福井県☆氣比神宮2

敦賀市の氣比神宮に来ております。
続きです。



旗揚松だそうです。背の高い立派な松。



あけぼう、日本史の中で南北朝時代が一番よく分かってないんですけど(;´∀`)
なるほど、氣比神宮は後醍醐天皇を奉じて頑張ったわけなんですね。
(よく分かってない人の感想)



第二の鳥居をぬけると、拝殿が見えます。




【ご祭神】
伊奢沙別命(いざさわけのみこと)
仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)
神功皇后(じんぐうこうごう)
応神天皇(おうじんてんのう)
日本武尊(やまとたけるのみこと)
玉姫命(たまひめのみこと)
武内宿禰命(たけのうちのすくねのみこと)

北陸道総鎮守といわれて、朝廷から重要視されていたというだけあって、ご祭神が沢山いらっしゃるなあ。
早朝過ぎたので、こちらでもご朱印は頂けなかったんですが(残念)
でも、すごく面白い写真がありました。



(ちょっと見えづらいのですが)
この神社は太平洋戦争時に一度焼失したそうなのですが、上の写真は焼失してしまう前の社殿の一部だそうです。
白黒写真のうえ、小さくて申し訳ない。


ずーむ。


≪クリックで拡大≫

桃の中から、陣羽織を着た、神様的な像が立ってるのが見えましたでしょうか。

虹梁にこんな彫刻があったんだそうです。
これが桃太郎の由来に違いないぞと言う事で、神社には桃太郎神像のお守りがあるそうです。
(下の写真がそれですね)
あまり、岡山でもこういうカタチのものは見たことないかも。
早朝過ぎて授与所が開いてなくて、御朱印と同じく、これもゲットできませんでしたが・・・( ;∀;)



ここは改めてまた来なきゃなるまい・・・。
この地に残る桃太郎伝説が、具体的にどういったものなのか、軽く調べたくらいではよく分からなかったのですが。
しかし彫刻という物的証拠があるからには、なにかしらあるんでしょう。
そもそも、桃は古代では霊的な果実だったというし、ここの神様は食べ物の神様だし。



しかし調べていくと、このあたりの古代の歴史もいろいろ面白そうです。
越の国かぁ・・・。
無色透明な県だった福井県がどんどん面白くなっていくなあ。


つづく。


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ここの桃太郎さんはオリジナル感がすごいあるんですよね~。
欲しかったですわ~。
岡山にもないよこんなの。
ホント、会議の様子がみてみたい。
ちゃんと、由来とか伝説とかを盛り込みつつ・・・みたいな。
楽しそうだなあ。うふふ。

焼けてしまった桃太郎さんは
陣羽織でポニーテールっぽいけど
2000円の桃太郎さんは
ツインテールですね。
桃はまだ熟れてないのかな、緑です。
すごく可愛い。
生まれてすぐに「ぼく神様だよ」って
わかる服装にしたのかな(^^)
こういうのの商品(?)開発会議
どんな感じなのかなあ。うふふ。

Re: タイトルなし

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

わくわくするよねー。
桃太郎や浦島太郎っていろんな所に伝説があるっていうのは
聞いたことがあるけど、ここがそうだとは全然知りませんでした。
ネットで調べてみたけど詳しい事はホントよくわかんないw
なにやら、女の人(乙姫)を、漁師(浦島太郎)が
船で送り届けた…とかなんとか・・・がモトの話みたい。
図書館でも関係の書籍ないかなぁと思って見てみたんだけど
やっぱり全然取扱いが無くって(;´∀`)
自力で調べるのは無理っぽい・・・。

え〜北陸に桃太郎に何かの由来があるかもって、
ワクワクするわ〜〜

ま、島とかこの辺りにもあるから
鬼ヶ島っぽい島もあるんじゃないかな。
プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女(毒)
血液型:A型
住 居:広島県
特 徴:ご朱印女子...
近 況:
Instagram(別名)

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
RSSリンクの表示
あけぼうの木
FC2カウンター
フリーエリア