おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
2015年5月。鹿児島。

2日は・・・朝から・・・雨でした・・・・
llllll(-ω-;)llllll


≪通りすがり、車内からザビエルさん&弟子の銅像を撮影≫
(最初に布教をはじめた地、それは鹿児島・・・)

いったい、だれの行いが悪かったん・・・?

全員が「わたしじゃない!」と断言。

( ̄- ̄) シーン…
車内、しばし無言に・・・・

今日は、鹿児島市内の「仙巌園」という所に向かってます。
万治元(1658)年、19代島津光久によって築かれた別邸(と、その庭)です。
桜島がお庭から見えてて絶景とのこと。

海沿いの一本道をずーっと走っているうち・・・
目的地が、見えてきたんですが(ナビも目的地だと言ってる)

あっ・・・あ!・・・あ!?

と、あわててるうちに

うっかり通り過ぎてしまいました(笑)
( ≧Д≦ )





ここ!
この建物(尚古集成館)の前が駐車場です。
他にはないから!
見たら、すぐ入って!w
~我々からの、アドバイスです~

てか、なんで通り過ぎちゃったかというと、仙巌園は市内でも指折りの観光地なので、もしかしてこの先に巨大な駐車場があるんじゃないかという考えが一瞬脳をよぎっちゃったんですよね。で、つい進んでしまって後の祭りです
・゚・(ノ∀`;)・゚・
交通量の多い一本道のために、Uターンもままならず、そのままずいぶん走ってしまったよ(笑)なんという時間のロス。

でも、その寄り道のおかげ(?)で、こんな史跡に遭遇。



西郷隆盛、蘇生の家。
蘇生っていうと、あれです。
安政の大獄が始まるわ、敬愛する斉彬公が亡くなってしまうわ、色々あって、絶望した西郷さんと月照さんが、入水自殺を図って西郷さんだけ助かったっていう・・・あの・・・。



あっ、この屋根!これですこれ!蘇生の家!!!
中の様子は見られないまでも、地理関係みたいなのは、なんとなく理解できました。一応、収穫としておこう。

んで。



いろいろ回り道をしましたが、やっと、到着です。(;^ω^)



ゆくさ、おさいじゃったもした~~~~!!!( ゚∀゚)

薩摩弁。今回の旅では、お店とかサービス業の人としか話さなかったために、あまり聞くことが出来なかったのも、ちょっと未練かな。大河ドラマの「翔ぶが如く」でも、会話に字幕が入ってたのは懐かしい思い出。外国語と変わらん、と両親が鹿児島出身の友人も言ってたっけ・・・。



薩摩へ送った公儀隠密は帰ってこない(抹殺されて)
とか、
薩摩弁はそもそも隠密対策として他国人に分からないように発展した
とか、
そのせいで第二次世界大戦中、暗号代わりに薩摩弁が使用されてた
なんて伝説を聞くにつけ(本当かどうかは知らないw)
「どこまで戦闘民族なんだ・・・」と、一目も二目も置いてしまいますよ~。
イメージカラーもなんとなく「黒!」って感じあるし、かっこいいよね~。

つづく~

ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事


追記を閉じる▲

全員が「わたしじゃない!」と断言。

( ̄- ̄) シーン…
車内、しばし無言に・・・・

今日は、鹿児島市内の「仙巌園」という所に向かってます。
万治元(1658)年、19代島津光久によって築かれた別邸(と、その庭)です。
桜島がお庭から見えてて絶景とのこと。

海沿いの一本道をずーっと走っているうち・・・
目的地が、見えてきたんですが(ナビも目的地だと言ってる)

あっ・・・あ!・・・あ!?

