FC2ブログ
おでかけブログ。ご朱印を集めてます。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
福井県敦賀市の氣比神宮二来ております。
続きです。

本殿の横には、摂末社があります。
境内図には「九社の宮」とあります。


≪一つ一つの宮の説明はクリックで拡大≫



こんなかんじにずらーっと。
ちゃんと一つ一つお参りしましたよ♪




そして、九社の奥には2つのお宮が。
「神明社」といって、そのご祭神は天照皇大神(内宮)、豊受大神(外宮)だそうです。

そしてそして!
境内の中ではあるのですが、本殿とは駐車場を挟んで、なぜか離れた場所にも摂社があります。



それがこちら。



角鹿(つぬが)神社です。


≪クリックで拡大≫

ご祭神は、都怒我阿羅斯等命(つぬがあらしとのみこと)

実は前日の夜、敦賀入りした時に、敦賀駅前を歩いたんですよ。
そしたら、角髪(みずら)を結った古代の神様っぽい銅像がバーンと建ってましてね。
なにげに珍しいでしょ?駅前に古代の人の銅像。
ふつうは戦国武将とかが多いじゃないですか。

なので、「いったい、だれ?」と思って銅像に近づいたところ、この「ツヌガアラシトノミコト」様だったんですね。
しかも漢字で書いてあって、「都怒我阿羅斯等」(つぬがあらしと)。よめなーいw
意富加羅国(大加耶/大加羅)の王子で、地名「敦賀(つるが)」の由来の人物だそうです。




ツヌガアラシトノミコト、ちょっとググッてみただけでも、いろいろ諸説あって調べたら深そうでした。
額から角が生えていた!っていう伝承もあるらしく、角?鬼?桃太郎?とかワクワクしたりw

で、神社の説明ではこの地を治めることになって、この場所が政務所の跡だったとか。



この狛犬さんは前歯が鋭いね・・・。




その隣には伊弉冊尊を祀った兒宮(児宮・このみや)と、
大己貴命、合祀に稲荷神・金刀比羅神を祀った大神下前神社という末社があります。
といっても立派。


境内には松尾芭蕉が来て句を詠んだらしく、句碑も建ってました。
盛りだくさん過ぎる~。



さらに陸軍から寄贈されたという、ユーカリの木まで!


さすが北陸道総鎮守だけあって、歴史が古くて、
古代・南北朝・松尾芭蕉・ユーカリ・桃太郎と、色々なところをカバーしてますね。
興味が広がってしまいました。
しかし、それゆえに御朱印を貰えなかったのがますます痛いです。

また来よう。



ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲



そして、九社の奥には2つのお宮が。
「神明社」といって、そのご祭神は天照皇大神(内宮)、豊受大神(外宮)だそうです。

そしてそして!
境内の中ではあるのですが、本殿とは駐車場を挟んで、なぜか離れた場所にも摂社があります。



それがこちら。



角鹿(つぬが)神社です。


≪クリックで拡大≫

ご祭神は、都怒我阿羅斯等命(つぬがあらしとのみこと)

実は前日の夜、敦賀入りした時に、敦賀駅前を歩いたんですよ。
そしたら、角髪(みずら)を結った古代の神様っぽい銅像がバーンと建ってましてね。
なにげに珍しいでしょ?駅前に古代の人の銅像。
ふつうは戦国武将とかが多いじゃないですか。

なので、「いったい、だれ?」と思って銅像に近づいたところ、この「ツヌガアラシトノミコト」様だったんですね。
しかも漢字で書いてあって、「都怒我阿羅斯等」(つぬがあらしと)。よめなーいw
意富加羅国(大加耶/大加羅)の王子で、地名「敦賀(つるが)」の由来の人物だそうです。




ツヌガアラシトノミコト、ちょっとググッてみただけでも、いろいろ諸説あって調べたら深そうでした。
額から角が生えていた!っていう伝承もあるらしく、角?鬼?桃太郎?とかワクワクしたりw

で、神社の説明ではこの地を治めることになって、この場所が政務所の跡だったとか。



この狛犬さんは前歯が鋭いね・・・。




その隣には伊弉冊尊を祀った兒宮(児宮・このみや)と、
大己貴命、合祀に稲荷神・金刀比羅神を祀った大神下前神社という末社があります。
といっても立派。


境内には松尾芭蕉が来て句を詠んだらしく、句碑も建ってました。
盛りだくさん過ぎる~。



さらに陸軍から寄贈されたという、ユーカリの木まで!


