FC2ブログ
おでかけブログ。ご朱印を集めてます。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
2016年1月は姫路に来ておりました。



お城の隣にある「好古園」という日本庭園に来てます。
予備知識もなく、せっかくお城に来たんだし、ついでに・・・程度の感覚でしたが、
ここが結構良かった☆

入り口からは中の様子が全く分からないので・・・

入ってビックリ




なかなかすごい庭園ではないですか・・・!



市制百周年を記念して造られたとかで、比較的新しいところなんですね。



真冬なので、あまり花とかは咲いてないんですが、それでもすごい。



でっかい鯉もうようよいました。

なによりも、ここはいろんなコンセプトのお庭がいっぱいあるんですよね。
さっきのは「お屋敷の庭」というお庭だったんですが、そのほかにも「花の庭」「茶の庭」「松の庭」「竹の庭」などなど・・・。



全て塀で囲まれて、それぞれ独立したお庭になっています。
(水の流れなんかは、つながっていると思うけれども)

そして、そのお庭とお庭の間は、こんなふうな風景になっていまして。
その向こうには、姫路城の天守閣が見え隠れ。
現代を感じさせるものが全然なくて、江戸時代みたいな。
ちょっとしたタイムスリップ気分になれます。
映画「るろうに剣心」のあのシーンの撮影場所でもあるそうです。
分かる人はすぐピンとくると思う・・・。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


追記を閉じる▲


市制百周年を記念して造られたとかで、比較的新しいところなんですね。



真冬なので、あまり花とかは咲いてないんですが、それでもすごい。



でっかい鯉もうようよいました。

なによりも、ここはいろんなコンセプトのお庭がいっぱいあるんですよね。
さっきのは「お屋敷の庭」というお庭だったんですが、そのほかにも「花の庭」「茶の庭」「松の庭」「竹の庭」などなど・・・。



全て塀で囲まれて、それぞれ独立したお庭になっています。
(水の流れなんかは、つながっていると思うけれども)

そして、そのお庭とお庭の間は、こんなふうな風景になっていまして。
その向こうには、姫路城の天守閣が見え隠れ。
現代を感じさせるものが全然なくて、江戸時代みたいな。
ちょっとしたタイムスリップ気分になれます。
映画「るろうに剣心」のあのシーンの撮影場所でもあるそうです。
分かる人はすぐピンとくると思う・・・。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2016/02/10 17:57】 | 赤穂・姫路・たつの市
【タグ】 姫路  
トラックバック(0) |

Re: No title
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

もしかしたら「苗の庭」かな?
あけぼうも、見たよー。
供給源?まで、ちゃんとお庭として見せるって、いいなあ、いいなあ、面白いなあって思ったよd('∀'*)
あと、実は武将コスプレの人たち、好古園から一人、また一人とお城へ出勤してたんだよねw
彼らの拠点は好古園なのか?
それともお庭で撮影会でもやっていたのか?
あの塀で囲まれた通路を、武将たちが往来してたら素敵☆

No title
玉坂めぐる 
あー(^^)晩秋にここも行きました。
それに「るろ剣」も見たけど
えへへへ
全然わかんなかったや~。

でも、すごく手入れが立派で、いろんなお庭ができてるんだよね。感心しました。
間違ってお庭の楽屋的な庭に入ったら、季節ごとに入れ替えるのかな? いろんな庭木を育ててました。
なるほどな~って見てたら、なでしことかの開花の短い草花系もワサワサと地味に咲いていて・・・ひょっとしたらこういうのもそっとちょうどいい場所に植え替えてるかもしれないね、って思ったりもしましたよう。よく見るとお庭のそこここにちょうどいい場所に草花の彩。冬だからなおさらにいい効果をあげてました。庭師、かっこいいぜえ。

Re: あの〜
あけぼう
広報ミヨッたんさん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

あはははw 
なんという戦前脳www

ウチの街も市制100周年なんですけど今年。
とてもこんな日本庭園は造れないです。
なかなか力持ってますね、姫路・・・。

Re: No title
あけぼう
misachi68さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

アハ体験、アハ体験~~~☆
( ゚▽゚)/
思い出したら、もろ、あのシーンでしょ?w



あの〜
広報ミヨったん
好古園って、一瞬、
秋山好古と関わりがあるのかと
思ってしまいましたが、
そういうわけではないんですねw
でも、ええ庭です。

No title
misachi68
うん!!!わかった!!!思い出した〜〜
ありがとうございます(^-^)
すっきりしましたw

Re: No title
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ここはねー、剣心が抜刀斎時代に京都で暗殺して時のシーンだよ。
祝言をあげる前の若い幕臣?を無慈悲に殺してたの覚えてる?
そんで、ほっぺたに傷がついたんだよね。
そんなシーンだよ〜。
思い出したら、
あー!ここか!
って思ってもらえると思う(^^)

No title
misachi68
ええっ。「るろうに剣心」に出てきたの?
そういえば見たことある様な雰囲気・・・だけど
どんなシーンでっていうのがさっぱり思い出せないw

日本庭園のいいところは、四季を通じて楽しめるお庭だってことでしょうね(^-^)
花が咲いていなくても、葉っぱが色づいてなくても
四季を感じつつ池とか石とか水の流れとか眺めて楽しめますよね〜
立派な庭園いいですね〜

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: No title
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

もしかしたら「苗の庭」かな?
あけぼうも、見たよー。
供給源?まで、ちゃんとお庭として見せるって、いいなあ、いいなあ、面白いなあって思ったよd('∀'*)
あと、実は武将コスプレの人たち、好古園から一人、また一人とお城へ出勤してたんだよねw
彼らの拠点は好古園なのか?
それともお庭で撮影会でもやっていたのか?
あの塀で囲まれた通路を、武将たちが往来してたら素敵☆
2016/02/14(Sun) 21:05 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
No title
あー(^^)晩秋にここも行きました。
それに「るろ剣」も見たけど
えへへへ
全然わかんなかったや~。

でも、すごく手入れが立派で、いろんなお庭ができてるんだよね。感心しました。
間違ってお庭の楽屋的な庭に入ったら、季節ごとに入れ替えるのかな? いろんな庭木を育ててました。
なるほどな~って見てたら、なでしことかの開花の短い草花系もワサワサと地味に咲いていて・・・ひょっとしたらこういうのもそっとちょうどいい場所に植え替えてるかもしれないね、って思ったりもしましたよう。よく見るとお庭のそこここにちょうどいい場所に草花の彩。冬だからなおさらにいい効果をあげてました。庭師、かっこいいぜえ。
2016/02/13(Sat) 12:00 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
Re: あの〜
広報ミヨッたんさん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

あはははw 
なんという戦前脳www

ウチの街も市制100周年なんですけど今年。
とてもこんな日本庭園は造れないです。
なかなか力持ってますね、姫路・・・。
2016/02/12(Fri) 14:29 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
Re: No title
misachi68さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

アハ体験、アハ体験~~~☆
( ゚▽゚)/
思い出したら、もろ、あのシーンでしょ?w

2016/02/12(Fri) 14:27 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
あの〜
好古園って、一瞬、
秋山好古と関わりがあるのかと
思ってしまいましたが、
そういうわけではないんですねw
でも、ええ庭です。
2016/02/12(Fri) 03:06 | URL  | 広報ミヨったん #-[ 編集]
No title
うん!!!わかった!!!思い出した〜〜
ありがとうございます(^-^)
すっきりしましたw
2016/02/11(Thu) 21:25 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
Re: No title
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ここはねー、剣心が抜刀斎時代に京都で暗殺して時のシーンだよ。
祝言をあげる前の若い幕臣?を無慈悲に殺してたの覚えてる?
そんで、ほっぺたに傷がついたんだよね。
そんなシーンだよ〜。
思い出したら、
あー!ここか!
って思ってもらえると思う(^^)
2016/02/11(Thu) 20:36 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
No title
ええっ。「るろうに剣心」に出てきたの?
そういえば見たことある様な雰囲気・・・だけど
どんなシーンでっていうのがさっぱり思い出せないw

日本庭園のいいところは、四季を通じて楽しめるお庭だってことでしょうね(^-^)
花が咲いていなくても、葉っぱが色づいてなくても
四季を感じつつ池とか石とか水の流れとか眺めて楽しめますよね〜
立派な庭園いいですね〜
2016/02/10(Wed) 18:52 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック