FC2ブログ
広島

広島 権現山毘沙門堂 ★ 7

6 0
2016年3月。
広島市、毘沙門堂に来ております。
本堂まで続く階段は、七福神やお地蔵さんが点在していて楽しく登れました。
最終目的地の本堂は再建工事中だったので、引き返します。



行きはスルーしたんですけど、実は半分くらい降りてきたところで、こんな看板があります。
ここから山のほうへそれて、登山道のような道が続いてます。
ていうか、この毘沙門堂のある権現山は、きちんとした登山道が整備されているみたいでして、山の頂上まで複数のルートで登れるみたいです。
今日はそういうつもりで来てなくて、靴も普通のローファーだったりするんで、頂上までは行きません。
でも、本堂のほかに「多宝塔」という、遠目からも目立つ赤い塔がありまして、ここからそこへ続く道があると書かれてる。

もちろん行くでしょう~w



こんな道!



こんな道!

思いのほか険しい!ww

最近運動不足だったんで、息切れがすごかったです。



しかし、頑張った先にはいい景色が広がっていました。



この地形、そして山にへばりつくように広がる住宅地・・・。
土砂災害が起きるのも、分からなくもない。
田舎のほうが過疎化するぶん、主な都市に人が集中するっていう事もあって、住宅地が全然足りないんでしょうね。
わが街でもちょっと似た状況になっています。
東京や大阪ほどの大都会じゃないから、超・車社会だし、皆やはり一戸建て志向が強いので。
だって、車2台、なんなら3台とか普通なのに、マンションじゃやってられないよ。



かすんでいますが、写真の一番遠いところは、ところどころ海が見えてます。

線路の向こうの左側にある山が、安芸武田氏の銀山城があったという、武田山なのかなぁ・・・
なら、敵対する毛利氏はどこに陣を構えたんだろうか・・・。



休憩せよ、と言わんばかりの、岩場のちょっとしたスペースには、やはり仏様がいらっしゃいました。



里見観音ですって。うん、たしかに、広島市一望だもんなぁ・・・。



岩の隙間にも。こういうのも味わい深くて好きです。




休憩終わり。

多宝塔にむけ、さらに登ります。


ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 6

There are no comments yet.

あけぼう  

Re: こんにちはー

小々次郎さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

あっはっはw
あの突き出た岩は、本当になにかしら写真を撮らないとすまされない、良い具合の岩でして。
いい年して抗えませんでしたw
このルートを通ろうとしたファミリーには「やめといたほうがいいです」とアドバイスしましたよw

2016/03/29 (Tue) 16:53 | EDIT | REPLY |   

あけぼう  

Re: No title

玉さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

ほんとこれ、地形もそんな感じでしょー。
かなりありうると思うよ。
しかし、なにしろ広島は原爆投下というとんでもない出来事が起きてるせいか、土地の記憶さえも一度リセットされてるような感がありまして、あけぼうも歩いていてイクサの怨念が~みたいな感じはしなかったんだよね。

そんで、ここにやってくる人たちも、なんかよくわからんけど、とりあえず手を合わせとこうか、っていう感じになるよね。
そういうのがこの場をいい感じにする。
うん、玉さんの言うとおりだね♪

2016/03/29 (Tue) 16:50 | EDIT | REPLY |   

あけぼう  

Re: No title

misachi68さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

まさかこんな道になるとは予想もしませんでしたww
多宝塔に行くだけなのに、
試練キツすぎじゃない?って思ったもんw
そう思ったらね、跡で分かったんだけど、
実は他のルートもあったんだw
我々が気づかなかっただけで。・゚・(ノ∀`;)・゚・
でも景色はこっちが絶対よかった・・・はず・・・。

2016/03/29 (Tue) 16:38 | EDIT | REPLY |   

小々次郎  

こんにちはー

人工的に積んだように見えるし 本当に石垣のような急勾配ですね すれ違う人は全員挨拶をするっていう 登山道ルールが適用されていそうな 険しさが 越えてきた感漂う キメポーズから伝わります^^ 

2016/03/29 (Tue) 11:49 | EDIT | REPLY |   

玉坂めぐる   

No title

このシリーズの2回目の「びしゃもん子猫」案件の無責任なおもいつきをなんとなく採用していただいた?こともあって(^へ^)やっぱり、写真のそこここにイクサの痕跡をかってに感じてしまいます。

あ・・・「ねこばば」って言葉も思いついちゃったなあ。トラノコネコノコ、ネコババだ。 
ううう・・・ネコババしてごめんねーの気持ちも込めて、戦死者を弔う石仏を作るって、全国各地にあったんじゃないかなーって思います。もにょもにょしてきた。(^^)で、廃仏毀釈で、その石仏の破壊もいっぱいあって・・・作った人たちの子孫も、その霊もせつない・・・

でも、あけぼうさんが撮った今の風景は、「いろいろあっての調和」も感じます。軽くコーディネートっていうか、工夫して供養してるみんなの気持ちがいい風を吹かせているのでしょうね。(^^)

2016/03/29 (Tue) 09:40 | EDIT | REPLY |   

misachi68  

No title

やっぱり、御朱印女子は健脚じゃないといけませんね。
これはもう立派な登山でしょ。
しかもローファーで(; ^ω^)
ちっとも道らしくない道を行くわけだね。
山から海まで見渡しつつ地形に思いを馳せてるところ、
ブラタモリチックですわ(*´∀`*)

2016/03/28 (Mon) 20:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply