おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
徳島県の鳴門市に来ております。



万国旗~~~~。
そしてその向こうにはなんか広大な敷地にすごい竜宮城のような建物があって、それは大塚製薬のグループの保養所でした。
いいな~~~保養所とか。いいな~~~~。

目的地は、こちら。



超有名な美術館「大塚国際美術館」です。
大変な人気で、駐車場は満車、臨時駐車場から送迎バスに乗って、この正面入り口にやってきました。

ここは、独自の陶板の技術で再現された世界の名画がたくさん見られることで知られた所です。



いきなりこれ!
よくガイドブックでもこの写真見ましたが、実物はやっぱりかなり迫力あります。
ほええ~~~と見上げるばかり。
大人気美術館で、すごい入館者の数でしたけど、建物全体も広いので、それほどイライラすることは無かったです。
地下3階からはじまり、地上2階まで。階ごとに時代が新しくなっていきます。
美術に疎いあけぼうでも、知ってるような作品がわんさかです。
疎いからこそ、こういう、本物じゃないけどメジャーな絵ばっかりっていうほうがイイかも~~~。
よく知らない難解な作品を延々見るのもシンドイ時ってありますしねえ(;´∀`)

でもね、今回ひととおり見て行って思ったというか、再確認したことがあります。



やっぱ、古代の美術品が好き。
この破片の美人さん、めっちゃ好き。
ちょっと黄桜のカッパでおなじみ、小島功さんな感じ。

逆にね~~~キリスト教にガッツリ染まってくる時代に入ってくると、絵も全部そんな意味合いを含む感じになっちゃって、どうも興味をそそられなくなります。面白くなくなります。(あくまで個人的な感想です) 

敢えて好きな作品というと・・・これかな。



(この作品は観音開きになっています・・・)


(ぱっかーん)

こういう、みょうちくりんな作品のほうが好きかな。
これは ボス・ヒエロニムスの「快楽の園」という作品。
絵の細かいところはネットでググっていただいた方がいいかも。シュールな絵です。
左がエデンの園、右が地獄、中央が快楽の園なんだとか。
本物はプラド美術館にあるそうです。



宗教画でいうと、天国と地獄なら地獄の様子のほうが面白かったりしますね。
それはもう、キリスト教でも仏教でも。

んで、もう現代美術になると、
わかったよ~~~~な、わからんよーなwww
芸術なのか?って首をかしげるものもあるけど、でもそれを含めて面白かったりする。

うん。
でも、いやぁ、やっぱり、古代のほうが見てて楽しいな。
何描いてるのかわかんないようなのもあるけどw

ちなみにこれは、世界史の教科書でもめっちゃ出てくる、超有名なやつですね。



あけぼうも大好きです。

昔から・・・



この人が気になって気になって・・・・w
みんなそうでしょ!?そうだよね???
世界史の超有名人物(B面)だよね?



美術館内で昼食も食べました。
作品を見て回るのはそうでもなかったけど、食べる段になると、やっぱり人が多すぎてお店は大混雑でした。
これは「モネのパンケーキ」です。庭を眺めながら頂きました。

ミュージアムショップも充実。



自分へのお土産に、この「ムンクの叫び」付箋メモを購入。
ただいま、絶賛使用中~~~(仕事で)



ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事


追記を閉じる▲
大変な人気で、駐車場は満車、臨時駐車場から送迎バスに乗って、この正面入り口にやってきました。

ここは、独自の陶板の技術で再現された世界の名画がたくさん見られることで知られた所です。



いきなりこれ!
よくガイドブックでもこの写真見ましたが、実物はやっぱりかなり迫力あります。
ほええ~~~と見上げるばかり。
大人気美術館で、すごい入館者の数でしたけど、建物全体も広いので、それほどイライラすることは無かったです。
地下3階からはじまり、地上2階まで。階ごとに時代が新しくなっていきます。
美術に疎いあけぼうでも、知ってるような作品がわんさかです。
疎いからこそ、こういう、本物じゃないけどメジャーな絵ばっかりっていうほうがイイかも~~~。
よく知らない難解な作品を延々見るのもシンドイ時ってありますしねえ(;´∀`)

でもね、今回ひととおり見て行って思ったというか、再確認したことがあります。



やっぱ、古代の美術品が好き。
この破片の美人さん、めっちゃ好き。
ちょっと黄桜のカッパでおなじみ、小島功さんな感じ。

逆にね~~~キリスト教にガッツリ染まってくる時代に入ってくると、絵も全部そんな意味合いを含む感じになっちゃって、どうも興味をそそられなくなります。面白くなくなります。(あくまで個人的な感想です) 

敢えて好きな作品というと・・・これかな。



(この作品は観音開きになっています・・・)


(ぱっかーん)

こういう、みょうちくりんな作品のほうが好きかな。
これは ボス・ヒエロニムスの「快楽の園」という作品。
絵の細かいところはネットでググっていただいた方がいいかも。シュールな絵です。
左がエデンの園、右が地獄、中央が快楽の園なんだとか。
本物はプラド美術館にあるそうです。



宗教画でいうと、天国と地獄なら地獄の様子のほうが面白かったりしますね。
それはもう、キリスト教でも仏教でも。

んで、もう現代美術になると、
わかったよ~~~~な、わからんよーなwww
芸術なのか?って首をかしげるものもあるけど、でもそれを含めて面白かったりする。

うん。
でも、いやぁ、やっぱり、古代のほうが見てて楽しいな。
何描いてるのかわかんないようなのもあるけどw

ちなみにこれは、世界史の教科書でもめっちゃ出てくる、超有名なやつですね。



あけぼうも大好きです。

昔から・・・



この人が気になって気になって・・・・w
みんなそうでしょ!?そうだよね???
世界史の超有名人物(B面)だよね?



