「泣き虫 弱虫 諸葛孔明(第1部)」読んだよ~

泣き虫弱虫諸葛孔明〈第1部〉 (文春文庫)泣き虫弱虫諸葛孔明〈第1部〉 (文春文庫)
(2009/10/09)
酒見 賢一

商品詳細を見る


口喧嘩無敗を誇り、いじめた相手には得意の火計(放火)で恨みを晴らす―なんともイヤな子供だった諸葛孔明。奇怪な衣装に身を包み、宇宙の神秘を滔々と説いて人を煙に巻くアブナイ男に、どうしてあの劉備玄徳がわざわざ「三顧の礼」を尽くしたのか?新解釈にあふれ無類に面白い酒見版「三国志」待望の文庫化。



年をまたいで読み終えました~。
面白かったー!
三国志は作家さんの解釈次第でいろいろな小説があるので、どの作者の三国志が好きかなんて話で盛り上がれるくらいですけど、中でもこの作者が提示した孔明像。
これは、かつてないトリッキーな孔明像でしたwww
ゆえに、好き嫌いは分かれそう。
それと、三国志を全く知らない人には厳しい内容かもしれない。
もちろん、あらすじ程度で十分ではあるんだけど、とにかくスタンダードなキャラ設定を踏まえていないと、「この人がこんなキャラに描かれてるwww」っていう面白みが半減しちゃうかもしれないです。

今回の第一部は、内容としては「三顧の礼」まで、です。
ふつう、孔明は、三顧の礼を受けて劉備陣営に入ったところから、話に登場してくるというか、活躍が始まるわけで・・・それまでは無名、まったくストーリーに関わってこない感じなのに、この小説はその部分だけで、丸々一冊なんです。だから、ちょこっとしか出てこなかった孔明周辺の人たちが、メインの登場人物としてがっつり出てきます。孔明の姉とか弟の均とか妻の黄氏、ホウ徳公、水鏡先生、徐庶・・・。

作者の講釈を聞いてるような形式で話は進んでいくんですが、そこが面白い。
語られる三国志の解釈が面白い。(時にツッコミも・・・)
特に、この本の劉備のキャラは、今までで一番好感が持てましたw 
いろんな意味で「ガチ」な曹操陣営に比べ、なんともゆるいというか・・・なにをやるにも雑っ!て感じで・・・w

全てにおいて斜め上な孔明と、劉備が、いかなる運命で出会うことになるのか。
どっちも相手に熱意を持ってない(!)というのにw
あの孔明と、この劉備が出会う時、いったいどんな化学反応がおきるのか・・・。
中盤から後半の謎の盛り上がり、たまりませんでしたw 
(・∀・)ニヤニヤ

あと、余談ですが、
英語バージョンの三国志描写が、大変ツボでした。
本筋には全然関係ない部分ではあるのですがw
ロイヤル・ブラッドのベリーナイスヒーローを二人のスーパー・ストロンゲスト・グラディエーターがサポート&アシストしながらテリブルに暴れまわり、なんやかんやの後に、ドクター・ウォーター・ミラー(水鏡先生)の導きにより、オペレーション・キャッチ・ザ・スリーピングドラゴン(三顧の礼)に成功
まで、第一部で読んだので・・・w 
そうすると、やっぱり孔明登場後の、
満を持して登場したスリーピング・ドラゴン(臥龍)が、チョウ“ビューティー・ザ・マン”(美周郎)などと、ワンダフル・サイエンスフィック・ミリタリー・プランを戦わせながらザ・グレート・バトル・オブ・レッドクリフにて、てんやわんやの大活躍をする・・・
赤壁の熱い展開が期待されますね~☆ 
ほんと、英語版三国志面白そうだよね。
フランス語とかもまた楽しそう(読めんけど)、チャイニーズ・ピーチ・ガーデンでプロミスする時も、「セ・シ・ボン~♪」言うんでしょうか。

まあ、こんなノリも挟みつつ進んでいく話ですw
まじめでカッコイイ三国志はもうお腹いっぱいだよ!って人には超オススメ。
今、第4部まで続きが出ているようなのですが、気になる気になる。
でもまだ未完のようですね。五丈原までは長いよなあ・・・。


ブログランキング・にほんブログ村へ
   



   
関連記事

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本『泣き虫弱虫諸葛孔明』読んだ(*≧艸≦) ウフフ

泣き虫弱虫諸葛孔明(2004/11/25)酒見 賢一商品詳細を見る 予想を遥かに超えて面白かった〜〜 有名な三国志の人気キャラ諸葛亮孔明のお話。 『三國志』と『三国志』と『三國志通俗演義』をひもときながら 酒見賢一氏のオリジナルな小説になってます。 私は横山光輝さんのコミックが全巻ウチにあったので お話は知ってるけど、20年近く前に読んだもので 記憶もあやふやだけど...

コメントの投稿

非公開コメント

TBも送ったよん

ふふふ、読みました♪
面白い!!なんども噴き出すやら、にやにやしちゃうやら。
図書館にいろいろ予約してるけど、
合間をぬって続きも読みたいなと。
ありがとう〜〜

広報ミヨッたんさん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

あーでも、三国志はハマるきっかけが無かったら、永遠に読まずじまいになりそうなシリーズではありますよね。何巻もあるし、社会人にはハードル高いかも。
あけぼうの場合は子供のころにNHK人形劇があったからハマりましたけど、これ、世代にもよるかもしれないですね。若い子はゲームから入ると思うし。
まあ老後の楽しみにとっとくのもありかも。
ファースト「三国志」は、この本より、もっと真面目でかっこいい本が良いと思います☆

misachi68さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

あ、大丈夫。
横山三国志を読んでさえいれば全然問題ないです♪
あけぼうも、当分三国志からは離れていたので、細かいとこ忘れてたし。

小説読んで「ぷくくく・・w」と笑えることって、滅多にないじゃないですか。
でも、この本は笑えました。貴重です!ぜひおすすめ!
今はまだ続いてるけど、完結したら、本買っちゃうと思う。
劉備の「いい顔」とか、サイコーです(読めばわかる)

あの〜

僕はいまだに
三国志は読んだことないんです。
あれほど有名でファンもいっぱいいるのに…
50歳くらいになったら、
読んでみようと思いますw

わー!面白そう(人‘▽‘☆) ルン♪

三国志は漫画で読みました、もちろん横山先生の!
面白いよね〜。
でも長いので2回くらい読んでるのにイマイチ
わかってないところ多いんですけども。
ああ、この覚えられない歴史オンチ頭・・・
中でも、諸葛孔明はお気に入りキャラです。
それが、幼少期からだなんてワクワクしますわ〜
絶対読みますわ!!
ありがとう、いつもあけぼうさんから面白そうな本教えてもらってる〜〜
プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女(毒)
血液型:A型
住 居:広島県
特 徴:ご朱印女子...
近 況:
Instagram(別名)

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
RSSリンクの表示
あけぼうの木
FC2カウンター
フリーエリア