「死んでも負けない」読んだよ~



僕の祖父はビルマ戦の帰還兵で、口を開けば戦争中の自慢話だ。自分が率いたのは世界最強分隊だったと誇り、現地の娘にモテたことなども得意満面に語る。何百回と繰り返される話だが、聞かないと鉄槌が下るのだ。だが、その祖父が入院し、うわごとで信じられない言葉を呟く…。たっぷり笑えて、時にハッと胸を衝かれる、男ばかり三代、ある一家の日々を描く。書店員さんが惚れこんで、弘栄堂ベスト2013大賞受賞!



ある日、待ち時間が長くてヒマだったので、時間つぶしに立ち寄った本屋でふと目に留まったこの表紙。
「死んでも負けない」。
好きだわ、好きな言葉だわw 
そしてこの味わい深いおじいちゃんの立ち姿。
なんだか気になって、手に取ってさわりだけ読んでみると、どんどん引き込まれていって気づいたらレジに持っていってました。
そんなに厚みのない文庫本なので、そのあと喫茶店でコーヒー飲みながら、時間をつぶす約1時間ほどで、すっかり読み切ってしまいました。
読み終わって、もう一度このタイトルを読むと、じわっと沁みてくる・・いいお話でした。

離婚された祖父
離婚された父
そして主人公の高校生(彼女いる) の男3人所帯。
その一家で独裁者のように君臨しているのが、太平洋戦争を生き抜いたお爺ちゃんなんですね~。
もうこれがナイスキャラで(笑)
いるいる、こういうお爺ちゃん~っていう要素を、全部ぶっこんで煮しめたような、濃いキャラです。

この作者の作品はこれが初めてなんですけど、戦争をテーマにした作品をメインに書いてる方らしくて、知識豊富なんでしょうね。
お爺ちゃんが自慢げに話す武勇伝での、細かい部分がリアル。
全体としては大変コミカルなトーンのお話なんですけど、そのへんがしっかりしているから、読ませられちゃうのかも。
この本全体の大半ががお爺ちゃんのビルマ時代のエピソードで構成されてる。
とはいえ、戦争モノというと言い過ぎで、現代の話だし。
困ったお爺ちゃんとその家族の日常といった、お話なんですよね。
登場人物たちの笑っちゃう会話のやり取り、たくさんありますし。
ジャンル分けしづらい、ちょっと珍しい小説かもしれないです。




ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 読んだ本の感想等 | ジャンル: 小説・文学

コメント

Re: No title

玉さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

わー嬉しい♪
これ本当にサクッと読めちゃうんだよね。
いいよね、この本。
こういうおじいちゃんの想いってさ、一番世に出てないよね。
でも割と平凡な人がこんな感じなんじゃないかと思うんだよね。
あけぼうの祖父は外ではしゃべらないけど
家族などの、ごく親しい人間には話してたな~酒飲むと話してたw
でも中学の時に亡くなったから、
実のところ話の内容は、あまり覚えてないんだよね。
父方のおじいちゃんは大陸で兵隊として大変な思いをし、
母方のおじいちゃんは東南アジアでバブリー生活をしてたという
両極端な体験をしていて、
今、話を聞けてたら面白かっただろうなって思う~。

2015/10/14 (Wed) 16:51 | あけぼう #- | URL | 編集
No title

本屋さんで出会ってしまったよう、おじいちゃんに。
買いました。読みました。あっというまでした。
すごい本だね。楽しく読めるし、読後に目からウロコポロポロ。

戦後は黙ってるおじいちゃんは多いし、
語るおじいちゃんはやっぱり変わり者だろうし
嫌われるだろうし、少なくとも自分は直接あったkとがないや。
とにかくもうすぐ寿命で絶滅しちゃう、このおじいちゃんたち。
こんな形でその思いを世に残す、作者はすごい人だなあと思いました。
人にすすめよう。負担にならないしね。
教えてくれてありがとう。



2015/10/14 (Wed) 10:16 | 玉坂めぐる  #WCSj23LI | URL | 編集
Re: タイトルなし

玉さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

そう、アプリだよ~。
これはね、本読む人には大変便利なアプリです♪
本の検索が出来て、
その本の書評もチェックできて
最寄りの図書館の蔵書検索もできて
読みたいと思ってる本、
今まで読んだ本、
のリストも作れるというか出来ていく・・・という。
でもアンドロイドのほうにあるのかなあ・・・
アンドロイドのほうでは Libraroid っていう
アプリが似たような感じらしいよ!

2015/10/02 (Fri) 10:05 | あけぼう #- | URL | 編集

ほう、読みたいな。
って思ったら、みささんあけぼさんのコメントの「図書館日和」ってなに?アプリ? 便利なのかな。アイホンじゃないとダメかな。ちょっと見てみよう。

2015/10/02 (Fri) 07:52 | 玉坂めぐる  #WCSj23LI | URL | 編集
Re: タイトルなし

misachi68さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

あけぼうも図書館日和をメモ代わりに使ってるよ!
本当に便利だよね。
この本、面白かったよーおすすめ!
本当に日々のちょっとしたお話なんだけどね。
この本に出てくる事件といえば、
・・・爺ちゃんが入院したことくらい
ミステリーといえば、
・・・爺ちゃんの寝言ぐらいw
なのに面白い。
すべてはやっぱり爺ちゃんのキャラw

2015/09/30 (Wed) 09:43 | あけぼう #- | URL | 編集

面白そう〜(^-^)
じゃ、さっそく図書館日和にメモっておきます!
図書館日和を書店でメモがわりに使ってますw
さらっと軽く楽しめて、沁みるっていい感じですね〜

2015/09/30 (Wed) 08:43 | misachi68 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

初めての作家さん。 お友達のブログで気になって購入しておきながら、積ん読になってた。 最近、ようやく、自分の図書館の予約状況をコントロールすべく抑え気味にしたので、 積ん読に手をつけようかと・・・ 高校生の哲也は、ビルマでの戦争体験を毎日のように語る祖父に振り回されている。 そんな祖父が夏の暑い日、散歩中に倒れたことで病院に運ばれる。 何度も聞かされるビル...

2016/11/08 (Tue) 08:58 | よくばりアンテナ