美術館内で昼食も食べました。
作品を見て回るのはそうでもなかったけど、食べる段になると、やっぱり人が多すぎてお店は大混雑でした。
これは「モネのパンケーキ」です。庭を眺めながら頂きました。

ミュージアムショップも充実。



自分へのお土産に、この「ムンクの叫び」付箋メモを購入。
ただいま、絶賛使用中~~~(仕事で)



ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2016/06/08 17:13】 | 徳島県
【タグ】 四国  徳島  美術館  
トラックバック(0) |

Re: No title
あけぼう
玉さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

あーそうそう!秘密結社的な絵だよ~~!その手の祭壇だったとしても納得の怪しさwww
確かにねぇ、遠方から限られた日程で来る場合、悩むところではある。
しかもいったん入ったら、絶対かなり時間かかっちゃうし。
また是非なにか機会を見つけてきておくれ~~~楽しいよ!

No title
玉坂めぐる 
あーやっぱ行けばよかったな。
淡路島と鳴門、という観光をしたときに
ここは迷ってスルーしていまった。
でもボッスの快楽の祖のがあったんだね~
大きいサイズで、みたいみたい。
卵人間とか魚人間とか
ぶよぶよの腐った肉っぽい怪物とか
ヘンタイてきな絵なんだよねえ。
なんか秘密結社か秘密宗教の祭壇だったって
ウワサもきいたよう。(^^:)b
わーん、行く機会があったらきっと行こう。

あと、先日、misachi68さんとこで
話題にした、東京の丸の内OAZOの
陶板「ゲルニカ」も、ここで作ったものだったです。
シンクロして、ふおう(^0^)って感じ、です。


Re: No title
あけぼう
misachi68さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

TVでも時々出ますもんね、この美術館。
かなり見ごたえあったよ。陶板でつくられてるだけに、
確かに寄ってみるとペタッとしてはいるんだけど、
あけぼう的には充分でしたあ。
ミサさんの旦那さんは絵が好きなほうなのかもしれませんね。
でもさ、やみくもに世界中の美術館を訪ねるってわけにもいかないじゃん、ねえ?
ここに来て、これは本物も見てみたいっ!
って思った絵を見に行くっていうのも、ありだと思うなあ~~~。

No title
misachi68
いいなぁ〜〜
TVでこの美術館紹介されてて、行ってみた〜いって思ってた!!
やっぱり本物と同じ大きさっていうのがいいよねぇ。
大きさから伝わる迫力を感じてみたい!
いずれ行ってみたいリストに追加だぜ!って、いきおいよくダンナに言ったら、
本物を見ることに価値を感じるかもしれないのに、
わざわざ偽物を見るためにそんな遠くに行けないって一蹴されたww
チェッ…(〃_ _)σ‖イジイジ

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: No title
玉さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

あーそうそう!秘密結社的な絵だよ~~!その手の祭壇だったとしても納得の怪しさwww
確かにねぇ、遠方から限られた日程で来る場合、悩むところではある。
しかもいったん入ったら、絶対かなり時間かかっちゃうし。
また是非なにか機会を見つけてきておくれ~~~楽しいよ!
2016/06/15(Wed) 17:41 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
No title
あーやっぱ行けばよかったな。
淡路島と鳴門、という観光をしたときに
ここは迷ってスルーしていまった。
でもボッスの快楽の祖のがあったんだね~
大きいサイズで、みたいみたい。
卵人間とか魚人間とか
ぶよぶよの腐った肉っぽい怪物とか
ヘンタイてきな絵なんだよねえ。
なんか秘密結社か秘密宗教の祭壇だったって
ウワサもきいたよう。(^^:)b
わーん、行く機会があったらきっと行こう。

あと、先日、misachi68さんとこで
話題にした、東京の丸の内OAZOの
陶板「ゲルニカ」も、ここで作ったものだったです。
シンクロして、ふおう(^0^)って感じ、です。
2016/06/14(Tue) 07:48 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
Re: No title
misachi68さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

TVでも時々出ますもんね、この美術館。
かなり見ごたえあったよ。陶板でつくられてるだけに、
確かに寄ってみるとペタッとしてはいるんだけど、
あけぼう的には充分でしたあ。
ミサさんの旦那さんは絵が好きなほうなのかもしれませんね。
でもさ、やみくもに世界中の美術館を訪ねるってわけにもいかないじゃん、ねえ?
ここに来て、これは本物も見てみたいっ!
って思った絵を見に行くっていうのも、ありだと思うなあ~~~。
2016/06/09(Thu) 09:25 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
No title
いいなぁ〜〜
TVでこの美術館紹介されてて、行ってみた〜いって思ってた!!
やっぱり本物と同じ大きさっていうのがいいよねぇ。
大きさから伝わる迫力を感じてみたい!
いずれ行ってみたいリストに追加だぜ!って、いきおいよくダンナに言ったら、
本物を見ることに価値を感じるかもしれないのに、
わざわざ偽物を見るためにそんな遠くに行けないって一蹴されたww
チェッ…(〃_ _)σ‖イジイジ
2016/06/08(Wed) 21:09 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック