海上自衛隊第一術科学校見学 その2

前回からの続きです☆
江田島にある、海上自衛隊第一術科学校を見学中~。



かなり樹齢がありそうな、松林。
そういえば、この中に教員の方がいたら、是非「気をつけ」が出来るように生徒に教えて欲しいと、案内人の方が言っておられました。まっすぐ立てないんでしょうね、最近の若い子。ていうか、わりと中年あたりから下の世代はそうかも。たぶん、我々が「やってるつもり」でも、ダメダメなんだろうな・・・基本的に姿勢が悪いんだよね・・・(∩´﹏`∩)

ちなみにこの江田島の海軍兵学校が、なんで空襲から免れたかっていうと、米軍側はすでに占領後のことを見据えていて、のちのち拠点の一つとして施設を使おうと思っていたから、あえて破壊せずに残したんだとか。けっ(*`へ´*)



我々が歩いている道路を除いて、建物の周りは、こんなふうに白砂が敷いてあって、まるでお寺のように生徒さんによって掃き清められています。ここは立ち入り禁止。



ここのシンボル的建物。幹部候補生学校庁舎(海軍兵学校生徒館)。
江田島市長さんの名刺にもこの写真が使われているらしいですよ。
県外で名刺交換する際、好リアクションらしいですわ。(ΦωΦ+)ホホゥ….



説明で最も驚いたのは、建物全体を覆う、このレンガでした。
見たら、わかっていただけるかも。
ツルツル、スベスベなんです。
(出来ないけど)きっと、叩いたら甲高い音がしそうな感じ。
当時、イギリスから直輸入したこのレンガは高温で焼き上げてある上質なもので、今となってはなかなか手に入らないそうです。現代では同じレンガを求めた場合、1枚2万円するそうです。2まん!ゲッ!(꒪ꇴ꒪|||)



中には一般人は入れないんですが、ここから内部が少し覗けます。大人気撮影スポット。
NHK「坂の上の雲」でも、ここは映っていました。今ではここを「モッくん廊下」と呼ぶ(笑)



そして最後に、このギリシャ神殿ぽい、白い建物が「教育参考館」です。
この中には、海軍の創設から、太平洋戦争集結まで、様々な海軍関係者の遺品や遺物、写真などなどが展示されてます。
展示物や保管されていた資料は終戦のとき、GHQの手から守るため、特に大事なものに関しては大三島の大山祇神社等に預かって(隠して)貰ったりしたそうです。あとは、かなりの資料を泣く泣く焼却したらしいです。
でも、中を見学したら、とてもそうは思えないほど、たくさんの展示物が保管されてましたけどね。



建物内は撮影禁止なので、写真はここまで。
いやー神聖な場所といいますか。
勝海舟や坂本龍馬など、幕末維新の有名人から日清日露…太平洋戦争…特攻隊の遺書など…(ノД`)
見学はトントンと進むけど、目の前の展示物の情報量が多すぎて、ついていけないっていうか、時間が足りない~(A;´・ω・)アセアセ



最後に太平洋戦争の結果が記載された地図があるんですが、あらためてその犠牲の大きさに呆然としましたよ。なんともいえない気分になる。よくここまで突き進んだよな(呆然)・・・ってなりました。


≪この建物は教育参考館とは違うのですが、ラッパが気になって撮影☆≫

いやー、ここはまた訪れたいですね。
この、なんともいえない気持ち、たまには味わうべきだなと思います。
飛ばしてしまった資料も、じっくり見たいですし。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近はイヤなニュースが耳に入ってきます。
きっとここの学生さんたちも、他人事ではない気持ちでそのニュースを見てるのだろうな・・・。
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

広報ミヨッたんさん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

でもね見てたら悲しくなりました~。
地図を見つめながら昨今の現状を考えると、
嗚呼、やっぱりこの時にあの強かった大和民族は、
一度滅びたんだな~と思いました。
左巻きの人たちが「軍靴の音が聞こえる」だの
「あの時と同じことを繰り返すな」だの言ったりしますが
大変な思い上がりというか。
こんな、毎日ふわふわ生きてる我々なんかに、
同じことなどできないですよ、絶対。
今だってなんもできない。
自分たちで人質を助けられない。
ヨルダンにはかつて
毎日新聞のクソみたいな記者が
クラスター爆弾を空港に持ち込んで
国民の皆様に大変迷惑をかけたわけです。
その、1度借りを作ってるヨルダンにまたも頼るしかない。
こんな情けない国があるでしょうか。

misachi68さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

見ごたえあったよ~~。
教育参考館はホント、聖地という感じよ。
かといって暗い気持ちになるっていうのとは
ちょっと違うので、おすすめするよ~。

あの〜

かつての帝国海軍は
やはり世界最強でした。
こんな小さな島国では
ありえないほどの艦船を所有し、
鬼畜欧米を駆逐しながら
アジヤの解放を成し遂げたのです。
日本が侵略したのではなく、
鬼畜欧米の侵略からアジヤを解放したということを
あらためて、はっきりしないといけません。
安倍ちゃんの新たな首相談話が
楽しみですね。

幕末から太平洋戦争までって、
ほんとに激動の時代だし、
資料は膨大だよね〜

建物もどれもイイですね〜(ラッパも)
レンガとかめっちゃ素敵!!
高級感ありますよ!
空襲から免れたのも納得ですね。



プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女(毒)
血液型:A型
住 居:広島県
特 徴:ご朱印女子...
近 況:
Instagram(別名)

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
RSSリンクの表示
あけぼうの木
FC2カウンター
フリーエリア