FC2ブログ

姫路☆姫路城その1

2016年、1月。

昨年からずっと姫路城へ行く機会をうかがってはいたんです。
だって、新しくなって全体的に真っ白になったでしょう?
やっぱ白いうちに見たいよねって思って。
ただ、観光客の多さも比例してるからね・・・。
で、もう2016年になってしまったけど。
いよいよ姫路城です。



超ベタな姫路城の記念写真撮ってますwww
そうさせる何かが姫路城にはあるんですよw


しかし!お城のさ階段って基本しょぼいじゃないですか。
だから、人気のあるお城の天守閣内って大混雑。
なかなか大人数をいっぺんにさばけないから、入り口からすぐ行列が出来ちゃうし。
まして、世界遺産で、白くなったばかりの姫路城なんて、どんなことになっているやら。

んーーーでも。
大丈夫かな~?まだ白いかな~~?
白いと良いな~~~。
なんて思いながら、いざ、入城!

開門!かいもーーーん!!



大手門。
すっごく背の高い門ですよ。



海外の人も多いです。
ちなみに、前にも書きましたが、姫路城は2度目。
世界遺産になる前の、10年くらい前の姫路城ですが、実はその時天守閣に登ってないんですよね。
左の西の丸(←の所ね)にだけ入りました。
地味なようでいて、なんのなんの。
とても印象深い建物だったんですが、それはまたの機会に。



今回は天守閣です。どうですかね?
当初の真っ白具合からすると、グレーになってきてますね(´Д⊂ヽ



そしてやはり、かなりの行列でした。
1時間程度の待ち時間でしたかね。
あ、でも、じわじわ進むので体感的には40分くらいです。



天守閣内は、瓦の展示とか、ど定番のジオラマとか。
あとやっぱり、この巨大な天守閣のつくりがどうなっているかの、木組みの模型なんかがありました。
基本的に、建物そのものを見てもらいたい、という感じ。
それほど内部に資料館的展示がたくさんあるって訳ではなかったです。



東大柱を中心に、ぐるぐる回りながら上の階へ。



天井の木材もめっちゃ立派です。



出窓の収納がありました。こういうの好き・・・♪



こうして屋根を見ると、まだまだ白さは残ってますね。



西の丸へ続いてます。
この高低差に沿うように建てられた石垣や建物が素晴らしい☆



4階の屋根。
正面から見るシャチホコさんは意外と温厚そう・・・。



そして、てっぺんまで上ったところに「長壁神社」という神社がありました。



姫山の地主神で、江戸時代には別の場所に鎮座していたのが、近代になって天守内で祀られるようになったとか。
たしかにここのほうが、全部ひっくるめて守ってもらえそうな感じするよね。




ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

Re: あの〜

広報ミヨッたんさん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

あけぼうも賛成しませんねw
だって、当時の人と同じものをみたいですよね?
仏像だって、新しく作るときには
カラフルな、頭が紫色の仏像にしてほしいです。

おくればせながら・・・
今年もよろしくお願いします♪

あの〜

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

姫路城の白っぽさ、
だいぶなじんできたんですね。
なんか、しろすぎ城とか
揶揄されたりもしてましたが、
昔の白さを再現して、
また時間が経って色がくすんでくるのも
味わい深いと思います。

平等院鳳凰堂も創建当時の塗料を
再現して塗り直しました。
まさに華やかな極楽浄土という感じで
すごくいい感じです。

古びたものだけが歴史遺産だという
現代人の身勝手な考え方には
僕は賛成いたしませんw

Re: No title

玉さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

わははw やはりあそこで写真を撮るw
ここまでベタなやつ久々に撮りました。
そうさせる何かがあるんだよ、やっぱり「姫路城」だけあるよー。

Re: No title

misachi68さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

やっぱり一度は行ってみたいお城ですよね♪
大きかったです!
よくこれだけのお城を残してきたもんだなぁと
姫路市民に敬服☆

No title

あー冒頭のベタな記念写真☆
玉坂も玉坂も、
こないだの10月に同じ場所で撮りました。
うははは。なんだか嬉しいねえ。

No title

いいな〜〜姫路城!!
やっぱり白いですよ!綺麗ですね〜
行ってみたいな。

神社ごとお城に引っ越すっていうのはなかなかいいアイディアですねぇ。

プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女
住 居:広島県
特 徴:とうふメンタル
近 況:Instagram(別名)

家のWi-Fiがダメなまま5月が終わりそうだ。

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
FC2カウンター
◆◆◆
「Amazonが販売・配送」の商品のみ推奨
**

RSSリンクの表示