「奇祭」読んだよ~




日本再発見! 全国津々浦々、不思議な祭り。


「大人の探検シリーズ」、古墳に引きつづき今度は奇祭です。

1.奇妙かつ不可解な祭り
2.笑いの祭り
3.性の祭り
4.怖い祭り

の4章にわけて、全国の様々な奇祭を紹介。

前回の古墳とおなじく、先生(著者)と同行する担当(素人目線代表)の問答形式になっているので、サクッと読めます。
しかし、その祭りの成立した背景にある、昔の日本の「表には出てこない裏の素顔」・・・みたいなものが随所に出てきて、やっぱ今の日本に生まれてきて良かった~と思いましたよ(;´∀`)
一般に良く知られてるのは3のジャンルじゃないかと思うんですが。
面白いのは4だったかな。
秋田の「牛乗り・くも舞」が本当に怖かった。
不思議とこの本では中四国地方の祭りは全然ありませんでした。
うーん、確かに地元のことを考えても、この本に紹介されてるような「突き抜けた」奇妙な祭りはないかも。
それとも既に廃れてしまったのか・・・・。

この本は興味のない人には全然刺さらないと思うので、そこそここういうのに興味があって、入り口を探してるような人にオススメかな。


 
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

玉さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

そうそう!あの祭りの情報も、この本から仕入れたんだよ~。
初心者向けの本なので、
最初「ふーん」てサクサク読んでしまうんだけど
あとでふと、よく考えたらこれ、すごく怖いな・・・って
ゾ~ッとしてしまうようなところがあるんだよね。
この時間差でゾッとするのが、クセになるというか(笑)
お祭り気になるんだけど、
確かにその日一日だけだったりするから、
なかなか見学って難しいよねぇ。

Re: タイトルなし

misachi68さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

えー夏に田楽!?それはイイね!
こっちは意外に田楽ってあまりないなぁ
神楽が盛んすぎて影薄いのかもしれない…。
ぜひぜひ図書館で借りてみてちょ。
初心者向けだから読みやすいし写真も多いし。

先日のあけぼうちゃんのブログから
滋賀のお釜かぶるお祭りの動画とか見てニヤニヤしたところだったので
自分も奇祭への興味の下地はできてる感じかもしれません。

お祭り面白いよね。負担の多いことなのにめんどくさがらずにれんめんと昔の人たちからが伝えてる感じ。。最初の人たちの動機とかもうよくわかんなくなってるのもある気もするし(^こ^:) 読んでみたくなりました。

みささん、田楽いいなあ。行きたい行きたいとずーっと言いながら行けてないお祭りいっぱいあるなあ。うーん。

面白そう〜〜
これはちょっとそそられますわ。
行けるところなら行ってみたいし。

ふふ、夏に近場の田楽を見に行く予定になっているんですよ〜

プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女(毒)
血液型:A型
住 居:広島県
特 徴:ご朱印女子...
近 況:
Instagram(別名)

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
RSSリンクの表示
あけぼうの木
FC2カウンター
フリーエリア