さすが北陸道総鎮守だけあって、歴史が古くて、
古代・南北朝・松尾芭蕉・ユーカリ・桃太郎と、色々なところをカバーしてますね。
興味が広がってしまいました。
しかし、それゆえに御朱印を貰えなかったのがますます痛いです。

また来よう。



ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2016/08/31 16:35】 | 福井県
【タグ】 福井県  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

確かに桃太郎さんのみずらヘアも、
直接はどうか分かんないけど、
イメージが引っ張られたというのはあるかもしれないよね。
みずらの「角髪」って字もこうなってくると深いよね・・・。
江戸時代の人、なんかそういう「誤解」、積極的にノリノリでやりそうだもんなあ。
ぬつがあらしとのみこと には角が生えてた的な伝説もそういうところから…。
で、逆にそこから桃太郎伝説にリンクしていって…。
なんだかいろいろ妄想が広がるよね。

そもそもみずらって日本原産のヘアスタイルだと思ってたんだけど。
埴輪とか・・・。
なんで古代朝鮮の人物らしき、つぬがあらしとのみこと がしてるのかも不思議。
ていうか つぬがあらしとのみこと の当て字もまた暴走族的センスで素敵です。


Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

確かにシンプルに読んだら「あつが」だよねえ。
角鹿も確かに当て字っぽい。
ツヌガアラシト、って音として
任那っぽさみたいなのがあるのかな~・・・。
案外当て字の「字」にも意味があったりするのかな。
地名っていろいろ隠されてるんだね、面白いなあ。


玉坂めぐる 
おお、先ほどの「桃太郎神像」が、みずらヘアに結ってることも関係あるんだろうかあ(^^)

角髪(みずら)って書くんだねーそういえばー。そんで角(つの)かな? ひょっとして。。。だけど、古文書の誤読とか、関係ないかなー。
こういうのって自分レベルの低次元で考えちゃう悪い癖があるんだけど(^^)…古くから伝わる漢字ばかりの古文書を江戸期ぐらいの人が見ていると「角髪」の文字から、「鬼っぽい角」が、むくむく出てきちゃうの、ありそうな気がしてならないです。
自論ですが「誤解は文化だ」と思うんで、これまた勝手に誤解してニヤニヤしていい?
盛りだくさんが大好きなお社みたいだから、そんな自分も許してもらえそう。。。ってまた誤解する。(^へ^:)


misachi68
なるほど〜〜
敦賀って、変な読ませ方する地名だなって思ってたんだよね。
当て字だったってわけですね。
角鹿も当て字っぽいけれども。

読めない変な地名にはこういうパターンもあるんだねぇ。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

確かに桃太郎さんのみずらヘアも、
直接はどうか分かんないけど、
イメージが引っ張られたというのはあるかもしれないよね。
みずらの「角髪」って字もこうなってくると深いよね・・・。
江戸時代の人、なんかそういう「誤解」、積極的にノリノリでやりそうだもんなあ。
ぬつがあらしとのみこと には角が生えてた的な伝説もそういうところから…。
で、逆にそこから桃太郎伝説にリンクしていって…。
なんだかいろいろ妄想が広がるよね。

そもそもみずらって日本原産のヘアスタイルだと思ってたんだけど。
埴輪とか・・・。
なんで古代朝鮮の人物らしき、つぬがあらしとのみこと がしてるのかも不思議。
ていうか つぬがあらしとのみこと の当て字もまた暴走族的センスで素敵です。
2016/09/01(Thu) 17:49 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
Re: タイトルなし
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

確かにシンプルに読んだら「あつが」だよねえ。
角鹿も確かに当て字っぽい。
ツヌガアラシト、って音として
任那っぽさみたいなのがあるのかな~・・・。
案外当て字の「字」にも意味があったりするのかな。
地名っていろいろ隠されてるんだね、面白いなあ。
2016/09/01(Thu) 17:34 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
おお、先ほどの「桃太郎神像」が、みずらヘアに結ってることも関係あるんだろうかあ(^^)

角髪(みずら)って書くんだねーそういえばー。そんで角(つの)かな? ひょっとして。。。だけど、古文書の誤読とか、関係ないかなー。
こういうのって自分レベルの低次元で考えちゃう悪い癖があるんだけど(^^)…古くから伝わる漢字ばかりの古文書を江戸期ぐらいの人が見ていると「角髪」の文字から、「鬼っぽい角」が、むくむく出てきちゃうの、ありそうな気がしてならないです。
自論ですが「誤解は文化だ」と思うんで、これまた勝手に誤解してニヤニヤしていい?
盛りだくさんが大好きなお社みたいだから、そんな自分も許してもらえそう。。。ってまた誤解する。(^へ^:)
2016/09/01(Thu) 12:57 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
なるほど〜〜
敦賀って、変な読ませ方する地名だなって思ってたんだよね。
当て字だったってわけですね。
角鹿も当て字っぽいけれども。

読めない変な地名にはこういうパターンもあるんだねぇ。
2016/08/31(Wed) 20:10 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック