おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
2015年5月。鹿児島。



仙巌園に来ております。
ちょうど、GWおわりに飛び込んできたニュース。
明治日本の産業革命遺産として、5月4日ユネスコの諮問機関「国際記念物遺跡会議(イコモス)」より『明治日本の産業革命遺産九州・山口と関連地域』について、推薦案件の名称を『明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業』と変更したうえで、世界遺産一覧表への「記載が適当」と勧告がなされました。
全国ニュースではあまり出てきませんでしたが、ここ鹿児島にもあります。


鉄製150ポンド砲!



この反射炉跡!

変な国が変なイチャモンつけてきてますけど、どうなるんですかね~。



反射炉のレプリカみたいなやつ。

反射炉の近くに、ひっそりと小さなお社があったので、参拝しておきました。



だって、水神さまですもん、この雨を何とかしてもらわないと・・・。
(でも小さなお社は撮らなかった。なんとなく撮ったら雨がやまない気がしたんだー)



あと、とっても鹿児島っぽいアイテム。「克灰袋」。
昔は降灰袋と呼んでたけど、もっとポジティブに!ってことで名前に変えたんだそうです。
この後も、ちょくちょく見かけました。ちゃんと撮れたのはここだけでしたがw



こちらが、仙巌園の正門。
なにか太鼓の催し?をやるみたいで、準備が始まってました。



敷地面積が50,000平方メートルもある園内、サクサク行きたいところだけど、なんか中国の団体ツアーに巻き込まれ始めたw



赤い門をくぐって、ここからが、いわゆる「お庭」のゾーンです。芝生が美しい。



中国の団体客、さっそくこの灯篭のまえで写真を撮るw
「獅子乗大石灯篭」といって、これ、比較対象物がないからわかりづらいですけど、相当大きな灯篭です。
すごい観光客の数だしね、雨でみんな傘さしてるしね、日本人はサッと写真撮って、サッと通り過ぎるわけですよ。
そこいくとね、中国人観光客はしつこいw 後ろがつっかえて邪魔になろうがどうしようが、何回も写真撮るw まぁせっかく遠方から来たわけだし、心ゆくまで撮ったらいいけど、その膨大な写真データ、あとで整理するの大変だと思うよ・・・。



ちなみにですね、こののぼりの向こうには、本来ドーンとでっかい桜島が見えるんですけどね・・・真っ白・・・
゚・(ノ∀`;)・゚・
ここ、一番ええとこ。
一番ええとこなのにぃ~~~(>'A`)>ウワァァ!!



お殿様の御殿です。中を見学するツアーもやっていました。



同じ海外からの観光客でも、中国と台湾の両方のツアー客がいて、同じようにうるさかったんですけどw なんとなく台湾は賑やかな南国ノリなんですよね~。中国のほうは、ちょっとケンカというか言い争いみたいに聞こえる。思わず間に割って入って「どうどう」と言いたくなる感じw まぁそう言いながらも一緒になって「ここ、フォト・ポイント!」「OH!」とか言ってたんだけどなwww

そんな中華団体客の間に、ポツポツと混ざりこんだ日本人たちは、基本的に雨で寡黙になりがちだったんですがw
この池のほとりを歩いてるときに、男の子のこんな声が響き渡りました。

「ねーママ! きのこ~~~!」
「ね~ね~! きのこ~~~!」
「みつけた~! ほら~~☆」

見れば、あけぼうの目の前にいる男の子が、立派なきのこを手にもっているではありませんか!
Σ(゚Д゚ノ)ノ 
しかも大きさといい形状といい、ちょっとシイタケっぽい!
(でもシイタケよりちょっと白っぽい)

わかっています。
本来、こういう場所ではそもそも植物に触れてはいけない・・・
大人ならば、注意すべきです・・・
まぁ、小さな子のやったことですし。
近くにいた係員さんも苦笑しつつ黙ってましたけど・・・

しかし、

・・・うらやましい・・・
(*゚∀゚*)


気づけばそこには、きのこを探して
必死に目を凝らすあけぼうの姿がありました・・・
ダメな大人です・・・

でも・・・だって、仙巌園にきのこが生えてるだなんて・・・
写真にだけでもおさめときたいじゃん・・・

仙巌園のシュッとした日本庭園と【きのこ】・・・
仙巌園から桜島を望む雄大な景色をバックに【きのこ】・・・

そんな素敵な写真が撮れるかもしれないんですよ!?

しかし、結局きのこを発見することはできませんでした。
少年は探すまでもなく、見つけたというのに・・・
なんでしょう、この才能の差・・・

そんな少年、
「そんなのいいから!取っちゃダメ!行くよ!」
と、お母さんに言われて、きのこを茂みにポイして行ってしまいました・・・。
未練なく、無造作にポイしていったよ・・・
捨てるくらいなら、わしにくれ!
(・・・と言うヒマもなかった・・・)

(´・ω・`)



きのこを諦め、散策は続きますw

つづく。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事


追記を閉じる▲


鉄製150ポンド砲!



この反射炉跡!

