おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
2016年、福井県に来ています。
平泉寺白山神社の境内を歩いています。続きです。



二の鳥居が見えてきました。



普通の鳥居とは違って、三角の屋根が真ん中に乗っかった、独特の鳥居です。
このカタチ、めちゃくちゃ珍しい鳥居らしいですよ。
この先に拝殿があります。



周囲は緑緑しぃ・・・。



拝殿です。
今はこんなふうですが、一向一揆で焼失する前は京都の三十三間堂より大きな建物(!)だったらしいです。



この中に、貴重な絵馬が沢山納められているそうです。
例の、毎夜絵馬から飛び出しては、田畑を荒らす困った馬の絵馬も、この中にあるはず・・・
それにしても閉まってるとは思わなかったw
見られないのはちょっと残念・・・。



拝殿の奥、すこし行くと、御本社がありました。



1795年(寛政7年)に第12代福井藩主松平重富により再建されたものだそうです。



当時はかなり壮麗だったみたいです。
その片鱗は今でも見ることができました。



この彫刻すごい。



とくに、この龍がステキ。




建物の壁面もこんな感じです。



豪華~。
ちなみにこの本社の扉は33年に一度しかあけられないそうです。
次に扉が開けられるのは、2025年(平成37年)です。えーっ!
えーと、その時いくつになってるんだっけ・・・w こわ~。

で、その御本社の左には、



大汝社といって大己貴尊(おおなむちのみこと)をお祭りしているお社です。



右側には別山社といって天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと)をお祀りしています。

大己貴尊は大国主命のことです。
天忍穂耳尊とは、天孫降臨した瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)のパパです。

御本社とこの2つのお社の3社で白山を構成している3つの山をあらわしているそうです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事


追記を閉じる▲



普通の鳥居とは違って、三角の屋根が真ん中に乗っかった、独特の鳥居です。
このカタチ、めちゃくちゃ珍しい鳥居らしいですよ。
この先に拝殿があります。



周囲は緑緑しぃ・・・。



拝殿です。
今はこんなふうですが、一向一揆で焼失する前は京都の三十三間堂より大きな建物(!)だったらしいです。



この中に、貴重な絵馬が沢山納められているそうです。
例の、毎夜絵馬から飛び出しては、田畑を荒らす困った馬の絵馬も、この中にあるはず・・・
それにしても閉まってるとは思わなかったw
見られないのはちょっと残念・・・。



拝殿の奥、すこし行くと、御本社がありました。



1795年(寛政7年)に第12代福井藩主松平重富により再建されたものだそうです。



当時はかなり壮麗だったみたいです。
その片鱗は今でも見ることができました。



この彫刻すごい。



とくに、この龍がステキ。




建物の壁面もこんな感じです。



豪華~。
ちなみにこの本社の扉は33年に一度しかあけられないそうです。
次に扉が開けられるのは、2025年(平成37年)です。えーっ!
えーと、その時いくつになってるんだっけ・・・w こわ~。

で、その御本社の左には、



大汝社といって大己貴尊(おおなむちのみこと)をお祭りしているお社です。



右側には別山社といって天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと)をお祀りしています。

大己貴尊は大国主命のことです。
天忍穂耳尊とは、天孫降臨した瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)のパパです。

御本社とこの2つのお社の3社で白山を構成している3つの山をあらわしているそうです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

FC2blog テーマ:国内旅行記 - ジャンル:旅行

【2016/07/28 17:08】 | 福井県
【タグ】 福井県  
トラックバック(0) |

Re:
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ですよね、三十三間堂サイズがこんな山に建ってたとは!消失前の伽藍って相当凄かったんだろうな~。
このお寺はこの時期ホントに苔や緑が綺麗でしたよー♡
カメラで苔の写真とってる人がチラホラいました。苔と根っこの地面に木漏れ日がかかって、幻想的な写真が撮れそうなんですが、いかんせん、あけぼうの腕ではムリでした( •́ .̫ •̀ )


misachi68
三十三間堂よりも大きかったっていうのが想像つかないけれど、そんなに立派だったんですね。
壁面もすごく綺麗〜
こうなったら2025年に開かれるのを待ってみたくなりますねぇ。
9年後ですね。
意外にイメージできそうな年齢だと思うw

Re: NoTitle
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

壁が珍しいよねえ。
色が無くなってても豪華さが伝わります☆
霊獣たちはなんだろ、本当なら人のとどかない天空とかで優雅にしていればいいのに。
きっとそれだけじゃつまんなくて、つい人間界に出てきてちょっかい出しちゃうのかな。
教室で調子に乗りすぎて怒られて廊下に立たされても全然懲りてなくて、またおちゃらけて怒られる…みたいなタイプの子たちなのかもしれないですな、霊獣界では。
「あいつ~またやってるよ~wバカだな~www」
みたいに言われてたりしてw

NoTitle
玉坂めぐる 
おおお、見事な木彫☆。素敵です。
拝殿のサイズが小さくなっちゃった悲しみをこの彫りに込めに込めた感じかもしれませんね~。
壁まで浮彫なのは、珍しいんじゃないのかな。
建物の装飾って綺麗に色付けしても時間経過で消えるから、板塀も彫るっていうのはいい考えですね。(^^)b
暴れる絵馬ですか。見たいねえ。
そういえば埼玉の秩父で、暴れる龍の彫刻を鎖でくくってあるのを見たことがあります。
まあ、ちょいちょいやらかすらしいね(^へ^)
霊獣連中ってばww

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re:
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ですよね、三十三間堂サイズがこんな山に建ってたとは!消失前の伽藍って相当凄かったんだろうな~。
このお寺はこの時期ホントに苔や緑が綺麗でしたよー♡
カメラで苔の写真とってる人がチラホラいました。苔と根っこの地面に木漏れ日がかかって、幻想的な写真が撮れそうなんですが、いかんせん、あけぼうの腕ではムリでした( •́ .̫ •̀ )
2016/07/30(Sat) 10:36 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
三十三間堂よりも大きかったっていうのが想像つかないけれど、そんなに立派だったんですね。
壁面もすごく綺麗〜
こうなったら2025年に開かれるのを待ってみたくなりますねぇ。
9年後ですね。
意外にイメージできそうな年齢だと思うw
2016/07/29(Fri) 20:38 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
Re: NoTitle
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

壁が珍しいよねえ。
色が無くなってても豪華さが伝わります☆
霊獣たちはなんだろ、本当なら人のとどかない天空とかで優雅にしていればいいのに。
きっとそれだけじゃつまんなくて、つい人間界に出てきてちょっかい出しちゃうのかな。
教室で調子に乗りすぎて怒られて廊下に立たされても全然懲りてなくて、またおちゃらけて怒られる…みたいなタイプの子たちなのかもしれないですな、霊獣界では。
「あいつ~またやってるよ~wバカだな~www」
みたいに言われてたりしてw
2016/07/29(Fri) 17:37 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
NoTitle
おおお、見事な木彫☆。素敵です。
拝殿のサイズが小さくなっちゃった悲しみをこの彫りに込めに込めた感じかもしれませんね~。
壁まで浮彫なのは、珍しいんじゃないのかな。
建物の装飾って綺麗に色付けしても時間経過で消えるから、板塀も彫るっていうのはいい考えですね。(^^)b
暴れる絵馬ですか。見たいねえ。
そういえば埼玉の秩父で、暴れる龍の彫刻を鎖でくくってあるのを見たことがあります。
まあ、ちょいちょいやらかすらしいね(^へ^)
霊獣連中ってばww
2016/07/29(Fri) 12:28 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック