おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
2014年12月、今年もラストのおでかけです。
天気予報は「大寒波がくるぞ!」だったので、近場で探しました~。

というわけで、やって来たのは岡山県倉敷市。
といっても、ガイドブックによく載ってる「美観地区」があるあたりではなく、もうちょっと南のほうです。
皆さんは、社会の時間のときに「太平洋ベルト」とか、各地の工業地帯(地域)について習ったと思うんですけど。京阪工業地帯・中京工業地帯・・・阪神・・・北九州・・・今は工場萌えの人が夜景を撮ったりするのでおなじみかも。
そんな工業地帯が瀬戸内にもございます。
大きな所で、山口の周南と、そしてここ、倉敷の南部に広がる水島地域。水島コンビナート。

んで。
前置きが長くなりましたが。
そういう工業地帯っていうのは、仕事以外ではあまり行くことってないじゃないですか。
つか、あけぼうは仕事でも関係がないので、今まで行ったことがありませんでした。

今回、調べたらご朱印をもらえそうな神社があるということで、やって来てみたところ・・・

箆 (22)

なんか、結構趣のある古い建物が、ちらほら建ってたりして、面白いんですよ。

箆 (21)

道せまいから、車で通るのは、ちょっと大変だけどね(;^ω^A

ちなみに、倉敷の南部の地名は「児島」「水島」「玉島」など、島の付くところが多いです。
なぜって、むかしは海だったんだって。このへん。
瀬戸内海の一部みたいな。
だから、島がついてるところは、本当に島だったらしいです。
小さな島がたくさんある風景だったみたい。
今から行く神社も 岡山県倉敷市連島町西之浦という住所。
そう。やはりここも、島だったそうです。

なので山の中腹あたりに、へばりつくように建ってました。
それはもう、車で上がっていくのが恐ろしい場所にありましたよ・・・。
今となってはよく行ったよな~って思います。
(((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

箆 (2)

到着。駐車場はまた神社の横のほうにあるのですが、こっちが正面になります。
徒歩だとこの階段を下から延々と上がってくるんだろうな・・・。

箆 (1)
≪クリックで拡大≫

駐車場からの景色。頑張った甲斐あって、かなり見晴らしがいいです。
そして遠くに、水島コンビナートの煙突が見える・・。

この神社の名前は「箆取神社」。
問題なく読めた人はえらい!正解は、へらとりじんじゃです。

箆 (4)

ご祭神は
豊玉姫命、大綿津見命(海神也)、玉依姫命、神使七十五社眷族(霊狐)

もとは海若宮と呼ばれていたそうなんですけど、かつて壬申の乱の頃、あるとき神官が目の前に広がる瀬戸内海を眺めていたところ、海上に「箆」のご神文が顕れたところから、箆取大権現と称したということです。今は火難・盗難除の神社として有名とのこと。
海上に箆(へら)の字って!
字が顕れるのもびっくりだけど、いろんな文字がある中でなんで「箆」なんだろ。
箆(へら)って、わかりますよね?
お好み焼きひっくり返すやつとか、ああいうのだよ。
古代では「箆」には特別な意味があったとか、そういうのがあるのかな・・・ちょっとググッてみたけど、良く分からなかったよ。

この箆取神社、拝殿までの坂道が、回廊になっています。

箆 (5)

想像以上にこの回廊が立派で。
同じ岡山にある「吉備津神社」の回廊を思い出してしまうほどです。

箆 (6)

ちょっと長くなったので、つづきまーす。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
なんか、結構趣のある古い建物が、ちらほら建ってたりして、面白いんですよ。

箆 (21)

道せまいから、車で通るのは、ちょっと大変だけどね(;^ω^A

ちなみに、倉敷の南部の地名は「児島」「水島」「玉島」など、島の付くところが多いです。
なぜって、むかしは海だったんだって。このへん。
瀬戸内海の一部みたいな。
だから、島がついてるところは、本当に島だったらしいです。
小さな島がたくさんある風景だったみたい。
今から行く神社も 岡山県倉敷市連島町西之浦という住所。
そう。やはりここも、島だったそうです。

なので山の中腹あたりに、へばりつくように建ってました。
それはもう、車で上がっていくのが恐ろしい場所にありましたよ・・・。
今となってはよく行ったよな~って思います。
(((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

箆 (2)

到着。駐車場はまた神社の横のほうにあるのですが、こっちが正面になります。
徒歩だとこの階段を下から延々と上がってくるんだろうな・・・。

箆 (1)
≪クリックで拡大≫

駐車場からの景色。頑張った甲斐あって、かなり見晴らしがいいです。
そして遠くに、水島コンビナートの煙突が見える・・。

この神社の名前は「箆取神社」。
問題なく読めた人はえらい!正解は、へらとりじんじゃです。

箆 (4)

ご祭神は
豊玉姫命、大綿津見命(海神也)、玉依姫命、神使七十五社眷族(霊狐)

もとは海若宮と呼ばれていたそうなんですけど、かつて壬申の乱の頃、あるとき神官が目の前に広がる瀬戸内海を眺めていたところ、海上に「箆」のご神文が顕れたところから、箆取大権現と称したということです。今は火難・盗難除の神社として有名とのこと。
海上に箆(へら)の字って!
字が顕れるのもびっくりだけど、いろんな文字がある中でなんで「箆」なんだろ。
箆(へら)って、わかりますよね?
お好み焼きひっくり返すやつとか、ああいうのだよ。
古代では「箆」には特別な意味があったとか、そういうのがあるのかな・・・ちょっとググッてみたけど、良く分からなかったよ。

この箆取神社、拝殿までの坂道が、回廊になっています。

箆 (5)

想像以上にこの回廊が立派で。
同じ岡山にある「吉備津神社」の回廊を思い出してしまうほどです。

箆 (6)

ちょっと長くなったので、つづきまーす。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:神社めぐり - ジャンル:旅行

【2014/12/25 13:21】 | 倉敷市
【タグ】 岡山  倉敷  神社  
トラックバック(0) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよ、こんな字の存在、まったく知らなかったですよ箆箆箆w
余裕で変換してくれるPCなくして、このブログ記事はありえない・・・なんちってw


No title
玉坂めぐる 
箆・・・・!
漢字変換できるんですね!
PCさん物知りだわ・・・。
こんな字全然しらんかったです。
びっくりして、(^0^)
それから笑う・・・(^i-204^)箆箆箆。


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

とっても晴れてるんですけど、ここって全然さえぎるものが何もないから、なんかすごい強風が吹いててですね・・・体感温度としてはかなり寒かったです。
まぁ、寒い地方の人からすると「へっ」て言われちゃうかもしれないけど(;^ω^A

そもそも「へら」っていう漢字があることにもびっくりでした。
ひらがな(もしくはカタカナ)しか無いと勝手に思ってた・・・。
でも「箆」という文字を構成する具をバラバラにして、よく見てみると、波の形に見えなくもないかもって思い始めてきました。でもなんで箆?っていう疑問は分からないままなんですけどね・・・昔の人、それでよく納得したよな~~。

メリーさんとクリスさん&トーマスさん イェ~イ
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

奥様、石神さんのお守り買いました?あれ良いですよねー。
あけぼうはもったいなくてまだ持ってるw
思うんですけど、神様はもっと前から、ありがたい文字を浮かび上がらせてたのかもしれません。でもなかなか人間が気づいてくれなくて、あれこれ文字を変えてみたり試行錯誤してたんだけど、だんだんどうでもよくなってきて、テキトーな感じを浮かび上がらせていた時に、たまたま「箆」の文字になった時に、宮司さんがキュピーン☆と海上の文字に気づいたのかも・・・。



misachi68
読めなかったわ〜(; ^ω^)
ふだんはひらがなでしか使わない言葉が
漢字であらわれちゃうと想像もできん形ですよね。
そんな難しい字が海上に顕われるって面白い。

大寒波が来る前だったんですね、いいお天気。
小春日和?っていうくらいの。



メリーとクリスマスぅー
小々次郎
おお さっそくです 先日、嫁がご朱印をいただいた鳥羽の石神さんにも 玉依姫命 の文字がありましたよ 同じなんですね 何が? まぁゆっくり勉強したいと思います 漢字の読みも。 海上に箆って浮かんだとしても 自分が見てたら ただの柄あつかいです^^ 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよ、こんな字の存在、まったく知らなかったですよ箆箆箆w
余裕で変換してくれるPCなくして、このブログ記事はありえない・・・なんちってw
2014/12/28(Sun) 19:33 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
No title
箆・・・・!
漢字変換できるんですね!
PCさん物知りだわ・・・。
こんな字全然しらんかったです。
びっくりして、(^0^)
それから笑う・・・(^i-204^)箆箆箆。
2014/12/27(Sat) 09:15 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

とっても晴れてるんですけど、ここって全然さえぎるものが何もないから、なんかすごい強風が吹いててですね・・・体感温度としてはかなり寒かったです。
まぁ、寒い地方の人からすると「へっ」て言われちゃうかもしれないけど(;^ω^A

そもそも「へら」っていう漢字があることにもびっくりでした。
ひらがな(もしくはカタカナ)しか無いと勝手に思ってた・・・。
でも「箆」という文字を構成する具をバラバラにして、よく見てみると、波の形に見えなくもないかもって思い始めてきました。でもなんで箆?っていう疑問は分からないままなんですけどね・・・昔の人、それでよく納得したよな~~。
2014/12/26(Fri) 09:42 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
メリーさんとクリスさん&トーマスさん イェ~イ
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

奥様、石神さんのお守り買いました?あれ良いですよねー。
あけぼうはもったいなくてまだ持ってるw
思うんですけど、神様はもっと前から、ありがたい文字を浮かび上がらせてたのかもしれません。でもなかなか人間が気づいてくれなくて、あれこれ文字を変えてみたり試行錯誤してたんだけど、だんだんどうでもよくなってきて、テキトーな感じを浮かび上がらせていた時に、たまたま「箆」の文字になった時に、宮司さんがキュピーン☆と海上の文字に気づいたのかも・・・。
2014/12/26(Fri) 09:35 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
読めなかったわ〜(; ^ω^)
ふだんはひらがなでしか使わない言葉が
漢字であらわれちゃうと想像もできん形ですよね。
そんな難しい字が海上に顕われるって面白い。

大寒波が来る前だったんですね、いいお天気。
小春日和?っていうくらいの。

2014/12/25(Thu) 22:52 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
メリーとクリスマスぅー
おお さっそくです 先日、嫁がご朱印をいただいた鳥羽の石神さんにも 玉依姫命 の文字がありましたよ 同じなんですね 何が? まぁゆっくり勉強したいと思います 漢字の読みも。 海上に箆って浮かんだとしても 自分が見てたら ただの柄あつかいです^^ 
2014/12/25(Thu) 17:18 | URL  | 小々次郎 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック