秋の紅葉をもとめて!~閑谷学校(その4)

閑谷学校、続きです。

sizutani-sy (2)

講堂の隣に「習芸斎」という建物がくっついてます。

sizutani-sy (1)

講堂の中には一般人は入れないけど、こちらの建物には入ることができます。
廊下で講堂の廊下ともつながってるんですよ。

sizutani-sy (3)

中は、近所のお百姓さんも聴講できたというだけあって、講堂に比べて寄合所風というか、なんかアットホームな造りでした。

sizutani-sy (4)

屋根の梁の太さよ・・・。

sizutani-sy (5)

囲炉裏。
ここで輪になって先生の話を聞いたりしてたのかなあ。


sizutani-sy (6)


敷地が広いということもあるんでしょうけど、お殿様用の立派な門があったりとか、一般家庭でいう「勝手口」的な?門とか、いろんな門が長い石垣のところどころにあります。扉の左右だけ白壁の塀がちょこっとw
ここから、矢印通りに進むと資料館があるので、行ってみたいと思います。

sizutani-g (1)

資料館へ行く途中にある、このこんもりとした山は人口の「火除山」です。
この山の西側にはもともと寄宿舎があったりして、学生の生活の場でもあったので。
講堂と習芸斎を万一の火事から守ってるんですね。
そう、閑谷学校には寄宿舎もあったんですよ。
基本、一年間学んでいたらしいです。

sizutani-g (2)

さて、こんな感じで石垣の横は紅葉のトンネルみたいになってます。
ホント、今年は色づきが良いなあ。当たり年だわー。

石垣にそって、資料館へ向かいまーす。
つづく。


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

わはは、好きの気持ち伝わりましたかw
あけぼうの中国のイメージは塀の屋根がシャチホコの尻尾のようにぴろんと上に上がっているイメージなので、中国ってそんなに丸かったっけ?って思わんでもないんですけど・・・でも印象として丸いってやっぱり良いですよね、攻撃的ではなさそうなかんじで。みんなの学び舎だよ、ウェルカム!みたいな感じがします。

石でつくるものは、
まるっこいのが好きっ
って気持ちが伝わりました。
これも中国由来、
儒学由来のセンスなのかなあ。
プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女(毒)
血液型:A型
住 居:広島県
特 徴:ご朱印女子...
近 況:
Instagram(別名)

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
RSSリンクの表示
あけぼうの木
FC2カウンター
フリーエリア