高野山再訪4☆金剛峰寺のキッチン

2015年秋は開創1200年を迎えた高野山に来ておりまーす。



中心の寺院となる金剛峰寺にはたっくさんの人!



ここは前回も来たのでサラッと行きたいと思います~。



奥の広間でお茶とせんべいを頂きつつ、しばし休憩して法話を聴きました。
中には話を聞かずにウロウロしちゃうようなちびっ子もいたんだけど、あまり気にならないというか、そのへんも大らかに受け止める空間になっていて、なんか居心地がよかったです。



蟠龍庭(ばんりゅうてい)の方へ、廊下を進む観光客たちw



白い雲海の中、雌雄2匹の龍が 奥殿の建物を 守っている・・・そういうお庭です。
なかなか雄大というか、かっこいいコンセプトだわ~♪
と、
割と長い間、中二病をこじらせていたあけぼうは思いますw



そして、建物内をぐるっと回って、最後に見ることになるのがこの台所のエリアです。
(逆に、ご朱印受付に並んだ人は、最初に目にするかもしれませんが)



江戸時代までは使用されてたとのことですが、



今では、行事の時など特別な時だけカマドでお米を炊くことがある程度のようです。



でも、お掃除が行き届いているからか、今からでも少しの手入れですぐ使えそうな雰囲気。



ここで燃やした煙が~



天井のここから換気されている・・・と。
大きな換気システムと言えるかも・・・木造のお寺の中だと思うとびっくりするよね。



暗くてわかりづらいかも、ですが、これ天井から吊ってある食料保管場所になってます。
ネズミなどの対策に・・・。



これね、比較するものが無いから大きさがわかりづらいですよね。
このお釜、ちょっとした祭りの太鼓くらいあるよ。町内の盆踊りで使うくらいのサイズって言ったらわかるかなー。
しかし大勢の僧侶の食事の用意って、想像を絶する大変さだろうな~。
あけぼうなら、一回やっただけで間違いなく腰痛くなるわー。なる自信があるw
そのうえ毎日なわけでしょ?
何人分の食事を、何人で担当してたんだろ。そのあたりも知りたかったなー。



ちょっとした舞台裏というか、生活感を感じさせられる、お台所エリアでした☆

ご朱印ー☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

misachi68さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

そうなんだよね、広すぎて無駄にウロウロしちゃいそうw
ホテルの厨房みたいに、完全に統制がとれてないと
しっちゃかめっちゃかになりそうだよねw
まぁ、それも修行ってことかな・・・大変だなあ~。

No title

広い台所って憧れるけれども、
こんなに広くておっきなお釜があると、
どうやって動いていいかもわかんないね。
でも、学校の合宿とか、こんなんだったら楽しいだろうな〜


御朱印カッコイイ!!
プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女(毒)
血液型:A型
住 居:広島県
特 徴:ご朱印女子...
近 況:
Instagram(別名)

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
RSSリンクの表示
あけぼうの木
FC2カウンター
フリーエリア