ってしまう…みたいなとこあります(笑)


小々次郎
天石門別神社の光の虹とか このどんぐりといい 手相にもそうでていますし 今年はいいことあるんじゃないですかぁ   もう終わるけど^^



misachi68
やっぱり地元の人たちのために働く偉い人っていらっしゃるのね〜〜
由緒ある花火大会ですね〜

どんぐりはきっとあけぼうさんの願いを聞いてくれた証だよね!!
すごいな〜神様はいるんだなと思えちゃうよね(*´∀`*)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんだ!聖徳太子像なかなか良かったでしょ?
今番組のHPを見たんだけど、
その前の回の明王院…歩いて行けますw
2016/11/25(Fri) 09:54 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
いま、たったいま
BS朝日の「百寺巡礼」って五木寛之先生の
番組で、ここのお寺の紹介やってます。
見てます。
どんぐりころころ♪ びっくりこ。
2016/11/24(Thu) 21:37 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
Re: タイトルなし
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよ、今年もう終わるじゃん…w
しかも今のところ、大して良い事無かったような気がするんですけどw
むしろブルーになりがちだったですけどw
あ、神々に励まされてんのかな、もしかして。
(;´∀`)ドンマーイ
2016/11/24(Thu) 17:45 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
Re: タイトルなし
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

尾道水道を舞台に、
船なんかも出て、なかなか素敵な花火大会なんですよ~。

どんぐりは、ビックリするくらいのタイミングで。
いや~びっくりしました。
神社に行くと、たまに不思議で愉快な事が起きます。
それでついつい、
また遊びに行ってしまう…みたいなとこあります(笑)
2016/11/24(Thu) 17:38 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
天石門別神社の光の虹とか このどんぐりといい 手相にもそうでていますし 今年はいいことあるんじゃないですかぁ   もう終わるけど^^
2016/11/24(Thu) 10:50 | URL  | 小々次郎 #-[ 編集]
やっぱり地元の人たちのために働く偉い人っていらっしゃるのね〜〜
由緒ある花火大会ですね〜

どんぐりはきっとあけぼうさんの願いを聞いてくれた証だよね!!
すごいな〜神様はいるんだなと思えちゃうよね(*´∀`*)
2016/11/23(Wed) 20:23 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック