「うわさの神仏」読んだよ~

 

神社仏閣に行くと興奮し、オカルトや宗教の話が大~好き!という“神仏ゴシップ芸能記者”加門七海。第一部は、古事記の神々から七福神、鬼・妖怪までを大胆不敵に爼上に載せた、神仏・オカルトうわさ話。第二部は、日本全国の“祟る?”“出る?!”の現場を訪ね歩いた、肝試し、いえ、命がけの突撃ルポ。読めばあなたも神や仏と仲良しに!怖くて笑える、超異色エッセイ。




この作者の「霊能動物館」が非常に気に入ってしまい、
他の作品も、ということで読んでみました。
この表紙からしてもうツボ。
「霊能動物館」より、もっとエッセイらしく軽めの文章で書かれていて、
(だいぶ前に出版されたものなので、ちょっとノリが古いとこあるんですけど)
こちらから入っていく方がむしろ良いかも。

個人的に、神仏や聖地に対する作者の姿勢がバランス良くて好きです。
先輩!って言いたいくらい(笑)
基本的には超ミーハーなところや(←ここ大事)
それでいて神仏に失礼の無いように心がけているところ。
内容的には心霊現象なんかもバッチリ取り扱っているけれども、
まずは歴史や民俗学的な思考で捉えるところから入っていくし、
決してスピリチュアルにどっぷり浸かったあぶない人…って感じじゃないんですよね。

ちゃんと冷静な目線があって、そこが良いです。

作者の出雲での体験は、自分もよく行く場所だけにドキドキしてしまいました。
似たような経験をしているので妙に親近感をいだいたりして・・・。
そう、出雲の神様は意思表示がわりと目に見える形なのよね・・・。
あと台湾占いツアーめっちゃ羨ましい・・・。

これを読んでしまうと、また行きたいところが増えるなあ(笑)

  
でもまだ其の参は読めてなくて 其の二までです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト

| 読書感想 | コメント(4)

コメント

Re: タイトルなし


玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうでしょ、惚れるwww
すごく良い表紙だと思いますw

2016年|09月|13日|09:28 |from あけぼう| URL


「や☆」って、手ぇあげて・・・
恐縮だけど、こっちも応えちゃうねww
神様素敵♪

2016年|09月|12日|14:33 |from 玉坂めぐる | URL 【編集】

Re: タイトルなし


misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あーそうかもしれない。
ぶっちゃけ寺みたいなTVってひと昔前だったら、
あまり視聴率とれなかったかもしれないし、
お坊さんたちにしても
今みたいにノリノリでTVに出てくれなかっただろうし。
そういう時代になったんだねぇ。

2016年|09月|07日|18:39 |from あけぼう| URL


なるほど〜〜面白そう!
スピリチュアルにどっぷりじゃないっていうのがいいですわ〜
最近、『ぶっちゃけ寺』もそんな感じですよね。
神仏って、案外親しみやすいって教えてくれそうです。

2016年|09月|07日|08:25 |from misachi68| URL

非公開コメント

トラックバック

『うわさの神仏 其ノ二』

加門七海 『うわさの神仏 其ノ二』(集英社文庫)、読了。 神仏ご訪問エッセイの第2弾です。 前回は、ハイテンションぶりが目に余ったのですが、 今回はすんなりと読み進められました。 むしろ、加門流神仏の楽しみ方みたいなものが伝わってきて、 うっすらホラー要素は怖いのですが、基本的にはワクワク楽しめました。 著者の神仏もしくは霊的なものに向き合うスタンスが それぞれの訪...

2016年|09月|06日|21:20| from 観・読・聴・験 備忘録

http://bonryo.blog6.fc2.com/tb.php/1581-b59dd0f4