と、あわててるうちに

うっかり通り過ぎてしまいました(笑)
( ≧Д≦ )





ここ!
この建物(尚古集成館)の前が駐車場です。
他にはないから!
見たら、すぐ入って!w
~我々からの、アドバイスです~

てか、なんで通り過ぎちゃったかというと、仙巌園は市内でも指折りの観光地なので、もしかしてこの先に巨大な駐車場があるんじゃないかという考えが一瞬脳をよぎっちゃったんですよね。で、つい進んでしまって後の祭りです
・゚・(ノ∀`;)・゚・
交通量の多い一本道のために、Uターンもままならず、そのままずいぶん走ってしまったよ(笑)なんという時間のロス。

でも、その寄り道のおかげ(?)で、こんな史跡に遭遇。



西郷隆盛、蘇生の家。
蘇生っていうと、あれです。
安政の大獄が始まるわ、敬愛する斉彬公が亡くなってしまうわ、色々あって、絶望した西郷さんと月照さんが、入水自殺を図って西郷さんだけ助かったっていう・・・あの・・・。



あっ、この屋根!これですこれ!蘇生の家!!!
中の様子は見られないまでも、地理関係みたいなのは、なんとなく理解できました。一応、収穫としておこう。

んで。



いろいろ回り道をしましたが、やっと、到着です。(;^ω^)



ゆくさ、おさいじゃったもした~~~~!!!( ゚∀゚)

薩摩弁。今回の旅では、お店とかサービス業の人としか話さなかったために、あまり聞くことが出来なかったのも、ちょっと未練かな。大河ドラマの「翔ぶが如く」でも、会話に字幕が入ってたのは懐かしい思い出。外国語と変わらん、と両親が鹿児島出身の友人も言ってたっけ・・・。



薩摩へ送った公儀隠密は帰ってこない(抹殺されて)
とか、
薩摩弁はそもそも隠密対策として他国人に分からないように発展した
とか、
そのせいで第二次世界大戦中、暗号代わりに薩摩弁が使用されてた
なんて伝説を聞くにつけ(本当かどうかは知らないw)
「どこまで戦闘民族なんだ・・・」と、一目も二目も置いてしまいますよ~。
イメージカラーもなんとなく「黒!」って感じあるし、かっこいいよね~。

つづく~

ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2015/05/22 17:01】 | 鹿児島県
【タグ】 鹿児島  
トラックバック(0) |

Re: No title
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うん、友達はそう言ってた。特にご両親が、故郷にいる親戚と電話で話してる時とか、我が親ながら何喋ってるかサッパリわからんw って笑いながら言ってましたよ〜。

GWの旅行の天気予報は、随分前から注視してきたんですけど、最初はオール晴れだったのが、直前になってどんどん怪しくなり、出発当日には初日以外は全部雨の日って予報になり…、火山や灰よりよっぽど振り回されちゃったよ。でも、その振り回され感が、後で面白さに変わるんだよねー♪

No title
misachi68
(≧∇≦)アハハ!!外国語と変わらん〜〜
なかなか衝撃的な方言ですね。
私、方言ネタ好きだわ〜

旅行中の雨はちょっとテンション下がりますよね。
私なんていつものことですけどw
雨が降ったら、それは常に私のせいなんですよ(; ^ω^)
でもきっとそれも後から思い出せる面白ポイントでしょうw

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: No title
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うん、友達はそう言ってた。特にご両親が、故郷にいる親戚と電話で話してる時とか、我が親ながら何喋ってるかサッパリわからんw って笑いながら言ってましたよ〜。

GWの旅行の天気予報は、随分前から注視してきたんですけど、最初はオール晴れだったのが、直前になってどんどん怪しくなり、出発当日には初日以外は全部雨の日って予報になり…、火山や灰よりよっぽど振り回されちゃったよ。でも、その振り回され感が、後で面白さに変わるんだよねー♪
2015/05/23(Sat) 23:27 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
No title
(≧∇≦)アハハ!!外国語と変わらん〜〜
なかなか衝撃的な方言ですね。
私、方言ネタ好きだわ〜

旅行中の雨はちょっとテンション下がりますよね。
私なんていつものことですけどw
雨が降ったら、それは常に私のせいなんですよ(; ^ω^)
でもきっとそれも後から思い出せる面白ポイントでしょうw
2015/05/23(Sat) 09:26 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック