福井県☆永平寺2

2016年5月。
福井県・永平寺に来ております。



立派です、立派。



たくさんのお堂が、廊下とこんなかんじの階段でつながっています。
永平寺は修行中の僧侶の方もおられ、たまに普通にすれ違ったりもします。
修行僧と出くわすと、やっぱり「おおお~」と思っちゃいますよね。
あけぼうは永平寺というと、以前なにかのTVで見たことありますが、食事がかなり質素だった・・・という記憶が強く残っていて。
お坊さんの修行ですから、どこもそうなんでしょうけど・・・なんか特に厳しそうだぁ・・・という印象でした。北陸の山地で寒そうだし。
あ、でも、複数の僧侶の方とすれ違いましたが、皆さんとても健康的で肌つや良かった。
恰幅の良い方もおられましたけど、なんだろう、おデブとは違って締まってる感じ。



このマークをあちこちで見ました。
これは久我龍胆と呼ばれる紋で、開祖・道元禅師の実家の家紋なんだそうです。



一般人が中へ入れるお堂と入れないお堂があります。
こちらのお堂は入れます。



法堂です。



天井高い。
今も朝のお勤めや各種の儀式が行われているんだとか。



こちらは承陽殿です。



ここより中へは一般人は入れないようになっています。



ただ、ここの門がすごく豪華でして。



彫りがすごい。
これも元は色がついていたのかなぁ・・・。


つづきまして。



伽藍の中央にある仏殿です。



ここは、空間を囲む欄間の彫りが仏様のエピソードをかたどっていまして。
それが見てて楽しかったです。



でもうまく撮れなかったや(;´Д`)



これ、おりんのでっかいやつかなあ?
パッチワークが妙にかわいくて、ちょっと意外w
(ストイックなイメージ持ちすぎかもしれないw)

さて、永平寺でもご納経はしていただけます。
曹洞宗はオッケーなんですね。
神社と違って宗派によっていろいろだからね・・・お寺は・・・。

受け付けは一番最初のロビーの右手奥にあるんですけど、あけぼう達は最初気付かなかったんですよね。
拝観後に頂きました。
でも本当は最初に預けておいて、お堂を見学するほうが絶対効率良いです。
なぜって、こういう「大本山」というような大きな規模のお寺は、団体さんが納経をまとめてお願いすることが多くて、順番待ちがえらいことになってるからね。アドバイスだよ。

fc2blog_20160713162147344.jpg 

それでは伽藍の見学を終えて、周辺を散策してみたいと思います。
つづく。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 
関連記事

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

Re: NoTitle

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

絶対行くべきですよ~。
カメラ部、出動ですっ☆
新緑の季節も良いけど、紅葉の季節なんて素敵~!

Re: おはよーございます

小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

行くべき!行くべきです!
道中に橋があったかは記憶にないですがw
あとご朱印帳の使い分け、今のところしてないです。
2冊持って歩くのしんどいし。
きっと分けた方がいいんでしょうけど、日付が繋がらないのが、なんだかイヤで。
なにかに導かれるように縁があってここに来た、という事が、なんだか作為的になるような気がしてしまうんですよね~(--;)
あと、あけぼうは比較的、寺より神社に比重があるというのと、寺も地域的に四国八十八箇所(真言宗)に偏りがちというのがあって、使い分けをやりだすと、お寺も真言宗とそれ以外の2冊にしたくなりそうですw
でも実際失礼があったら嫌だし、悩んではいるんですよ。
う〜〜〜〜〜〜ん、って感じです(^ω^;)

NoTitle

やっぱり、これは行っておくべき物件だと思いましたわ。
ありがとう〜〜(*´∀`*)

おはよーございます

何年か前に九頭竜川沿いを遡った ものすごく暑い日の 道路脇に50本ぐらい「永平寺→」の看板を見てうんざりしてたんですけど これ見たら 寄ってこればよかったなと思いました  今更なんですけど神社とお寺で帳面分けてます?
プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女(毒)
血液型:A型
住 居:広島県
特 徴:ご朱印女子...
近 況:
Instagram(別名)

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
RSSリンクの表示
あけぼうの木
FC2カウンター
フリーエリア