徳島県☆鳴門

徳島県 鳴門に来ております。



ここを渡れば淡路島~♪



有名な鳴門の渦潮を見てやろうと思いまして。
橋の下部分にできた「渦の道」を歩いてます。



かなり強風が吹いていて、カップルの女子のスカートがかなり激しくめくれてパンツ見えてました。もうね、完全に丸見えだったので、女の子は気を付けてください。
おばちゃん、見てられなかったっす。



時間帯が悪くて、海面はこんな感じ。



こんなん、こんなん、ただの海やないかいっwww



やはり、「ザ・渦潮」みたいなのは、満潮時とか大潮の時間帯じゃないと難しいんでしょうね。
事前に時間帯を調べずにフラッと来たのが間違いでしたw
しかしこの高さのガラス板に乗るのは、高所恐怖症じゃなくてもなかなか怖いw
(一度乗ってしまうと平気なんですが)

個人的には「しまなみ海道」の「潮流体験船」のほうが楽しかったです。
最強時間に乗ったということもあるかな。
あけぼうは「ブラタモリ」でタモさんに潮流体験船に乗っていただきたいのだけど。
海底の地形の「高低差」もきっと楽しんでくれるはずじゃないかと・・・。

いやでも、鳴門の渦潮がマックスの時に船から見たら、きっと違ってたかな。
もっとテンションあがっていたのかも~。
でも、大塚国際美術館とセットでひとつの「観光」になるので、鳴門はとてもいいところです。
この橋を渡って、淡路島へ行きたい・・・。今度は・・・。


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

小々次郎さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

そうですね、小々次郎さんは橋からお願いします。そうじゃなかったらキャラが成り立ちませんw
淡路島までは無理なんですよね~あー淡路島行きたかったああ。
あ、パンツはまじでシャレになりませんでしたわ。ていうか、今日もスカートの生地がぺろんぺろんすぎて、パンツのシルエットが明らかな若い女の子がいましたけど、こういうのはある種の不良品じゃないかと思う・・・服にも最低限の基準をクリアしてほしいもんです。じゃないと、そのうちおばちゃん憤死しちゃいそう。ぷんぷん。

Re: No title

玉さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

うん、絶対そのうちちゃんとした渦潮は見てみたいって思います!
あけぼうは星の話が結構好きでして、その手の本を最近も読んだばかりなのですが。
北極星が少しだけ動くという事を発見した船頭・徳蔵の妻の話がよく出てきます。
あけぼうが星の話を好きになったキッカケとなった、小学生の時に読んだ星座の本にも徳蔵の話が載っていて、何が印象深かったかと言って、最後にその徳蔵が船からこの鳴門の渦潮に飛び込んで死んだ、という締めくくりだったということ。あっぱれな死に方として描かれてたんですが、いやあ、強烈に記憶に残っていて、鳴門の渦潮といったらあけぼうの中では船頭の徳蔵なんですよねw しかし子どものころの読書の記憶なので、一度きちんと調べてみたいと思って、その手の本を色々見てみたりもするんですが、いまだに見つからず。ちょっと不安になってます。でもあけぼうの中では渦潮=徳蔵、なのですw

No title

新幹線が通る予定のダブルデッキにガラスの床がはまってて渦潮が見えるんですか サービスがいい橋ですね 船も興味が湧きましたけど 自分はやっぱり橋から見なきゃおこられそうです(誰に?) でもパンツは目のやり場に困りそうです ここ原付も渡れないはずですから 奥行きありそうだけど この部屋も淡路島までは繋がってないんでしょうか

No title

玉坂の場合、大塚国際美術館をスルーしちゃったので、鳴門は舟でした。潮流もほぼ大潮タイム。あ、ちょっとだけずれてたかな? でも楽しかったですよう。雨降ってました。でも船の客席には屋根のある部分もあるし。いや、もう積極的に雨や波しぶきに濡れにいきました。そりゃもう。大興奮。そしてしまなみ海道のあのボコボコの海面アゲインの瞬間もありました。(^□^)ひゃあ。でも、あっちのほうがわかりやすかったかな。
とにかく全体の風景が大きいので、あのしまなみの潮流体験をしていかなったら、気づかなかったかもしれないです。(あけぼうちゃん、観察眼をありがとう)
行く機会があったら、ぜひ。この橋を下から眺めながらグルグルの海、海の民として、みたほうがいいです。。。お土産のわかめもこのグルグルにもまれて育つのか~と思うとまたひとしお歯ごたえが楽しく思えました~。


Re: No title

misachi68さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

渦潮を体感したいなら、やっぱり時間は絶対大事ですわ~。
橋も船も両方予定に入れておくのがいいかもしれない。
ただ、大塚国際美術館が想像以上に時間を食うから
そのあたりをどうするかなんだよね~~~。

No title

やっぱ、渦潮は見てみたい!(いつかきっと)
でも、あけぼうさんの記事を読んで学習してるから
橋ではなく、船で見ることを胸に刻んでおきますw
ちょっと高いところから覗き見るのが良ければ橋だけど、
迫力感じたいなら船だねぇ。
しかし、雨女の私には橋という選択肢ももちろん知っていて損はないのだわ〜w 
これはこれで全天候型でいいと思う(*´∀`*)
プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女(毒)
血液型:A型
住 居:広島県
特 徴:ご朱印女子...
近 況:
Instagram(別名)

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
RSSリンクの表示
あけぼうの木
FC2カウンター
フリーエリア