「陰陽五行と日本の民俗」読んだよ~



陰陽五行とは、天地の万象を陰と陽に分かち、木火土金水の五要素の循環にその働きを見る。土用の鰻、節分の豆撒き、鳥追いや泥祭りなど、われわれの暮しの隅々に意外な形で息づいている中国古代の哲理を様々な民俗や歳時習俗をとりあげ、鮮かに論証した労作。



陰陽五行っていうのは、陰と陽からはじまり
「木火土金水」の5つの要素で世界が成り立っているという考え方なんですね。
万物はこの5つの要素のどれかに属しています。
これが後世、風水とか四柱推命の占いとかに発展していくわけですが・・・

この考え方は日本では奈良時代に本格的に導入されます。
そして同じ頃に書かれた古事記や日本書紀にも影響を与えています。
我々の風習・民俗にもたくさん反映されてる。
もう、無関係なものはないんじゃないかというほど・・・。
それを作者が一つ一つ、代表的な事例をあげて、解説しています。

陰陽五行の法則に慣れてしまうと、先の展開が読めてくるほどに、なんていうかシステマチックなんですよね。それだけよくできた体系なんですよね、陰陽五行。
でも深くて難しいから、陰陽師に代表されるような専門職が居たのも頷けます。
もしも、ある程度、この素養を身につけられることが出来れば、日本の四季はもっと面白く感じられそうです。
そういう人が、昔は一定数居たんでしょうけどねぇ・・・。
現代の我々はそれをすっかり忘れてしまってるんだなぁ・・・と思うと、ちょっともったいない。
やはり明治維新からの西洋化が痛かったのかな。こういった文化が失われていく過程みたいなものにも興味が出ました。

本書でとりあげられていた事例、それぞれ面白かったんですが、
個人的には地震とナマズの関係について書かれたところが、一番面白かったな~。



ブログランキング・にほんブログ村へ
  
関連記事

| 読書感想 | コメント(4)

コメント

Re: タイトルなし


玉さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

おおお~!陰陽師業界って、お坊さん業界よりもさらに秘密めいてるよね!
長い伝統があるから、出版ってことに拒否反応が出たのかなー。
んーでも、
一般人には占い業界との棲み分けも良く分かってないようなとこあるよね正直。

2015年|11月|25日|17:18 |from あけぼう| URL


2~3年前に陰陽師の人が書いた本を、その本の編集にかかわったっていう友達にもらって読んだことがありました。でも出版自体に陰陽師たちの内部からいろいろ批判もあるとか聞いて、(^^)おお、陰陽師業界かあwとワクワクしたのを思い出しました。違うこととか書いてあるかな、読んでみようかな、メモメモ。

2015年|11月|25日|08:03 |from 玉坂めぐる | URL 【編集】

Re: タイトルなし


misachi68さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

そうなんだよ~。
日本の風習はほとんど陰陽五行が背景にあるんじゃないかなってくらい。

でも確かに「天地明察」を読んだ時も(あれは江戸時代ですが)、
暦の関係で陰陽寮のこととか、ちょっと出てたような覚えが。
あれだけでも、奈良時代から後世に至るまで、
ずっと陰陽五行の考え方が支配していたことがうかがえるもんね。

この本の中で挙げられている事例の中で
関東方面とか、東北方面の祭りや風習だと、
やっぱりピンとこないものもあるので、
もうちょっと数冊、この作者の本を読みたいかな~。

2015年|11月|22日|12:20 |from あけぼう| URL


あ、興味あるよ!
風水じゃなくて、陰陽五行の方が気になってた。
そっか、鰻を食べる土用ってそっちなんだな。
きっといっぱい日本に根付いてる風習で思いもかけず
当たり前にしてることもあるんだろうなぁ〜〜

メモっておきます(^-^)

2015年|11月|21日|10:34 |from misachi68| URL

非公開コメント

トラックバック

http://bonryo.blog6.fc2.com/tb.php/1466-af21d733