変な国が変なイチャモンつけてきてますけど、どうなるんですかね~。



反射炉のレプリカみたいなやつ。

反射炉の近くに、ひっそりと小さなお社があったので、参拝しておきました。



だって、水神さまですもん、この雨を何とかしてもらわないと・・・。
(でも小さなお社は撮らなかった。なんとなく撮ったら雨がやまない気がしたんだー)



あと、とっても鹿児島っぽいアイテム。「克灰袋」。
昔は降灰袋と呼んでたけど、もっとポジティブに!ってことで名前に変えたんだそうです。
この後も、ちょくちょく見かけました。ちゃんと撮れたのはここだけでしたがw



こちらが、仙巌園の正門。
なにか太鼓の催し?をやるみたいで、準備が始まってました。



敷地面積が50,000平方メートルもある園内、サクサク行きたいところだけど、なんか中国の団体ツアーに巻き込まれ始めたw



赤い門をくぐって、ここからが、いわゆる「お庭」のゾーンです。芝生が美しい。



中国の団体客、さっそくこの灯篭のまえで写真を撮るw
「獅子乗大石灯篭」といって、これ、比較対象物がないからわかりづらいですけど、相当大きな灯篭です。
すごい観光客の数だしね、雨でみんな傘さしてるしね、日本人はサッと写真撮って、サッと通り過ぎるわけですよ。
そこいくとね、中国人観光客はしつこいw 後ろがつっかえて邪魔になろうがどうしようが、何回も写真撮るw まぁせっかく遠方から来たわけだし、心ゆくまで撮ったらいいけど、その膨大な写真データ、あとで整理するの大変だと思うよ・・・。



ちなみにですね、こののぼりの向こうには、本来ドーンとでっかい桜島が見えるんですけどね・・・真っ白・・・
゚・(ノ∀`;)・゚・
ここ、一番ええとこ。
一番ええとこなのにぃ~~~(>'A`)>ウワァァ!!



お殿様の御殿です。中を見学するツアーもやっていました。



同じ海外からの観光客でも、中国と台湾の両方のツアー客がいて、同じようにうるさかったんですけどw なんとなく台湾は賑やかな南国ノリなんですよね~。中国のほうは、ちょっとケンカというか言い争いみたいに聞こえる。思わず間に割って入って「どうどう」と言いたくなる感じw まぁそう言いながらも一緒になって「ここ、フォト・ポイント!」「OH!」とか言ってたんだけどなwww

そんな中華団体客の間に、ポツポツと混ざりこんだ日本人たちは、基本的に雨で寡黙になりがちだったんですがw
この池のほとりを歩いてるときに、男の子のこんな声が響き渡りました。

「ねーママ! きのこ~~~!」
「ね~ね~! きのこ~~~!」
「みつけた~! ほら~~☆」

見れば、あけぼうの目の前にいる男の子が、立派なきのこを手にもっているではありませんか!
Σ(゚Д゚ノ)ノ 
しかも大きさといい形状といい、ちょっとシイタケっぽい!
(でもシイタケよりちょっと白っぽい)

わかっています。
本来、こういう場所ではそもそも植物に触れてはいけない・・・
大人ならば、注意すべきです・・・
まぁ、小さな子のやったことですし。
近くにいた係員さんも苦笑しつつ黙ってましたけど・・・

しかし、

・・・うらやましい・・・
(*゚∀゚*)


気づけばそこには、きのこを探して
必死に目を凝らすあけぼうの姿がありました・・・
ダメな大人です・・・

でも・・・だって、仙巌園にきのこが生えてるだなんて・・・
写真にだけでもおさめときたいじゃん・・・

仙巌園のシュッとした日本庭園と【きのこ】・・・
仙巌園から桜島を望む雄大な景色をバックに【きのこ】・・・

そんな素敵な写真が撮れるかもしれないんですよ!?

しかし、結局きのこを発見することはできませんでした。
少年は探すまでもなく、見つけたというのに・・・
なんでしょう、この才能の差・・・

そんな少年、
「そんなのいいから!取っちゃダメ!行くよ!」
と、お母さんに言われて、きのこを茂みにポイして行ってしまいました・・・。
未練なく、無造作にポイしていったよ・・・
捨てるくらいなら、わしにくれ!
(・・・と言うヒマもなかった・・・)

(´・ω・`)



きのこを諦め、散策は続きますw

つづく。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事

FC2blog テーマ:国内旅行記 - ジャンル:旅行

【2015/05/25 12:00】 | 鹿児島県
【タグ】 鹿児島  観光地  
トラックバック(0) |

Re: No title
あけぼう
misachi68さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

そうなのよ・・・彼の才能に嫉妬だよw
確かに小さいほうが、
視界が低いから有利ってのはあると思うんだけどね?
それにしてもまさかこの場所で「きのこ」という
単語を使用することになるとはw
不覚でしたw

No title
misachi68
ヶラヶラ((´∀`))ヶラヶラ面白い!少年ときのこ!!
やっぱり小さい子って目線が大人とは違うんだろうね〜
もしかしたら、きのこ探しの才能を買われて、そのうち
キノコ狩りのシーズンに人気者になってるかもしれない。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: No title
misachi68さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

そうなのよ・・・彼の才能に嫉妬だよw
確かに小さいほうが、
視界が低いから有利ってのはあると思うんだけどね?
それにしてもまさかこの場所で「きのこ」という
単語を使用することになるとはw
不覚でしたw
2015/05/25(Mon) 17:46 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
No title
ヶラヶラ((´∀`))ヶラヶラ面白い!少年ときのこ!!
やっぱり小さい子って目線が大人とは違うんだろうね〜
もしかしたら、きのこ探しの才能を買われて、そのうち
キノコ狩りのシーズンに人気者になってるかもしれない。

2015/05/25(Mon) 15:17 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック